海外ドラマのプレゼントに応募 TVグルーヴ・ドット・コムのメールマガジンに登録
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス

国内ニュース詳細

映画「夜に生きる」ベン・アフレック&クリス・メッシーナのインタビュー公開! アウトローな主人公に共感するところとは?[写真あり]
2017年5月18日
クリス・メッシーナ / ベン・アフレッククリス・メッシーナ / ベン・アフレック
ベン・アフレックが監督・脚本・主演を務める映画「夜を生きる」が5月20日より全国公開となる。本作は、アカデミー作品賞を受賞した「アルゴ」から5年ぶりに監督・主演をつとめ、脚本も自ら関わる入魂の一作だ。

今回、ベン・アフレック、そして「アルゴ」にも出演していたクリス・メッシーナのインタビューが公開となった。


Q : 「夜に生きる」を映画化しようと思ったきっかけは? 原作者デニス・ルヘイン氏からのリクエストなど、なにかありましたら教えてください。

ベン : いや、デニスからはリクエストを受けていない。ただ、普通のルートを通して、この作品が現実化したんだ。

彼はこの原作の映画権を、レオナルド・ディカプリオの会社に売った。レオが買い、それを僕に送ってきた。僕が製作することに興味があるか、知りたくてね。だから、またデニス・ルヘインの作品を僕が手がけることになったのは偶然だったんだ。

「どうも、また、あなたの作品をやることになったらしい」って、僕の方から彼に報告する感じだったんだ(笑)


Q : 主人公ジョー・コグリンは厳格な家庭に育ち、やがてアウトローへの道を選びますが、ジョーに共感できるところ、ご自身と重なる部分はありましたか。

ベン : うーん、どのキャラクターも、どこか共感できるところがなくては演じることはできない。ジョーは…良い人になりたいと思っている。良い人間になりたいのだが、それに苦労している。彼は高潔な品位ある男になりたいと思っている。僕もそう思っている。

ベン・アフレックベン・アフレック

でも、この世に突き当たってしまうことはよくあること。高潔な人を保っていくのは容易ではないと認識する。それは、誰もが共感する部分ではないだろうか。そこが、人々が共感できるキャラクターの側面だと思って演じたんだ。


Q : 本作のオファーを受けた時の第一印象は?

クリス : 興奮でワクワクした。そして、そのあと即、ナーバスになって、怖くなった。その責任や期待に応じたいという気持ちでいっぱいだったから。彼はオーディションなしで、僕に役をオファーしてくれたんだ。その光栄に応じたいとね。

クリス・メッシーナクリス・メッシーナ

だから、すぐに本を手にして準備を始めた。そして脚本。それは美しく脚色されたものだった。それが聖書となった。そしてスタートしたわけだ。


Q : 今回の映画製作における裏方の人材を、どう選択したのですか。

ベン : ベストの人材と一緒に働くだけさ。衣装デザイナーのジャクリーン・ウェスト。彼女は多くの映画で経歴を積んできた。「レヴェナント 蘇えりし者」「アルゴ」、そして今回の作品も手がけてくれた。彼女は魔術師のよう、この道のマスターだ。

プロダクション・デザイナーのジェス・コンコールは、コーエン兄弟やベネット・ミラーなど、いろんな人たち(監督)と働いてきた経歴があり、彼もまた几帳面で、細部にわたる詳細にこだわってくれる。

そして、シーンをうまくクリーエートするには、実力ある役者たちを雇わなくてはならない。クリス・メッシーナを起用すれば、突如としてシーンはうまくいくわけだ。それが、映画製作というものだ。僕たちはみんなで手をつないで、やっていく。ベターな質ある人材を雇えば、ベターな質の映画が出来上がる。


Q : あなたには、一番のお気に入りのギャング映画がありますか。

ベン : ああ、やはり、「ゴッドファーザー」2が最高だ。1と2両方。君(クリスに向かって)は、「ゴッドファーザー」1と2、どちらがお気に入り?

