ヘイリー・ビーバー、セレーナ・ゴメスを痛烈ディスり? 彼女が綴った超意味深コメントとは・・・?[写真あり]

ジャスティン・ビーバー、ヘイリー・ビーバー、セレーナ・ゴメス
左からジャスティン・ビーバー、ヘイリー・ビーバー、セレーナ・ゴメス

人気歌手ジャスティン・ビーバーの妻でモデルのヘイリー・ビーバーが、ジャスティンの元交際相手で歌手のセレーナ・ゴメスを痛烈にディスったのではと注目を集めている。

ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスは2010年頃から2018年初めまで、交際したり別れたりを繰り返し、ファンの間では「ジェレーナ」というカップルニックネームで親しまれていた。しかし2人は2018年の春に最後の破局。その約2ヶ月後、ジャスティンは現在の妻であるヘイリー・ビーバーと交際&スピード婚約をし、2018年9月には入籍した。

ヘイリー・ビーバーは先日、インスタグラムのストーリーに意味深な文章を投稿。そこには「2年かけても相手を幸せな気持ちにできない人もいれば、2ヶ月で幸せにできる人もいる。過ごした時間は関係ない。性格が重要」と書いてあり、名前は出していないがファンやメディアは長年ジャスティンと過ごしたセレーナへのメッセージなのではと推測している。

ヘイリーの投稿(写真左)

しかしこれには「出典:不明」と書いてあるため、ヘイリー独自の言葉ではなく誰かの言葉の引用をしているようだ。メディアPerezhiltonが実際にリサーチしたところ、これによく似た名言的フレーズがいくつか出てくるという。しかし引用であろうとそうでなかろうと、同メディアは「ヘイリーからセレーナへのジャブだとしか思えない」と、ヘイリーが攻撃していると表現している。

特にセレーナは、ジャスティンとの過去の恋愛について語った楽曲「Lose You To Love Me」の歌詞で「あなたは2ヶ月で私の代わりを見つけた」と詳細な数字も出している。今回ヘイリーも「2ヶ月」という単語を使っているため、セレーナのシングルに対する反論をしたのかもしれない。

ジャスティンは最近のインタビューで「僕は、過去の恋愛で傷ついていたんだと思う。前の恋愛はただ始まって、クレイジーになって、ワイルドになって・・・無謀な状態だった」と明かした。反対に妻ヘイリーとの恋愛は「時間をかけて自分に集中して基盤を作ったし、正しい決断をしようとしているよ。うん、成長した」と、過去の恋愛に学び今は良くなったと話した。

一方セレーナも今年1月、「NPR」のインタビューに応じた際に、ジャスティンとの関係はツラいだけではなく強くなれたことができたと話した。そのことについてセレーナは「私はその中で強さを見つけたの。そして精神的に被害者でいることは危険よ。私は特定の虐待の被害者だったように感じるの」と、ジャスティンと交際時は精神的虐待を受けているように感じたと明かしている。

ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメス

ジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメスとの恋愛は「無謀だった」! 珍しく過去を振り返る

2020年2月17日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバーの新アルバム「Changes」には元カノ セレーナ・ゴメスを連想させる歌詞があった…?

2020年2月17日

セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとのあの思い出の品を捨てる! ファンならみんな知っているアレとは…[写真あり]

2020年2月3日

セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーと交際中「精神的虐待」を受けていたことを告白! 「被害者のように感じていた」

2020年1月27日

セレブ同士の恋愛は苦労がたくさん! セレーナ・ゴメスが、ジャスティン・ビーバーと破局後の恋愛における「問題」について告白[動画あり]

2020年1月20日
tvgrooveをフォロー!