アカデミー賞女優ナタリー・ポートマン主演『ポップスター』本予告映像が解禁!史上最高のステージパフォーマンスを披露

『ポップスター』
『ポップスター』

この度、アカデミー賞女優ナタリー・ポートマンが『ブラック・スワン』を彷彿させる演技と、製作総指揮も務め、今後のキャリアをかけて挑む渾身作『VOX LUX』(原題)が、邦題を『ポップスター』とし、ギャガ配給にて4月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他全国公開が決定!

主人公セレステを演じるのは、子役時代に『レオン』(95)で大ブレイク、『ブラック・スワン』(11)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン。ハリウッドのトップ女優として君臨するナタリーが今作で挑むのは、銃乱射事件の生存者として、追悼式で歌を歌ったことをきっかけに新進ポップスターへと上り詰めるも、度重なるスキャンダルで失墜―再起をかけたステージに臨むポップスターのセレステ。

セレステの才能を買い、彼女をトップスターへと導く敏腕マネージャー役には、ベテラン演技派俳優のジュード・ロウ。また、幼少期のセレステと、ナタリー・ポートマン演じるセレステの娘の二役には、ラフィー・キャシディ。『トゥモローランド』(15)など話題作に多数出演し、キャリアを広げる17歳の彼女は、その繊細な演技でまったく異なる人物の二役を見事に演じあげた。

そして、セレステの姉エレノアには、『ゲティ家の身代金』(18)や、『グッバイ・ゴダール!』(18)のステイシー・マーティン。劇中ナレーションではウィレム・デフォーも参加。

さらに、主題歌・劇中歌の全般を担当するのは、世界的トップ・アーティストのSia。2017年9月から放送されたナタリー・ポートマン出演のクリスチャン・ディオールの香水ブランド「ミス・ディオール」のCMで、大ヒット曲「Chandelier」(シャンデリア)が起用されたことも記憶に新しい。

監督・脚本は『シークレット・オブ・モンスター』(16)で鮮烈なデビューを飾った若手気鋭のブラディ・コーベット。ナタリー・ポートマンと共にジュード・ロウ、Siaまでもが製作総指揮として名を連ねた意欲的な本作。Sia提供の楽曲を歌い上げるナタリー・ポートマン演じるポップスターの壮絶な物語に各映画祭、絶賛の嵐を巻き起こした衝撃作だ。

この度、本作より本予告映像と場面写真が解禁となる。

予告映像では、子供の頃に経験した壮絶な過去をきっかけに、その悲劇を乗り越え華々しくステージで活躍するセレステ(ナタリー・ポートマン)の姿が。しかし、ホテルの廊下に突如倒れこむセレステと、彼女のその様子に呆れ気味のマネージャー(ジュード・ロウ)。一見きらびやかにも見える彼女の実態は、ステージで輝くその姿とは裏腹にドラッグ、アルコール、スキャンダルにまみれた不安定で危険なものだった。

姉のエレノア(ステイシー・マーティン)に泣きついたり、「怖いの」と弱音を吐くセレステだが、一歩ステージにあがると、満員の観客を興奮と歓喜に包み込み、圧倒的なパフォーマンスを見せる。

『ポップスター』より

『ポップスター』より

『ポップスター』より

『ポップスター』より

『ポップスター』より

『ポップスター』より

『ポップスター』より

『ポップスター』より

『ポップスター』より

『ポップスター』より

場面写真には、娘のアルビー(ラフィー・キャシディー)の手を取り、神妙な表情で遠くを見つめる親子の姿や、セレステが14歳の時に起こった同級生による銃乱射事件、発生直前の様子も。ポップスターという宿命を背負ったセレステの抱える強さと弱さ、彼女の行く先とは一体―。観るものを禁断の至福への連れ去る未体験領域の衝撃作にご期待ください。

© 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

ハーヴェイ・ワインスタイン

元映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン、強姦罪でついに有罪判決が言い渡される

2020年2月25日
パッセージ

巨匠リドリー・スコットが放つ、SF超大作! 海外ドラマ「パッセージ」DVDがリリース! 血が繋がっていなくても絆で魅せる“親子”ドラマがアツい

2019年11月1日

新作マーベル映画「マイティ・ソー4」では、ナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターが乳がんと闘う…?

2019年10月15日
ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマン、子役時代の苦労を語る! 「私は性的に搾取されていた」

2018年12月26日
ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマン、「スター・ウォーズ エピソード9」でアミダラ女王を再演? 本人が真相を語る

2018年12月21日
tvgrooveをフォロー!