クリス : 僕は、2だろうね。

ベン : マット・デイモンがマーティンン・スコセッシ監督に、「ゴッドファーザー」1と2のどちらがより好きかを聞いたんだ。そしたら、2だという。理由を聞いたら、「彼にはもっとお金があったから」だって(笑)

クリス : 「チャイナタウン」。

ベン : 「チャイナタウン」も、最高の映画の一つだね。


Q : あなたはオリジナルの脚本も書き、脚色もします。どちらが、あなたは好むのでしょうか。

ベン : それは、どうとも言えないね。もちろん言うまでもなく、脚色の方が容易だ。白紙からスタートするよりはね。スタートできず、ボーと空を見つめキーボード全く進まずの手凍り状態(笑)で、キーを押すんだ~、と自分に言う状態は、本当にタフさ(笑)

(右)シエナ・ミラー(右)シエナ・ミラー

だから、映画の土台があることは、特にデニス・ルヘインのような作品を基にできるということは、最初からすでにとてもスペシャルなものからスタートできるということなんだ。

でも、真新しいところからスタートすることは、とても新鮮なことだ。自分で自分の好きなように作りあげていくことができる。例えば「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のようにね。書き上げるまでに、普通より長い時間を要した。でも、それは僕たちの選択であって、自由があった。


Q : オリジナルの脚本を書くときには、特定の役者を頭において書くのですか。

ベン : ああ、そうだ。誰かが演じるのを想像しながら書いていく。それが、僕の執筆の手助けになる。


■公開情報

「夜に生きる」

2017年5月20日(土) 丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー 他 全国ロードショー

監督 : ベン・アフレック
脚本 : ベン・アフレック
出演 : ベン・アフレック、エル・ファニング、フレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ、クリス・クーパー
原作 : デニス・ルヘイン「夜に生きる」
配給 : ワーナー・ブラザース映画
公式サイト : warnerbros.co.jp/c/movies/yoruni-ikiru

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【動画】映画「夜に生きる」予告
 
罪を重ね、愛に溺れ、心を殺して“夜に生きた”男の物語… ベン・アフレック監督・脚本・主演最新作「夜に生きる」待望の予告編が公開[動画](2017年1月19日)
アカデミー賞®7部門にノミネートされ、作品賞始め3部門を受賞した「アルゴ」(12)で監督・主演を務め、主演作「ザ・コンサルタント」の公開が間近に控えるベン・アフレックの監督・脚本・主演最新作「夜に生き...
映画「ザ・コンサルタント」主演ベン・アフレックの弟はアカデミー賞最有力候補! 2017年はアフレック兄弟に注目(2017年1月23日)
アカデミー賞7部門にノミネートされ、作品賞始め3部門に輝く「アルゴ」の監督・主演を務めたベン・アフレック主演最新作、サスペンス・アクション映画「ザ・コンサルタント」が全国で公開中だ。 本作は一足先に...
「バットマン」新作の監督を辞退したベン・アフレックに代わり、マット・リーヴスに決定! ベンが辞退した理由とは・・・?(2017年2月27日)
マット・リーヴス監督が、「バットマン」の新作映画で監督を務めることが正式に決まった。   リーヴス監督はオスカー俳優のベン・アフレックがDCコミック原作の映画「The Batman(原題)」の監督を辞...
ベン・アフレック、アカデミー賞に禁酒コーチを同伴していた(2017年3月16日)
米俳優で監督のベン・アフレック(44)は先月、極秘でリハビリ施設に入所する前に、アカデミー賞授賞式に酒やドラッグに手を出さないように見張ってくれる「ソーバーコーチ」を同伴して出席していた。   ベンは...
ベン・アフレック&ジェニファー・ガーナー、ついに離婚を申請! 復縁はかなわず(2017年4月14日)
俳優ベン・アフレック(44)と、女優ジェニファー・ガーナー(44)が、離婚を申請。破局を明らかにしてから約2年、本格的に終止符を打つことを決意したようだ。 ベンとジェニファーは、2005年に結婚。一...
第89アカデミー賞を舞台に、司会ジミー・キンメルと“宿敵”マット・デイモンが激突! 授賞式での2人のやり取りを振り返る[動画あり](2017年2月27日)
現地時間2月26日、第89回アカデミー賞授賞式が開催された。今年ホストを務めたのは、人気司会者のジミー・キンメル。授賞式では、長きに渡る戦いを続けてきたマット・デイモンとの絡みが期待されていたが、視聴...


関連ニュース
海外ニュース
  • 関連海外ニュースはありません。
海外セレブ動画ニュース
  • 関連海外セレブ動画ニュースはありません。
国内ニュース
  • 関連国内ニュースはありません。
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
インタビュー動画
  • 関連インタビュー動画はありません。
オモシロ・ビックリ動画
  • 関連オモシロ・ビックリ動画はありません。
無料動画
  • 関連無料動画はありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。