KESHA(ケシャ)、待望の新アルバム「ハイ・ロード」リリース! 原点回帰のパーティーサウンドでありながらさらに成長した一作に 彼女の輝かしくも波乱万丈な歴史を振り返る

ケシャ

人気ポップ歌手のKESHA(ケシャ)が、1月31日に待望の新アルバム「ハイ・ロード」をリリースした。同作はKESHAの原点であるパーティー・ポップサウンドがつまった作品でありながら、KESHAの成長を感じることができる一作となっている。

KESHAといえば、デビューシングル「ティック・トック」が全米はじめ各国で1位を獲得し華々しいデビューを果たす一方、最近ではプロデューサーのドクター・ルークとの泥沼裁判がメディアを大きく騒がせるなど、波乱万丈な経験もしてきている。

今回はそんなKESHAの輝かしくも波乱万丈な歴史を彼女のヒット曲とともに振り返りたい。

デビューからいきなり世界的ヒット

2009年にリリースした「ティック・トック」が全米はじめ各国で1位を獲得。なんと全米チャートの首位を9週間独走するほどの大ヒットとなった。同曲は超キャッチーで、オートチューンを使ったパーティー・ポップサウンドと、ラップ、そしてヴィヴィッドなファッションとメイクのミュージックビデオにも注目が集まり、ワイルドなパーティー・ガールというイメージを世に定着させた。また2010年にリリースしたデビューアルバム「アニマル」も全米アルバム・チャート1位を記録した。

【動画】「ティック・トック」

【動画】「ウィー・アー・フー・ウィー・アー」

さらに2013年にはセカンドアルバム「ウォーリア」をリリース。KESHAはこのアルバムタイトルについて「ツラい時とか、苦しい時も自分の中に『ウォーリア(戦士)』が助けてくれるの。これは自分の中に眠る戦士を呼び起こすという意味なの」と強さを込めたタイトルであることを明かした。また同作もKESHAらしいダンスポップ・アルバムとなり、シングルカットされた「ダイ・ヤング」も大ヒットを飛ばした。

【動画】「ダイ・ヤング」

元プロデューサーのドクター・ルークとの泥沼裁判

順風満帆のKESHAであったが2014年に大きな事件が起こる。KESHAは、彼女の才能を見抜き、デビュー作「アニマル」と「ウォーリア」をプロデュースした敏腕プロデューサーとして知られるドクター・ルークから、長年にわたり精神的かつ身体的な性的虐待を受けたとして、ルークのレーベル「キモサベ・レコーズ」との契約解除を求める訴訟を起こしたのだ。

これにドクター・ルークは事実無根だと主張し逆にKESHAを名誉棄損で訴え泥沼化する展開に。この裁判は「#MeToo」運動のさきがけとなる事件で、世界的に注目が集まった。

ファンはじめ、レディー・ガガテイラー・スウィフトデミ・ロヴァートといった多くのセレブたちがKESHAを支持をするも、彼女はしばらく音楽活動の休止を余儀なくされた。しかしKESHAは2016年、「ファ○ク・ザ・ワールド・ツアー」をスタート。そして2017年に待望のサード・アルバム「レインボー」を世に送り出した。同作では、KESHAが育ったナッシュビルを連想させるカントリーやロックの影響を色濃く反映させた作品となり、これまでのパーティーガールというKESHAの印象をまたガラリと変えた。同作は全米1位を獲得した。

さらにシングルカットされた「ウーマン」では「わたしは女なんだけど、なんか問題ある?」と、KESHA自身の心境を吐露した印象的な歌詞が話題となった。

【動画】KESHA「ウーマン」

第60回グラミー賞授賞式で涙のパフォーマンス 女性の権利を訴える

音楽界最大級の授賞式「第60回グラミー賞授賞式」で「レインボー」からのファーストシングル「プレイング」をパフォーマンスしたKESHA。この歌は裁判事件後初となるシングル。最初のメッセージには「もうこれ以上は無理。死なせてください。生きることがつらすぎる…」と、心が苦しくなる悲しいフレーズで始まる。そしてサビでは「あなたがどこかで祈っていることを願うわ。あなたの魂が変わりつつあることを。あなたが自分の平和を見つけることができると願う。ヒザをついて願っているって…」と、まさにドクター・ルークとの事件をなぞっているかのようなとてもエモーショナルな歌詞となっていた。

グラミーのステージにはシンディ・ローパーカミラ・カベロら女性ミュージシャン達が参加し、共に「プレイング」を熱唱。魂を込めて歌うKESHAは、歌の最後に涙を流し、シンディたちを抱きしめた。このKESHAのパフォーマンスに多くの観客や視聴者も涙した。

 

原点回帰でありながら、さらに成長を遂げた一作「ハイ・ロード」

そんなKESHAが、2020年1月31日、2年ぶりとなる待望のフォース・アルバム「ハイ・ロード」をリリースした。ドクター・ルークとの訴訟問題から解放され、音楽シーンに完全に戻ってきたKESHA。多彩なコラボレーターが集まった今作では、KESHAらしいダンスフロア向けのキラーチューンや、フォーキーで感情的な楽曲、ラップ風のポップソングといった全15曲、KESHAの魅力が存分に詰まった個性溢れる作品となっている。

