「glee」ヘザー・モリス、差別を告発されたリア・ミシェルと共演するのは「かなり不快だった」! 「彼女は告発されるべき」と衝撃のコメント

リア・ミシェル(左)、ヘザー・モリス
リア・ミシェル(左)、ヘザー・モリス

先日、共演者複数人から「差別をうけた」と告発された「glee/グリー」出演で知られる女優リア・ミシェル。同作で主要キャストとしてリアと共演した女優のヘザー・モリスもこれに関しコメントをした。

5月29日、リア・ミシェルは現在世界中で議論されている「Black Lives Matter(黒人の命は重要)」運動に関してツイート。この運動は、先日黒人男性のジョージ・フロイドさんが無抵抗であったにもかかわらず、白人警官に首を圧迫され殺害されたことがキッカケで起こったもので、黒人に対する人種差別をやめようと呼びかけ、行動するムーブメント。アメリカ各地でデモ活動も行われており、ドナルド・トランプ米大統領もコメントするなどかなり深刻な事態となっている。

そんな中、リア・ミシェルもこの件に関し「ジョージ・フロイドさんがこんな目に遭うなんて不当。こんな事件は初めてではないし、終わらなければならない #黒人の命は重要」とツイートした。

しかしこのツイートに対し、「glee」シーズン6で共演した女優のサマンサ・ウェアがリプライ。そこで「爆笑。あなたは私のテレビデビューを地獄みたいにしてくれたの覚えてる?私は絶対に忘れない。あなたはチャンスがあれば私の“ウィッグにクソ”してやるって全員に言ってたでしょ。トラウマ的な自覚なき差別を見て、ハリウッドでの成功というものに疑問を覚えた・・・」と、リアから“自覚なき差別”を受けたこと、彼女に言われた衝撃の言葉などを告白。また他のキャストも「リアはエキストラを“ゴキブリ”と呼んでいた」「仲間ではないと言われ、一緒のテーブルに座らせてくれなかった」などと次々と告発ツイートをしたのだ。

さらに今回は、「glee」にシーズン1から主要キャストのブリトニー・ピアーズ役として出演した女優のヘザー・モリスもリアに関しコメント。ツイッターにて「ここでハッキリ言わせて。“憎しみ”というのはアメリカで発生している病気であり、それを今人々が治療しようとしている。だから私は憎しみを広めてほしくない」と書き始めたヘザー。

続けて「これを前提に、『彼女(リア)は一緒に仕事をするのが不快な人だった?』と聞かれれば、かなり不快だった。リアは他人に対してかなり長い間失礼に接していたし、彼女は告発されるべきだと思ってる」と、かなり率直な意見を綴った。

しかしヘザーは、リアの態度を注意したりしなかった事に対し責任も感じているようで、「(リアの失礼な態度が)長い間続いてしまったのは私達が声をあげなかったからでもあるし、それは今社会的にも皆が学んでいること」と書いた。

「今リアは差別主義だと思われているけど、彼女の信念については彼女しかわからないからコメントできない。でも多くの人がそうだって思うことって、大抵、ね・・・」と締めくくった。

リア・ミシェルはサマンサ・ウェアから告発された直後に、広告塔を務めていた食品宅配サービス会社「HelloFresh」との契約が打ち切りとなるなど、業界を揺るがせた。

エヴァン・ピーターズ

俳優エヴァン・ピーターズ、奪略者たちへの暴力を容認するような内容をリツイート! すぐさま取り消し、謝罪する事態に

2020年6月3日
リアーナと、セレーナ・ゴメス

リアーナがプロデュースするブランド「Fenty」のサイトを一時閉鎖! さらにセレーナ・ゴメスも公式サイトを閉鎖する事態に その深い理由とは

2020年6月3日
「#BlackoutTuesday」で投稿されている真っ黒の画像

海外セレブはじめSNSで多くの人々が“真っ黒”の画像を投稿! 「#BlackoutTuesday」って何…?

2020年6月3日
リア・ミシェル

「glee」リア・ミシェル、差別を告発され広告の契約打ち切りへ 「私達はいかなる差別も許しません」

2020年6月3日
リア・ミシェル(左)、サマンサ・ウェア

リア・ミシェル、「glee」共演者複数人から差別を告発される 「リアは私の“ウィッグにクソをしてやる”って全員に言い回ってた」衝撃の告白内容とは

2020年6月3日
tvgrooveをフォロー!