ジョニー・デップの名誉毀損裁判、リモート公聴会が行われる! 「ヴァネッサ・パラディとウィノナ・ライダーの声明を証拠とすべき」と弁護士が主張

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られるジョニー・デップがの英サン紙に対して起こしている名誉毀損裁判について、長年のパートナーだったヴァネッサ・パラディと、元恋人だったウィノナ・ライダーが声明が、重要な役割となっているようだ。

この裁判でジョニーは、タブロイド紙「The Sun」の出版社「News Group Newspapers(以下、NGN)」を訴えている。彼が訴えたのは、「The Sun」編集長であるダン・ウットン氏が、ジョニーのことを「Wife-Beater(妻に暴力する者)」と呼び、さらにはそれに関する記事が2018年4月に出版されていたことだ。

今回、リモートで行われた公聴会で、ジョニーの弁護士は、ウィノナ・ライダーとヴァネッサ・パラディの声明が、出版社に対する事件の証拠として含まれるべきだと主張。

その内容とは、ヴァネッサが「私たちは14年間パートナーであり、2人の子供を一緒に育てました。ジョニーは親切で、気配りがあり、寛大で、非暴力的な人物であり、父親であることを知っていました。決して暴力的または虐待的ではなかったのです」というヴァネッサの声明と、そして「彼は決して、私に対して暴力的ではありませんでした。彼は決して虐待することはありませんでした」というウィノナ・ライダーの声明だ。

英サン紙に対する名誉毀損裁判は、3月25日にロンドンで開始される予定だったが、新型コロナウイルスの大流行のため延期されていた。現在は、再開を7月に予定されているという。

またジョニーは先日、NGNに14年間にも渡り電話のハッキング被害に遭っていたと主張。ジョニー側は、このタブロイド紙の複数のプライバシーの侵害と、ボイスメールメッセージの傍受、違法なデータ収集による個人情報の誤用をバッシングしている。新たに訴える方向でもいるようだ。

ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、なんと14年間に渡り電話のハッキング被害に遭っていた! 犯人はあの大手タブロイド紙

2020年5月13日
アンバー・ハードとイーロン・マスク(Twitterより)

実業家イーロン・マスク、過去にロマンスのあったアンバー・ハードを擁護? ジョニー・デップファンのツイッターに返信

2020年5月6日
アンバー・ハードとジョニー・デップ

ジョニー・デップとアンバー・ハードのケンカが匿名希望で警察に通報されていた!「アンバーという女性が男から暴行を受けている」と新たな音声が公開[音声あり]

2020年4月28日
ジェフ・ベック&ジョニー・デップ「孤独」

ギターの巨匠、ジェフ・ベックとジョニー・デップという誰もが予想しなかった豪華デュオによる初の音源が、デジタル配信開始

2020年4月17日
ジョニー・デップ

SNSを一切やらないジョニー・デップがついにインスタグラム開始! 8分にも渡る動画で語ったこととは?[動画あり]

2020年4月17日
tvgrooveをフォロー!