海外ドラマのプレゼントに応募 TVグルーヴ・ドット・コムのメールマガジンに登録
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス

海外ドラマ・スター True Story~海ドラ・セレブの人生はドラマティック!~詳細

三女のクロエとラマー・オドム 結婚までのメロドラマ
2017年1月8日
ラマー・オドム(左)、クロエ・カーダシアンラマー・オドム(左)、クロエ・カーダシアン
WENN.com
10月に滞在先のパリで拳銃強盗事件に遭ってからというもの表立った活動を停止していたキム・カーダシアン。彼女がレッドカーペット復帰第一弾に選んだのは、11月21日にニューヨークで開催されたチャリティーイベント「2016 Angel Ball」。

「Angel Ball」は天使ガブリエルがん研究財団が主催するイベントで、今回、2003年に食道がんで亡くなった父親ロバート・カーダシアンの生前の名誉が讃えられることが決定。キムは、天国の父親に見守って欲しいという願いを込めてかこのイベントを復帰の場に選び、姉コートニー、妹クロエ、母クリス・ジェンナーと共に、財団に25万ドル(約2800万円)の寄付をすることにもなっていました。

キム・カーダシアン(左)、カニエ・ウェスト(2016年5月撮影)キム・カーダシアン(左)、カニエ・ウェスト(2016年5月撮影)
WENN.com


しかし、当日の午後。かねてより奇行/奇言で注目を集めていた夫のカニエ・ウエストが、錯乱状態になり措置入院されてしまいました。驚いたキムはイベントを欠席しロサンゼルスに戻り、以来、ずっとカニエの側に付き添っていると伝えられています。

本当に休む間もなくドラマチックなハプニングばかりが発生するカーダシアン/ジェンナー家。今回も前回に引き続きカーダシアン家の三女クロエ・カーダシアンの「ラマー・オドムとの思いっきりドラマチックな結婚までの足取り」をご紹介します!


■クロエが愛したラマー・オドムとは?

自分がホストを務めたパーティーでNBAロサンゼルス・レイカーズに所属するプロバスケ選手ラマー・オドムと出会い、すぐに交際を開始。人をなかなか信用できないという悩みを持っていたクロエですが、ラマーのことは一目見た瞬間信頼できると感じたとのこと。「ラマーほど私のことをかわいい、愛してるって言ってくれる人はいない。私に自信を与えてくれる」と大喜びしていました。

ラマーは1979年11月6日にニューヨークのクイーンズで誕生。クロエより5歳上で、208cmと長身です。クロエは19歳のときに父親をがんで亡くしていますが、ラマーもわずか12歳で母親を大腸がんで亡くしました。がんだと診断されたときは末期で、わずか4ヶ月で亡くなってしまったそうです。1人っ子だったラマーは父親がヘロイン依存だったため、母との絆が強く、母の死に大きな打撃を受けました。母を亡くしたラマーは2日間家に帰らず近所のバスケットコートでずっとバスケをしたとのこと。「バスケをすれば嫌なことを全て忘れられる」、こうしてバスケは彼の心のよりどころとなったのです。

ラマー・オドム(2012年5月撮影)ラマー・オドム(2012年5月撮影)
WENN.com


その後、ラマーは母方の祖母に引き取られ、学業はイマイチだったものの名コーチ、ジェリー・ディージーグレゴリオにバスケの才能を見出してもらい、大スター選手へと登り詰めていきました。ラマーはジェリーのことを「オレの白人パパ」と呼び、実父よりも信頼しています。

ラマーはかつて交際した女性との間に3人の子供を儲けています。長女は現在(2016年)18歳、長男は14歳。次男は2005年に生まれましたが生後6ヶ月半のとき、乳幼児突然死症候群で亡くなってしまいました。次男が亡くなったとき、ラマーは伯母の葬儀に出席しており、立て続けに不幸に見舞われ激しく落ち込んだそうです。次男の死もあり、女性とは間もなくして破局してしまいました。

