無人戦闘機、ドローンとはどんなものか?イーサン・ホーク主演映画「ドローン・オブ・ウォー」 - 清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック!
海外ドラマのプレゼントに応募 TVグルーヴ・ドット・コムのメールマガジンに登録
TVGROOVE BLOG
プロフィール

清水久美子
海外ドラマや映画について、雑誌やWEBに執筆しているライターです。様々な海外ドラマの中のイケメンをチェックしつつ、取材裏話なんかも交えて、ブログを書いていきたいと思いま~す!

プロフィールをもっと見る

月別アーカイブ

Category一覧
最新記事
最新のコメント

cinemaladyさんは、ナタリー・ポートマンがお好きなのですね! ・・・
しみず(2014年2月22日)

今日は。『マイティ・ソー ダーク・ワールド』私も見て来ました。!1作目・・・
cinemalady(2014年2月20日)

cinemaladyさん、「クリミナル・マインド4」の詳しい感想、あり・・・
しみず(2014年2月18日)

お久しぶりです!BS-Dlifeで放送され録画しておいたクリミナル・マ・・・
cinemalady(2014年2月18日)

cinemaladyさん、こんにちは。 コメントありがとうございます。・・・
しみず(2013年11月15日)

今日は。またも記事に関係なくてすみません!8月にコメントした件の続きに・・・
cinemalady(2013年11月15日)

cinemaladyさん、返信遅くなってすみません! >現在BSの・・・
しみず(2013年9月 8日)

cinemaladyさん、お久しぶりです! おすすめイケメン、ベン・バ・・・
しみず(2013年9月 4日)

本当にお久しぶりです!現在BSのD-Lifeで放送されているクリミナル・・・
cinemalady(2013年9月 4日)

かえるりるりん。 さん、こんにちは! 返信遅くなってすみません >監・・・
しみず(2013年3月 2日)

RSS
このブログのRSS RSS
全てのブログのRSS RSS

清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック!

前の記事:
「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」トム・クルーズ来日記者会見で強く感じたこと
次の記事:
何倍も面白くなって帰ってきた!「マジック・マイクXXL」

無人戦闘機、ドローンとはどんなものか?イーサン・ホーク主演映画「ドローン・オブ・ウォー」

少し前までは、ドローンといえば、事故や災害現場など危険な場所での調査に使われるイメージでした。
もしくは、映画やドラマの中で見る、あまり現実感のないものでした。
それが最近は、いろいろな場所にドローンが落下する事件が度々起こり、個人が使用するものとしても知られるようになってきました。
だんだんと現実がSFの世界に近づいていっているようで、ちょっと怖いです。。

さらにアメリカでは、無人戦闘機として、自国にいながら戦地での攻撃がされていると聞きます。
それを、「ガタカ」「TIME/タイム」のアンドリュー・ニコル監督が映画のテーマとして取り上げました。


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%80%8E%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%80%8F%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg


ドローン・オブ・ウォー」 (原題 GOOD KILL)
10月1日(木) TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
©2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
【監督・脚本】 アンドリュー・ニコル 『ガタカ』『TIME/タイム』
【出演】イーサン・ホーク、ブルース・グリーンウッド、ゾーイ・クラヴィッツ、ジャニュアリー・ジョーンズ
2014年/アメリカ映画 /シネマスコープ/カラー/上映時間:104分/字幕翻訳:松浦美奈/ R15+
【提供】ブロードメディア・スタジオ/ポニーキャニオン 
【配給】ブロードメディア・スタジオ 
【公式サイト】www.drone-of-war.com


【ストーリー】
ラスベガスの基地に設置されたコンテナ内で、無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロ余りも離れた異国でのミッションを遂行しているアメリカ空軍のトミー・イーガン少佐(イーサン・ホーク)。
クリックひとつでミサイルを発射し、標的を爆撃する様子は、まるでゲームのように現実感が欠落しているが、効率よく攻撃することができる。


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%80%8E%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%80%8F%E3%82%B5%E3%83%96C.jpg


毎日、任務を終えれば、車でマイホームに帰宅し、美しい妻モリー(「MAD MEN」のジャニュアリー・ジョーンズ)と、かわいい2人の幼い子供との生活が待っている。


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%80%8E%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%80%8F%E3%82%B5%E3%83%96D.jpg


かつて有人戦闘機のF-16に乗り、200回以上の出撃を経験したトミーは、現在の職務に違和感を覚える。

現代の異常な戦争の姿が浮き彫りになる中、トミーは極度の不眠症になり、モリーとの関係にもひびが入っていく…。


%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%80%8E%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%80%8F%E3%82%B5%E3%83%96A.jpg


ドローンでの攻撃は、画面に映ったターゲットにクリックでされるのですが、画面からは音声はなく映像のみ。それがより現実感を遠ざけ、より怖い感じがします。

淡々と任務をこなしていくトミーたち。イーサン・ホークはトミー役を静かに演じていますが、徐々に膨らんでいくストレスや狂気のようなものが、スクリーンを通してジワジワと伝わってきます。

遠隔操作で簡単に人の命も奪えてしまうドローン。

何度も言いますが、怖いです。。

現実として使用されているドローンについて知り、少し立ち止まって考えてみるには、この映画はうってつけなのではないでしょうか。

前の記事:
「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」トム・クルーズ来日記者会見で強く感じたこと
次の記事:
何倍も面白くなって帰ってきた!「マジック・マイクXXL」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tvgroove.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2605

最近の記事

▲ TOP