海外ドラマのプレゼントに応募 TVグルーヴ・ドット・コムのメールマガジンに登録
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス

国内ニュース詳細

映画「ムーンライト」アカデミー賞受賞俳優マハ―シャラ・アリのインタビュー映像が解禁! バリー・ジェンキンス監督との絆を語る[動画あり]
2017年3月28日
「ムーンライト」より、マハ―シャラ・アリ「ムーンライト」より、マハ―シャラ・アリ
© 2016 A24 Distribution, LLC 
第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)受賞、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、見事、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門受賞し、オスカーの栄光を手にした「ムーンライト」が3月31日(金)より全国公開する。この度、本作でアカデミー賞助演男優賞を見事受賞したマハーシャラ・アリのインタビュー映像が到着した。

【動画】「ムーンライト」予告編


自分の居場所を探し求める主人公の姿を、色彩豊かで圧倒的な映像美と情緒的な音楽と共に3つの時代で綴ったこの物語に、世界中が瞬く間に虜になった。北米で大ヒットを記録し、第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)受賞、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、作品賞・脚色賞・助演男優賞を受賞し、見事オスカーの栄光に輝いた。世界中から熱狂的な賛辞を贈られている。

なぜ「ムーンライト」が世界中を魅了しているのか―。それは、人種、年齢、セクシュアリティを越えた普遍的な感情が描かれているからだ。どうにもならない日常、胸を締め付ける痛み、初恋のような切なさ、いつまでも心に残る後悔・・・思いもよらない再会により、秘めた想いを抱え生きてきたシャロンの暗闇に光がさしたとき、私たちの心は大きく揺さぶられ、深い感動と余韻に包まれる。

本年度アカデミー賞にて作品賞、脚色賞、助演男優賞を見事に受賞し、3冠に輝いた「ムーンライト」。人種、年齢、セクシュアリティを越えた普遍的な感情を描き、観るもの全ての心を大きく揺さぶり、世界中から賞賛の嵐が沸き上がっている。

この度、本作でアカデミー賞助演男優賞に輝いたマハ―シャラ・アリのインタビュー映像が到着した。

【動画】「ムーンライト」マハーシャラ・アリ インタビュー映像


劇中では主人公・シャロンの父親代わりのような存在となる麻薬ディーラーのフアンを演じたマハ―シャラ。母親に育児放棄をされているシャロンにとって、生きるために必要な様々なことを教えてくれるフアンの存在は、大人になってからのシャロンにも大きく影響を与えていく存在として描かれている。

そんなフアンの役どころを、マハ―シャラは「フアンは主人公の人生の先生」だと語り、「物語は3部構成で、1部でのシャロンはアイデンティティに悩み自分を問い続けているけど答えが見つからない。でも彼は生きる術や愛を、ヤクの売人という予期せぬ人物から学ぶんだ。3部に渡ってフアンの影響は大きい」と、本作におけるフアンという存在の重要さを語った。

共演者について「みんなすばらしかった」と話し、シャロンの幼少期を演じたアレックス・ヒバートについて「人の意見に耳を傾けるだけでなく、自分の勘にも従う。演技はうまくいかないと自ら止めて申し出る。よりよい演技を自分に課していて、その姿勢は見事だった」と彼の才能と取り組み方に大絶賛。フアンの彼女・テレサを演じたジャネール・モネイについては、できるだけリアルに演じようとしていた姿に「真面目に役に取り組む姿勢に感心した」、シャロンの母親役のナオミ・ハリスについては「とてつもない女優で、彼女と共演するだけでスリリングなんだ」とそれぞれの役者に共演できた喜びと敬意を表した。

また、本作を見事にオスカー作品賞に導いたバリー・ジェンキンス監督について「バリーと仕事をしているといろんな意味で“兄弟”という感じがある」と話し、「バリーの一番スゴいところは、沈黙の使い方が見事。それから俳優に(セリフの)言い方や動き方を判断する余地を与えてくれ、僕らに役作りをする時間をくれる」と、監督と出演者がお互いに信頼し合っていたことが伺える。

本作「ムーンライト」については「人との関わりを描いた作品。また手を差し伸べる人の話でもある。シャロンに対するフアンがそうであるように、またケヴィンやテレサもそう。社会の中で人との関わりを描いている」とコメントを述べた。


■作品情報

「ムーンライト」

あらすじ:名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされる日々のなか、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になってもそんな日々は続いていたある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れる…しかし、ある裏切りに遭い2人は別々の道へと進む。そして、大人になり再会した2人。静かに語り合うなか、どんなに時が流れても忘れられずにいた想いが募る・・・。

監督・脚本:バリー・ジェンキンス 

エグゼクティブプロデューサー:ブラッド・ピット

キャスト:トレバンテ・ローズ、アッシュトン・サンダース、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、アンドレ・ホーランドほか

