アンバー・ハード、顔のアザを証明する写真は「デマ」だった!? 不動産マネージャーが法廷で主張「彼女を見たとき、アザも傷もなかった」

アンバー・ハード
アンバー・ハード

イギリス・ロンドンにある王立裁判所にて、7月7日から開始されているジョニー・デップによる英メディア「ザ・サン」誌に対する名誉毀損裁判。現地時間7月15日水曜日には、不動産マネージャーのケビン・マーフィーが出廷し、ある主張をした。

ケビンの主張によると、2015年12月、アンバー・ハードがロサンゼルスの自宅に到着したとき、アンバーから呼び出され、涙ながらに「ジョニーが顔を数回殴って髪の毛を引っ張ってきた」と話してきたと言う。

ケビンはその時の出来事を振り返り、「大体4フィート(約1.2メートル)離れたところに立ってみて、不審に思ったのを覚えています」「彼女を見たとき、アザも赤みも傷もなく、身体的虐待や対立の兆候も見られませんでした」と証人席から主張した。「わたしはそれがデマだと思います」「ジョニーは女性を殴ったりしない」と付け加えた。

アンバー・ハードの顔にアザがあることを証明する写真↓

現地時間7月14日火曜日には、アンバー・ハードの元スタイリストのサマンサ・マクミレンが出廷。「私はハードさんには、明らかに目に見える痕跡やアザ、切り傷、そして体や他の部分に傷があるように見えませんでした」と法廷で語った。彼女は実はジョニーのスタイリストでもあった。当時、アンバーから「目の周りの黒あざがあるのにショーに出演したの。信じられる?」と言われときに、とても混乱したという。

そのため彼女は、「ハードさんは、目の周りに黒あざはなかったですし、その日、無傷にしか見えませんでした」と書面による声明を発表した。「私はまた、デップ氏が5月22日にロサンゼルスを離れたことも知っていた 」「そのため、私はデップ氏がハードさんが法廷に出てきたような跡をつけることができないことを知っていました」と彼女は証言した。

アンバー・ハード

アンバー・ハードの元アシスタント、「彼女は私のレイプ被害を自分のものにした」! ジョニー・デップを擁護

2020年7月16日
アンバーが出演した「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」

アンバー・ハード、ジョニー・デップ暴行疑惑の直後に有名トーク番組に出演していた!スタイリストは「目に見えるようなアザはなかった」と法廷で証言[動画あり]

2020年7月15日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、指切断後はギプスしていたためアンバー・ハードを殴ることはできなかったと証言! 痛みを伴う感染症になっていたことも明らかに

2020年7月15日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、アンバー・ハードがジョニーから蹴られたと証言した時、涙していた・・・法廷で暴露

2020年7月14日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップのアシスタント、アンバー・ハードのことを「社会病質者のショーポニー」「才能のないクズ」と呼んでいた

2020年7月14日
tvgrooveをフォロー!