レイ・フィッシャー、『ジャスティス・リーグ』再撮影についての調査でワーナー・ブラザーズ側がウソをついていると主張!「明白性に欠けている」

レイ・フィッシャー
レイ・フィッシャー

『ジャスティス・リーグ』のサイボーグ役で知られるレイ・フィッシャー。彼は現在、ワーナー・ブラザーズと対立しているのだが、調査でワーナー側がウソを付いたと新たに主張し、話題となっている。

『ジャスティス・リーグ』↓

ことの発端は、今年の7月。レイが『ジャスティス・リーグ』で監督を務めたジョス・ウェドンを猛烈に批判。「『ジャスティス・リーグ』撮影現場でのジョス・ウェドンは、キャストやクルーに対して野蛮で虐待的で、プロ意識がない。これは受け入れがたいものだ」とツイートしたのだ。また、当時ワーナー・ブラザーズの重役であったジョン・バーグと、元DCエンターテインメントの社長であるジェフ・ジョーンズを名出して、ジョスのこのような行動は二人によって生み出されたと指摘した。

レイとワーナーの対立が激化していく中、『ジャスティス・リーグ』でアクアマン役を務めたジェイソン・モモアがレイを擁護する発言をしたことでも話題となっった。「このバカげたことは、終わらすべきだし、目を向けるべき。レイ・フィッシャーや、ワーナーの監視下のもとで何か経験した人は、適切な調査を受けるべきだ」とメッセージを強調した。

レイが主張する疑惑について、ワーナー・ブラザーズは独自調査をすることになったのだが、レイはこれを強くバッシングした。彼はワーナー側が調査に協力的でないと非難した後、調査の明白性に欠けているといくつかツイートしたのだ。

さらにここへきて、レイはワーナー・メディアに第三者調査員の変更を依頼したとツイート。続けてワーナー・ブラザース(と調査を指揮するために雇われた会社)の “明白性の欠如 "と "あからさまな嘘 "を非難した。

レイもワーナーも今回の問題を解決する必要があるが、日を追うごとに、解決から遠のいて行ってしまっているようだ。今回新たに雇われた第三者調査員は『ジャスティス・リーグ』の再撮影中に起こった出来事を、正確に把握してくれるのだろうか・・・?

レイ・フィッシャーとジェイソン・モモア

『ジャスティス・リーグ』ジェイソン・モモア、ワーナーと対立中のレイ・フィッシャーを再び擁護!「このバカげたことは終わらすべきだし目を向けるべき」

2020年9月16日
レイ・フィッシャーとジェイソン・モモア

ワーナー・ブラザーズと対立しているレイ・フィッシャーを『ジャスティス・リーグ』で共演したジェイソン・モモアが支持!「レイとともに立ち上がる」

2020年9月9日
DCファンドーム

DCファンドーム 第二弾「ディスカバー・マルチバース」遂に今週末9/13(日)に迫る!第一弾「ホール・オブ・ヒーローズ」は全世界視聴者数2,200万人

2020年9月7日
ヘンリー・カヴィル(インスタグラムより)

『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットの公式ツイッター、ファンが投稿したヘンリー・カヴィルの口ヒゲ姿に反応[写真あり]

2020年8月26日
ブラックライトニング

DC初の黒人主役ヒーロー【ブラックライトニング】、一時はジャスティス・リーグのメンバーだった? DCTVシリーズ最新作「ブラックライトニング<シーズン1>」、キャラクターを徹底解説

2019年1月29日
tvgrooveをフォロー!