© 2016 A24 Distribution, LLC 

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ/朝日新聞社 

配給:ファントム・フィルム

【2016/アメリカ/111分/シネマスコープ/5.1ch/R15+】

原題:MOONLIGHT

公開日:3月31日(金)、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開
 
「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリング、アカデミー賞の混乱で見せた薄ら笑いを説明(2017年3月24日)
俳優のライアン・ゴズリングが、2月にあった2017年度アカデミー賞(R)授賞式で「ラ・ラ・ランド」が作品賞と発表された直後に取り違えが発覚した際、薄ら笑いを浮かべていた理由を打ち明けた。 授賞式では...
アカデミー賞作品賞受賞「ムーンライト」が3月31日(金)より全国拡大公開決定! 「早く劇場で観たい」という声が殺到(2017年3月7日)
第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)受賞、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、見事、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門受賞し、オスカーの栄光を手にした「ムーンライト」。 ...
映画「ムーンライト」日本だけのオリジナル予告編が解禁! オスカーの栄光に輝いたのは、繊細すぎる一途な愛[動画あり](2017年3月17日)
第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)、第89回アカデミー賞では作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門受賞、アカデミー賞の歴史の中でLGBTをテーマにした作品として初めての作品賞受賞という...
アカデミー賞3冠「ムーンライト」奇跡がもたらしたキャスティング! いかにして、“同じ目”を持つ主人公3人が発掘されたのか?(2017年3月13日)
第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)受賞、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、見事、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門受賞し、オスカーの栄光を手にした「ムーンライト」。異...
映画「ムーンライト」を観に行ったら「ラ・ラ・ランド」の映像が流れてビックリ! まさかこれはあの大混乱のアカデミー賞の再現・・!?(2017年3月3日)
先日行われた第89回アカデミー賞授賞式にて、作品賞のタイトルが誤って発表されるという世紀のハプニングが発生。当初「ラ・ラ・ランド」が受賞作品として読み上げられたものの、本当の受賞作は「ムーンライト」だ...
「ムーンライト」マハーシャラ・アリに第1子が誕生(2017年3月1日)
俳優のマハーシャラ・アリに第1子が誕生し、祝福ムードに包まれている。 Netflix配信ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」でも知られるマハーシャラの妻アマタス・サミ=カリムは22日、第1子女...
「ラ・ラ・ランド」エマ・ストーン、アカデミー賞の発表ミスは「人生最悪の瞬間の1つ」(2017年3月1日)
女優のエマ・ストーンは、アカデミー賞(R)授賞式で作品賞の発表にミスがあったハプニングは「人生最悪の瞬間の1つ」だったとふり返った。 2月26日夜に開催された授賞式で作品賞のプレゼンターを務めたウォ...
アカデミー賞 司会ジミー・キンメル、大混乱の授賞式を振り返る! 「あんな終わり方って『LOST』以来だよ」[動画あり](2017年3月1日)
米時間2月26日に開催された第89回アカデミー賞授賞式でホストを務めたジミー・キンメルが、作品賞の誤発表で大混乱となった同イベントを振り返った。 自身の番組「Jimmy Kimmel Live」に登...
エマ・ストーンも思わず「オー・マイ・ガッド!」 アカデミー作品賞を逃した瞬間の「ラ・ラ・ランド」関係者の反応を動画・写真で振り返る(2017年2月28日)
現地時間2月26日に開催された第89回アカデミー賞授賞式。アカデミー賞授賞式のクライマックスである、作品賞の発表時、本来の受賞作品は「ムーンライト」であったが、「ラ・ラ・ランド」と間違って発表されると...
アカデミー賞での発表ミスは担当者が仕事そっちのけでツイッターに興じていたことが原因!?(2017年2月28日)
第89回アカデミー賞授賞式で起きた作品賞の発表ミスの原因は、受賞結果の入った封筒を渡す人物がツイートに忙しかったからではないかと報じられた。 米時間2月26日に開催された同授賞式で、作品賞は「ラ・ラ...
アカデミー賞助演男優賞の大本命! マハーシャラ・アリのインタビュー公開(2017年1月30日)
Netflix「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のレミー・ダントン役で一躍注目され、Netflix×マーベルの「ルーク・ケイジ」にも出演、映画では「ハンガー・ゲーム」シリーズでも知られるマハーシャラ...


関連ニュース
海外ニュース
海外セレブ動画ニュース
  • 関連海外セレブ動画ニュースはありません。
国内ニュース
DVDニュース
インタビュー動画
  • 関連インタビュー動画はありません。
オモシロ・ビックリ動画
  • 関連オモシロ・ビックリ動画はありません。
無料動画
  • 関連無料動画はありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。