レイ・フィッシャー演じるサイボーグ、DC新作映画『ザ・フラッシュ』脚本から排除される! ワーナーとの対立が原因か

サイボーグ
サイボーグ(『ジャスティス・リーグ』インスタグラムより)

『ジャスティス・リーグ』のサイボーグ役で知られるレイ・フィッシャーが、DC最新映画『The Flash/ザ・フラッシュ(原題)』から書き下ろされたと報じられた。

『ザ・フラッシュ』はエズラ・ミラーが主演を務める作品。エズラ・ミラーがバリー・アレン(フラッシュ)役で初めてDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)に参加したのは2016年。その後、2度カメオ出演を果たし、単独映画の企画が明らかとなった。しかし、公開日が何度か延期されたり、監督がチェンジしたりと、なかなか進行が進まず、ファンは懸念していた。現在、『ザ・フラッシュ』は、2022年6月に公開を目指しているというが、今後の動きに注目が集まっている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

DC FANDOME(@dc__fandome)がシェアした投稿

一方、サイボーグを演じているレイは、昨年7月に『ジャスティス・リーグ』で監督を務めたジョス・ウェドンを猛烈に批判。「『ジャスティス・リーグ』撮影現場でのジョス・ウェドンは、キャストやクルーに対して野蛮で虐待的で、プロ意識がない。これは受け入れがたいものだ」とツイートしたのだ。

また、当時ワーナー・ブラザーズの重役であったジョン・バーグと、元DCエンターテインメントの社長であるジェフ・ジョーンズを名出して、ジョスのこのような行動は二人によって生み出されたと指摘。その後もワーナー・ブラザースと対立し、調査でワーナー側がウソを付いたとの主張もしていた。

そんな中、新たに報じられたところによると、『ザ・フラッシュ』の脚本から、レイ演じるサイボーグが書き下ろされたのだという。スクリプトの情報を持つインサイダーが「サイボーグは完全に排除されている。彼は再キャストされないだろう」と話した。

いまだに、和解にいたっていないと報じられているレイとワーナー。果たして、レイは今後もサイボーグを演じることはあるのだろうか・・・。

レイ・フィッシャー

レイ・フィッシャー、『ジャスティス・リーグ』再撮影についての調査でワーナー・ブラザーズ側がウソをついていると主張!「明白性に欠けている」

2020年9月18日
レイ・フィッシャーとジェイソン・モモア

『ジャスティス・リーグ』ジェイソン・モモア、ワーナーと対立中のレイ・フィッシャーを再び擁護!「このバカげたことは終わらすべきだし目を向けるべき」

2020年9月16日
レイ・フィッシャーとジェイソン・モモア

ワーナー・ブラザーズと対立しているレイ・フィッシャーを『ジャスティス・リーグ』で共演したジェイソン・モモアが支持!「レイとともに立ち上がる」

2020年9月9日
ベン・アフレック『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(原題:Batman v Superman: Dawn of Justice)』

ベン・アフレック、バットマン役として復帰!『フラッシュ』単独映画に出演か

2020年8月21日
エズラ・ミラー

スーパーヒーロー映画『ザ・フラッシュ』のファーストルック、DC FanDomeにて初公開となるか?アンディ・ムスキエティ監督の発言に注目[動画あり]

2020年8月20日
tvgrooveをフォロー!