海外ドラマのプレゼントに応募 TVグルーヴ・ドット・コムのメールマガジンに登録
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス

国内ニュース詳細

「マーベル展」先取りレポート! 衣装や小道具など超レアな展示の数々に大興奮[写真あり]
2017年4月7日
高さ5メートルのアイアンマンがお出迎え高さ5メートルのアイアンマンがお出迎え
ⓒ 2017 MARVEL/(c)TVGroove.com
日本初のMARVELの大型総合展「マーべル展 時代が想像したヒーローの世界」が4月7日(金)より、東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティービューにて開催される。それに先駆け前日の4月6日にプレビューイベントが開催され、驚くべき展示品の数々がメディアにお披露目された。

本総合展は、アベンジャーズやスパイダーマンなど、マーベルの人気作品とヒーローたちの日本初公開となる貴重な資料、コミック、衣装や小道具など約200点を展示し、世相を反映しながら過去から現在まで進化を遂げるマーベルとその世界観を余すことなく紹介。多くの文化や人々に影響を与えるマーベルの影響に迫る。

会場に入ってまず出迎えてくれるのは、高さ5メートルの超巨大アイアンマン。目の前にそびえ立つアイアンマンは、まさに圧巻の一言。日没から22時までの間、30分に一度ライトショーが開催されるとのこと。メディアを招待してのオープニングセレモニーでは、「アベンジャーズ」の元編集担当者でマーベル社のトム・ブリーヴォート、メイプル超合金が、このアイアンマンの点灯式を行った。




この展覧会は、「HISTORY」「HERO」「CINEMATIC UNIVERSE」「ART」「CULTURE」の5つのテーマで構成されている。スパイダーマンの矢印に沿って歩くと、「MARVEL×HISTORY」ゾーンへの入り口が見えてくる。各入場者が”コミックの世界に入っていく”というコンセプトのもと、コミック仕様のゲートが作られており、そこを抜けてマーベルの世界へと足を踏み入れていくのだ。

1930年代にマーベルが始まって以降、今も多くの人より親しまれているヒーローの数々が誕生してきた。「HISTORY」では、そのマーベルの歴史を紐解いていく。マーベルの前身であった出版社、タイムリー・コミックスが 1939年にアンソロジー・コミック誌「マーベル・コミックス」の第一号も展示されていた。

プレスツアーではマーベル社のトム・ブリーヴォートとC.B.セブルスキーによって解説が行われた。
またプレスツアーではアベンジャーズの意外な誕生秘話も聞くことができた。「X-MEN #1」と「Avengers #1」は同日にデビューを果たしたコミックだが、当初は「X-MEN」と「デアデビル」が同日に発売される予定だったという。しかし、「デアデビル」の作者が納期に間に合わせることができず、スタン・リーが思いついたのが、既存のヒーローたちを集合させたアベンジャーズだったというプレスツアーではマーベル社のトム・ブリーヴォートとC.B.セブルスキーによって解説が行われた。
またプレスツアーではアベンジャーズの意外な誕生秘話も聞くことができた。「X-MEN #1」と「Avengers #1」は同日にデビューを果たしたコミックだが、当初は「X-MEN」と「デアデビル」が同日に発売される予定だったという。しかし、「デアデビル」の作者が納期に間に合わせることができず、スタン・リーが思いついたのが、既存のヒーローたちを集合させたアベンジャーズだったという
ⓒ 2017 MARVEL/(c)TVGroove.com


その次の「MARVEL×HERO」ゾーンでは、スーパーヒーローたちの戦う姿と日常の姿を、彼らが主に活躍する三つのフィールド「コズミック&ミスティック」「グローバル」「ローカル」から衣装や映像で紹介。キャラクターが初登場した際のコミックや、代表作品の原画なども展示されている。

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ドクター・ストレンジ、ロキ、アントマン、スターロードなどの劇中衣装が展示。また、今夏日本公開を迎える「スパイダーマン:ホームカミング」のコスチュームの展示されており、劇場公開前に衣装を目にすることができる。その他、劇中に登場した小道具も満載で、映画ファンには堪らない展示内容となっていた。

(上から)アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ロキ、ドクター・ストレンジ。
ヒーローコスチュームと私服を一緒に展示してあるのには、スーパーヒーローにも人間の面があるということを知っていただきたいという想いから。そしてマーベルはヒーローとしてではなく、生身の人間として描いたことで人気を博していった。読者はヒーローの悩みや葛藤に共感し、個人的なつながりを持つようになった。(上から)アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ロキ、ドクター・ストレンジ。
ヒーローコスチュームと私服を一緒に展示してあるのには、スーパーヒーローにも人間の面があるということを知っていただきたいという想いから。そしてマーベルはヒーローとしてではなく、生身の人間として描いたことで人気を博していった。読者はヒーローの悩みや葛藤に共感し、個人的なつながりを持つようになった。
ⓒ 2017 MARVEL/(c)TVGroove.com

--


--
今夏公開予定の「スパイダーマン:ホームカミング」の衣装が小道具も今夏公開予定の「スパイダーマン:ホームカミング」の衣装が小道具も
ⓒ 2017 MARVEL/(c)TVGroove.com

--





3つ目のゾーンは、「MARVEL×CINEMATIC UNIVERSE」。マーベルのヒーローたちの現代における姿、また近年多くの映画作品を製作しているマーベル・スタジオによるマーベル・シネマティック・ユニバースという世界観を紹介。有名アーティストたちによる作品を始め、日本の漫画家・イラストレーターたちの手によるマーベルのアートを展示するのが4つ目のゾーン「MARVEL×ART」だ。マーベル初心者にもわかりやすい解説に加え、貴重なコミックなどが多数展示されている。

