『パール・ハーバー』ジョシュ・ハートネット、キャリア初期にバットマンとスーパーマンの役を断っていた!彼が語った理由とは?

ジョシュ・ハートネット
ジョシュ・ハートネット

映画『パール・ハーバー』などで知られるジョシュ・ハートネット(42)が、DCコミックス原作の映画にて、バットマン役とスーパーマン役の両方の演じる機会を拒否していたことがわかった。

ジョシュはキャリアの初期に、象徴的なスーパーヒーローを演じるチャンスがあったという。しかし、彼は、コミックの役を手に入れた場合、「誰かの操り人形になるかも」と恐れていたのだという。

ジョシュはメトロ紙のインタビューにて「あの年齢では、誰かの道具や操り人形になってしまうことなんて、いとも簡単だったんだ」と、二つの役を断ったことを後悔していないと主張した。さらに「スーパーヒーローの枠には入りたくなかったんだ」と付け加えた。

ジョシュといえば、『パール・ハーバー』でベン・アフレックと共演している。ベンは2016年の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にてバットマン(ブルース・ウェイン)を演じ、その後『ジャスティス・リーグ(原題:Justice League)』『スーサイド・スクワッド(原題:Suicide Squad)』でもバットマン役を続投した。一方、スーパーマンはヘンリー・カヴィルが演じている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

He was always there when we needed him most. Happy 80th anniversary, Superman! #Superman80

Justice League Movie(@justiceleague)がシェアした投稿 -

この二つのスーパーヒーローのキャラクターは、ベンやヘンリーにとって重要なキャリアの一つとなっているに違いない。もし、ジョシュがどちらかのキャラクターを演じていれば、どんな映画に仕上がっていたのだろうか。

スーパーヒーローを演じた俳優が、誰かの道具や操り人形になってしまう・・・というジョシュの話は、もしかすると一理あるかもしれない。今年、『ジャスティス・リーグ』のサイボーグ役で知られるレイ・フィッシャーが、監督を務めたジョス・ウェドンを猛烈に批判。「『ジャスティス・リーグ』撮影現場でのジョス・ウェドンは、キャストやクルーに対して野蛮で虐待的で、プロ意識がない。これは受け入れがたいものだ」とツイートしたことで、話題となっていた。

ジャレッド・レト

ジャレッド・レトが再びジョーカーに! 『ジャスティス・リーグ』のスナイダーカット版にジョーカーとして登場へ

2020年10月22日
ヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィル、スーパーマンにまつわるウワサについてコメントを拒否!「話を『エノーラ・ホームズの事件簿』に戻すように」と記者に頼む

2020年9月28日
レイ・フィッシャー

レイ・フィッシャー、『ジャスティス・リーグ』再撮影についての調査でワーナー・ブラザーズ側がウソをついていると主張!「明白性に欠けている」

2020年9月18日
ヘンリー・カヴィル(インスタグラムより)

『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットの公式ツイッター、ファンが投稿したヘンリー・カヴィルの口ヒゲ姿に反応[写真あり]

2020年8月26日
ジャスティス・リーグ(インスタグラムより)

ロバート・パティンソン版バットマンを監督するマット・リーヴス、実はベン・アフレックのバットマンが大好きだった

2020年8月24日
tvgrooveをフォロー!