ワーナー・ブラザーズと対立しているレイ・フィッシャーを『ジャスティス・リーグ』で共演したジェイソン・モモアが支持!「レイとともに立ち上がる」

レイ・フィッシャーとジェイソン・モモア
レイ・フィッシャーとジェイソン・モモア

『ジャスティス・リーグ』のサイボーグ役で知られるレイ・フィッシャー。彼は現在ワーナー・ブラザーズと対立しているのだが、『ジャスティス・リーグ』でレイと共演したアクアマン役のジェイソン・モモアが彼を支持し、話題となっている。

ことの発端は、今年の7月。レイが『ジャスティス・リーグ』で監督を務めたジョス・ウェドンを猛烈に批判。「『ジャスティス・リーグ』撮影現場でのジョス・ウェドンは、キャストやクルーに対して野蛮で虐待的で、プロ意識がない。これは受け入れがたいものだ」とツイートしたのだ。また、当時ワーナー・ブラザーズの重役であったジョン・バーグと、元DCエンターテインメントの社長であるジェフ・ジョーンズを名出して、ジョスのこのような行動は二人によって生み出されたと指摘した。

この数日前は「ジョスが素晴らしい人だ」とコメントしている映像とともに「この発言を撤回したい」とツイートしていた。

そんな中、ジェイソン・モモアがサンディエゴのコミコンでのレイの写真に「#IStandWithRayFisher(僕はレイと共に立ち上がる)」とハッシュタグをつけてインスタグラムのストーリーに投稿。レイはこの写真をツイートでシェアした。

ジェイソン・モモアがレイをサポートする表明をしたのは、ワーナー・ブラザーズがエンターテイメントウィークリーにレイに関する声明文を発表してからのことだ。

レイはDCフィルムズのウォルター・ハマダ社長のことも批判したツイートをしていたため、このツイートを受けてワーナー・ブラザーズが声明文を出したようだ。

声明文には「7月、レイ・フィッシャーの代理人は、DCフィルムズのウォルター・ハマダ社長に、『ジャスティス・リーグ』の制作中にフィッシャーが懸念していることについて話をするように依頼しました」と書いてある。声明文によると、ハマダ氏がレイに新作映画『ザ・フラッシュ(原題)』でサイボーグ役を他の『ジャスティス・リーグ』メンバーと一緒に演じてほしいと依頼したときに、『ジャスティス・リーグ』の撮影現場で起こったことについての話もあったという。

「特筆すべきは、ハマダ氏はフィッシャー氏に、ワーナーメディアが調査を行う前に自分の懸念を伝えると話していいたことです」とのこと。また、「ハマダ氏はレイが批判するように誰かを犠牲にしたことは一度もなく、『ジャスティス・リーグ』に彼は関与していないため、制作について判断を降したことはありません」と主張した。声明ではさらに、レイが「彼に対して訴訟に値する不正行為を主張したことは一度もない」とし、彼の主張を調査するために雇われた調査員とは「話すことを拒否した」と主張している。

この先も、対立が激しくなっていくであろうレイとワーナー・ブラザーズ。レイは、頻繁にSNSに現状をアップしていくようだ。ジェイソンは今回の件に深く言及はしていないものの、インスタの画像から、レイをサポートしていくのは間違いない。

DCファンドーム

DCファンドーム 第二弾「ディスカバー・マルチバース」遂に今週末9/13(日)に迫る!第一弾「ホール・オブ・ヒーローズ」は全世界視聴者数2,200万人

2020年9月7日
ヘンリー・カヴィル(インスタグラムより)

『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットの公式ツイッター、ファンが投稿したヘンリー・カヴィルの口ヒゲ姿に反応[写真あり]

2020年8月26日
ジャスティス・リーグ(インスタグラムより)

ロバート・パティンソン版バットマンを監督するマット・リーヴス、実はベン・アフレックのバットマンが大好きだった

2020年8月24日
エズラ・ミラー

スーパーヒーロー映画『ザ・フラッシュ』のファーストルック、DC FanDomeにて初公開となるか?アンディ・ムスキエティ監督の発言に注目[動画あり]

2020年8月20日
アクアマン

映画「アクアマン」、驚異の映像はこうして作られた! 全世界超絶ヒット作品の裏側が明らかに[映像あり]

2019年2月19日
tvgrooveをフォロー!