当初マーベル作品は、他スタジオによって製作されていたが、その成功を目のあたりにし、マーベルスタジオを創立。自分たちで映画も製作するようになり、その始まりが「アイアンマン」だった。その後、マーベル・シネマティック・ユニバースを築き上げ、成功を収めた。当初マーベル作品は、他スタジオによって製作されていたが、その成功を目のあたりにし、マーベルスタジオを創立。自分たちで映画も製作するようになり、その始まりが「アイアンマン」だった。その後、マーベル・シネマティック・ユニバースを築き上げ、成功を収めた。
ⓒ 2017 MARVEL/(c)TVGroove.com

--



最後のゾーンは、「MARVEL×CULTURE」。マーベルが作り出してきた世界、そしてマーベルが他のカルチャーに与えた影響を当時の展開とともに紹介。日本とマーベルとの関係の中で生まれた作品なども展示している。1978年に放送された東映版「スパイダーマン」に登場したレオパルドンやゲームなどが展示。その他、マーベルのドラマやアニメーションのパネルも展示されている。

「MARVEL×CULTURE」「MARVEL×CULTURE」
ⓒ 2017 MARVEL/(c)TVGroove.com


「CULTURE」を抜けると、公式ショップが。バッグや文具、Tシャツなどここでしか手に入らない展覧会限定商品や魅力的なグッズが多数揃えられている。そして会場に隣接するカフェ「THE SUN」では、マーベルの世界観をイメージしたフード&ドリンクなお、特別メニュー(全7種類)を用意している。






また期間中は、マーベル展を盛り上げるべく、六本木ヒルズ内がマーベル仕様に様変わり。各店舗でオリジナル商品を限定販売、または先行販売するほか、ウェストウォーク4Fにはマーベルのストリートギャラリーが登場。さらく各所にフォトスポットも登場するなど、マーベルにどっぷりと浸れる空間となっている。








ⓒ 2017 MARVEL

【マーベル展 時代が創造したヒーローの世界 東京展 開催概要】
会期 :2017 年 4 月 7 日(金)~6 月 25 日(日)※会期中無休
10 時~22 時(最終入場:21 時 30 分)
会場 :六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52 階)
主催 :東京シティビュー、NHK プロモーション
特別協力 :ウォルト・ディズニー・ジャパン
協力 :ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
東京展協力:カラーキネティクス・ジャパン
入場料 :一般 1,800 円、高校生・大学生 1,200 円、4 歳~中学生 600 円、シニア(65 歳以上)1,500 円
※展望台(屋上スカイデッキは別料金)、森美術館入館料を含む
公式サイト:www.tokyocityview.com/marvel-exhibition

【マーベル プロジェクト @ 六本木ヒルズ 概要】
日程:4 月 7 日(金)~6月 25 日(日)
場所:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー、各参加店舗、ウェストウォーク 2 階 南側吹抜け、
ウェストウォーク 4 階メンズゾーン
内容:マーベル・スタジオ最新作、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の公開を記念
した様々な施策
(各参加店舗での限定商品・先行商品販売、飲食店とのインスパイアメニュー共用部でのフィギュア展示、フォトスポットなど)
 
マーベルの世界が六本木ヒルズを染める! 日本初公開の巨大アイアンマンも登場する東京展が今週末より開催(2017年4月5日)
六本木ヒルズ森タワー52 階の展望台 東京シティビューでは、日本初公開の巨大アイアンマンが登場する「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」(特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン)が開催される。...
全世界待望の新シリーズ「スパイダーマン:ホームカミング」が2017年8月11日公開決定&予告編も解禁(2016年12月9日)
全世界が待望するスパイダーマン新シリーズ「スパイダーマン:ホームカミング」(2017年8月11日(金・祝)日本公開)の初公開映像となる予告編がついに解禁となった。 【動画】「スパイダーマン:ホームカ...
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」2017年5月12日公開決定! 負け組ヒーローチームがヒット曲に乗って大暴れ(2016年12月16日)
2017年5月、史上最もヒーローらしくないヒーローチームが70年代を中心としたゴキゲンなヒット曲ナンバーに乗ってやってくる。このたび、「GUARDIANS OF THE GALAXY VOL. 2」の...
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」主要キャスト&監督が来日決定! クリス・プラットから特別メッセージも[動画あり](2017年3月16日)
5月 12 日(金)に日本公開を迎える「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の主要キャストであるクリス・プラット(ピーター・クイル役)、ゾーイ・サルダナ(ガモーラ役)、デイヴ・バウティスタ...
「マーベル展」に同期した、期間限定店舗「MARVEL 六本木ヒルズ ホットトイズストア」がオープン決定(2017年3月24日)
株式会社ホットトイズジャパンが、4月7日(金)より開催される日本初大型総合展「マーベル展 時代が想像したヒーローの世界」に付帯する店舗、「MARVEL六本木ヒルズ ホットトイズストア」を期間限定でオー...
日本初のMARVEL大型総合展、展示構成を公開! 「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」4/7より開催(2017年3月10日)
六本木ヒルズ森タワー52階展望台 東京シティビュー(以下、東京シティビュー)では、2017年4月7日(金)~6月25日(日)までの期間、日本初となるMARVELの大型総合展「マーベル展 時代が創造した...


関連ニュース
海外ニュース
  • 関連海外ニュースはありません。
海外セレブ動画ニュース
  • 関連海外セレブ動画ニュースはありません。
国内ニュース
DVDニュース
インタビュー動画
  • 関連インタビュー動画はありません。
オモシロ・ビックリ動画
  • 関連オモシロ・ビックリ動画はありません。
無料動画
  • 関連無料動画はありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。