1人っ子で孤独だったラマーにとって、天真爛漫で愛する男にはとことん尽くすクロエは、まさしく天使の存在だったのです。


■運命の27日

ラマーはクロエに出会った直後から、彼女が自分の妻になると確信していると口にするようになりました。今すぐに結婚しようとも言い出しました。交際して1ヶ月にもならないというのに「オレたちは27日に出会った。君の誕生日は27日。だから27日に結婚しよう。今月の27日に」と提案したのです。

ラマーに夢中だったクロエは驚きつつも「彼が運命の人だと分かっているのに、今すぐに結婚しないなんておかしな話よね」と結婚に合意。こうして2人は、出会いからちょうど1ヶ月目にあたる2009年9月27日に結婚する計画を立てました。

クロエはまず母親クリス・ジェンナーに彼を紹介するのですが、母親の前でもいちゃいちゃが止められないクロエにクリスは唖然。「ボーイフレンドなんて紹介してくれない、外で男性といちゃつくことなんてしたことない子なのに!」とびっくりしました。そして、ラマーの「家族になりたいんだ。クロエの結婚したい」という告白を受けさらに驚いたものの、クロエが幸せそうなので了承したのです。

クロエ・カーダシアン(左)、ラマー・オドム(2009年9月撮影)クロエ・カーダシアン(左)、ラマー・オドム(2009年9月撮影)
WENN.com


■クロエの決意に家族は唖然

ほっとしたクロエは翌日、姉であるコートニーとキム、そしてクリスに「結婚式は9日後!」と明かしました。しかし、これには全員無言になってしまいます。クリスは「プロポーズしてもいいかっていう許可かと思ったのよ。9日後に挙式なんて!」と唖然。コートニーは「婚約指輪もないのに!」と心配します。キムは2年間交際し結婚式の計画も立てていたアメフト選手のレジー・ブッシュと2ヶ月前に別れたばかりだったので、とても複雑な気持ちでいました。

そんなクロエの唯一の味方は弟のロバートだったのですが、クロエから「バージンロードはパパに似ているあんたと歩きたい」と頼まれ渋い顔をします。5歳からクロエを我が子のように育ててくれた、もう1人父親、ブルースと一緒にバージンロードを歩くのが筋だと思っていたからです。

ロブ・カーダシアン(左)、クロエ・カーダシアン(2011年4月撮影)ロブ・カーダシアン(左)、クロエ・カーダシアン(2011年4月撮影)
WENN.com


そのブルースは2人の婚約をテレビのニュースで知り大激怒します。そんなブルースにクロエも「あなたとママは付き合ってたった5ヶ月で結婚したじゃない!」と言い合いになり大げんかしてしまいます。ブルースはキムが19歳のときにラスベガスで突発的に最初の結婚をし、その後、そのことに苦しめられた前例があるため、相手のことを良く知らないで結婚するのは危険だと考えていたのです。


■意気投合したブルースとラマー

結婚式の3日前、クリスはブルースとラマーを引き合わせるため、ファミリー・ディナーを開きました。最初はぎこちない2人でしたが、ニューヨーク州出身であること、プロアスリートでオリンピック出場の経験があることなどの共通点で話が盛り上がるように。素直なラマーは金メダリストで国民的ヒーローであるブルースに敬意を表し、ブルースもそんなラマーを「いい男」だと認めるようになりました。

(左から)ロブ・カーダシアン、ラマー・オドム、クリス・ジェンナー、クロエ・カーダシアン、カイリー・ジェンナー、ケンダル・ジェンナー、キム・カーダシアン、ブルース・ジェンナー、コートニー・カーダシアン(左から)ロブ・カーダシアン、ラマー・オドム、クリス・ジェンナー、クロエ・カーダシアン、カイリー・ジェンナー、ケンダル・ジェンナー、キム・カーダシアン、ブルース・ジェンナー、コートニー・カーダシアン
WENN.com


この夜、ラマーはクロエに大きなダイヤモンドのエンゲージメントリングを贈り2人は正式に婚約しました。態度を軟化させたブルースにクロエも考えを改め、バージンロードを一緒に歩いて欲しいと頼みました。

こうしてクロエは家族全員の祝福を受け、ラマーとの結婚式を無事に挙げたのでした。

--------

次回も、三姉妹の三女クロエについてお伝えします。お楽しみに!