またミュージックビデオも魅力が満載で、パーティーソングとなっている「レイジング・ヘル」では、クリスティーナ・アギレラやトロイ・シヴァンなどのミュージック・ビデオを手掛けてきた映像作家=ルーク・ギルフォードが監督を務め、映像ではセレブな宣教師のKESHAが、DV夫を殺害し逃走するという過激な内容でありながら、ワイルドさと美しさ、そして強さが込められた作品になっている。

【動画】「レイジング・ヘル feat. ビッグ・フリーダ」

 

マイ・オウン・ダンス」は、人気ソングライターのジョン・ヒル、ダン・レイノルズ、ジャスティン・トランターとの共作で、MVではKESHAが“魔法のシリアル”を求め、ボディ・ビルダーやプール・パーティーをする奇抜なガールズに出会い、そしてタイトル通り自分らしいユニークなダンスを披露する、KESHAらしいダンスチューンとなっている。

【動画】「マイ・オウン・ダンス」

 

また「リゼントメント」は、米カントリー・シンガーのスタージル・シンプソン、米レジェンド・バンド=ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソン、そして米シンガー・ソングライターのレイベルという豪華なゲスト陣が参加しているカントリー調の楽曲に。哀愁漂うギターサウンドとKESHAの優しい歌声がとてもマッチし、恋人と上手くいかなかった恋を切なく歌っている。実はこのMV、KESHAがスマホのカメラで撮影したものなのだ。ベッドから起き上がるKESHAの何気ない素の姿を見ることができる、貴重な映像となっている。

【動画】「リゼントメント feat. スタージル・シンプソン & ブライアン・ウィルソン & レイベル」

 

そして2月3日、アルバムタイトルになっている楽曲「ハイ・ロード」のMVを公開した。同曲ではKESHAの原点とも言えるオートチューンのポップサウンドと、ラップを聴くことができる。また「ハイ・ロード」は“正道”を指す言葉で、KESHAにとってアルバム「ハイ・ロード」に込めた楽曲、想いこそが正道なのだろう。

【動画】「ハイ・ロード」

 

前作「レインボー」でツラさと強さをエモーショナルに歌ったKESHA。今作「ハイ・ロード」では「ハッピーで何がいけないの?」と歌い、原点回帰でありながらさらに一回り成長したパワフルな姿を見せつけている。

リリース情報

KESHA|KESHA
ニュー・アルバム『High Road|ハイ・ロード』

購入・再生リンク: https://kesha.lnk.to/Tonight

<国内盤CD>

全16曲 歌詞・対訳・解説付き ボーナス・トラック1曲収録
初回仕様限定盤:ソフトパック仕様
2200円+税 / SICP-6241

収録曲

1. Tonight | トゥナイト

2. My Own Dance | マイ・オウン・ダンス

3. Raising Hell feat. Big Freedia |レイジング・ヘル・フィーチャリング・ビッグ・フリーディア

4. High Road |ハイ・ロード

5. Shadow |シャドウ

6. Honey |ハニー

7. Cowboy Blues |カウボーイ・ブルース

8. Resentment feat. Sturgill Simpson & Brian Wilson | リゼントメント・フィーチャリング・スタージル・シンプソン・アンド・ブライアン・ウィルソン

9. Little Bit Of Love | リトル・ビット・オブ・ラヴ

10. Birthday Suit |バースデイ・スーツ

11. Kinky feat. Ke$ha |キンキー・フィート・ケシャ

12. Potato Song (Cuz I Want To) |ポテト・ソング(コズ・アイ・ウォント・トゥ)

13. BFF feat. Wrabel |ビー・エフ・エフ・フィート・レイベル

14. Father Daughter Dance | ファザー・ドーター・ダンス

15. Chasing Thunder |チェイシング・サンダー

関連リンク

●ソニー・ミュージックによる公式サイト:http://www.sonymusic.co.jp/artist/KESHA/

●海外公式サイト:https://www.bitchimblessed.com/

●ケシャ公式インスタグラム:https://www.instagram.com/iiswhoiis/

●ケシャ公式ツイッター:https://twitter.com/KeshaRose

ケシャ『ハイ・ロード』アー写

ケシャ完全復活!辛い過去を乗り越えて新しい強さを手に入れたニューアルバム『ハイ・ロード』1/31世界同時発売

2020年2月1日
ジェシー・レイエズ

今年度グラミー賞ノミネート中の新人、ジェシー・レイエズの1stアルバム発売決定!新曲MVも解禁

2020年1月25日
アリシア・キーズ『アリシア』ジャケ写

今週末いよいよグラミー賞に司会として登場するアリシア・キーズ、約3年半ぶりの新作アルバム『アリシア』3月発売決定

2020年1月24日
ケシャ『ハイ・ロード』ジャケット写真

ケシャ、新作『ハイ・ロード』からブライアン・ウィルソンの参加曲「Resentment」が公開!ニューアルバムは1/31(金)に発売

2019年12月16日
ケシャ『ハイ・ロード』アー写

ケシャ、多彩なコラボレーターが参加した新作『ハイ・ロード』を来年1月に発売! 新曲のミュージック・ビデオも公開

2019年10月25日