レオナルド・ディカプリオ、4つの支援団体に“個人的に”寄付 「私は耳を傾け、学び、行動することを約束します」

レオナルド・ディカプリオ
レオナルド・ディカプリオ

人気俳優、そして活動家としても知られるレオナルド・ディカプリオ(45)が、4つの組織に“個人的に”寄付することを誓約した。

現地時間6月4日木曜日、レオナルド・ディカプリオはインスタグラムを更新。「私は耳を傾け、学び、行動することを約束します」という画像とともに「私はあまりにも長い間存在していたブラックアメリカの権利の剥奪を終わらせることに専念します。そのため、長期的な変化をもたらそうとしている組織や連合、そして個人を支援します」とキャプションに付け加えた。その後、彼は個人的に4つの団体に寄付をしたのだという。

現在、黒人男性ジョージ・フロイドが殺害された事件により、「BlackLivesMatter(黒人の命は重要)」を掲げた抗議デモが世界中で行われている。一部は暴徒化し、店舗に侵入し高級ブランド品を奪略するなどの事件も発生している。しかし一方で、安全にデモを行っているにも関わらず、警察から攻撃を受けたと主張する人も少なくない。

発端となった事件は5月25日(月)に発生。ミネソタ州ミネアポリスにてジョージ・フロイドさんが、偽札を使用した疑いで、警官に手錠をかけられた。その警察は、ジョージさんが無抵抗であったにも関わらず、ヒザで首を圧迫。7分以上クビを圧迫されたジョージさんは、その後亡くなってしまったという悲傷な事件だ。

抗議デモにはこれまで、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズやナイル・ホーラン、歌手のホールジーやアリアナ・グランデ、モデルのカーラ・デルヴィーニュなどさまざまなセレブたちが参加。また、ウォルト・ディズニー社が、社会的正義の為の非営利組織に、500万ドル(約約5億4,500万円)を寄付することを発表するなどしている。

ウォルト・ディズニー社のツイッターより

ジョージ・フロイドさん殺害を受け、米ディズニー社が社会的正義のために5億円を寄付すると発表

2020年6月5日
ドウェイン・ジョンソン

ドウェイン・ジョンソン、「我々のリーダーはどこだ?」8分以上のメッセージを配信! トランプ大統領について言及か[動画あり]

2020年6月5日
ザ・ウィークエンド

ザ・ウィークエンド、ジョージ・フロイドさんの死を受け3つの支援団体に5400万円を寄付

2020年6月4日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、抗議デモで逮捕された活動家たちのための保釈基金に寄付! 「人種差別をしないだけでは不十分、“反”人種差別主義になるべきだ」

2020年6月2日
ブレイク・ライブリーと、ライアン・レイノルズ

ジョージ・フロイドさん殺害を受け、ブレイク・ライブリー&ライアン・レイノルズ夫妻が全米黒人地位向上協会に2000万円を寄付! 「人種差別の根深さを知らなかった自分が恥ずかしい」

2020年6月2日
tvgrooveをフォロー!