アカデミー賞主演男優賞受賞のラミ・マレック最新作「パピヨン」、6月21日公開決定! 45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔

『パピヨン』
『パピヨン』

『パシフィック・リム』『キング・アーサー』の人気スター、チャーリー・ハナムと大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で世界を魅了し、本年度アカデミー賞主演男優賞受賞を果たしたラミ・マレックの最旬スターがタッグを組み、45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』が、6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開されることが決定。あわせて日本版ヴィジュアルが公開された。

作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした終身刑囚“パピヨン”の13年に及ぶ命をかけた脱獄劇。

この世界的なベストセラー自伝小説は1973年『猿の惑星』などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督と、ハリウッドの異端児と呼ばれた脚本家ダルトン・トランボのタッグにより映画化され、パピヨン役スティーヴ・マックイーンの鬼気迫る熱演と、ダスティン・ホフマン演じる偽札作りの天才ドガとの熱い友情は多くの人々の共感と感動を呼び大ヒットを記録した。

今回、公開になったメインヴィジュアルは、パピヨンとドガが並んだ1973年版のポスターにオマージュを捧げながらも、よりスタイリッシュにアップデートされている。

パピヨンを演じたハナムはヒット作の続編『パシフィック・リム2』のオファーを断り、本作を優先させた。「僕はマイケル・ノアー監督の大ファンで、ずっと一緒に仕事をする機会を熱望していた。それに、『パピヨン』は僕の青春時代にとって、非常に重要な作品だったんだ」と語る。制作陣にとってもハナムは、より原作のキャラクターに近い若い“パピヨン”像だったという。

ドガ役には当初からマレックが候補のトップに挙がっていたが、多忙なスケジュールのせいで、一時は出演が危ぶまれた。

ハナムは「僕にとってラミ以外の選択肢はなかった。彼がドガを演じるというアイデアに固執するようになり、いよいよラミの出演が不可能な状況になりそうになった時、彼に電話をかけ、“ブラザー、やり抜こう!この映画を俺たちで実現させるんだ!”と言ったんだ。その時、僕らはお互いをよく知らなかったし、彼にとってはある種のプレッシャーだったと思う。でも、ありがたいことにラミは僕を受け入れてくれたんだ」

マレックにとってもオリジナル映画は、思い出深い作品だった。「『パピヨン』は僕に強い影響を与えた作品だったので、この物語のリメイクは非常に刺激的になると感じたんだ。新たな解釈をするには、十分な時が経っている。僕はホフマンの解釈するルイ・ドガが好きだ。そして僕は、このキャラクターをもう少し尖らせ、脆さを抑えた。ドガを演じることは本当に楽しいことだった」。

ノアー監督は「彼らはお互いの素晴らしさを引き出しあった。それが今回の映画化において、私が最も誇りに思うことの一つです」とハナムとマレックの息の合った脱獄コンビぶりを語る。

また本作の公開に先駆け、日本では長らく絶版だった原作本が河出書房新社より4月に文庫本で復刊予定。絶望の淵に追いやられても、決して自由と希望を諦めない男たちの姿に日本は再び、胸を熱くする。

STORY

1931年、パリ。「狂乱の時代」の終焉。胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく…。

公開情報

『パピヨン』
6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ラミ・マレック、フレディ・マーキュリーの【名前】から勇気をもらった! 移民としての出自を誇る

2019.02.26

「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレック&ルーシー・ボイントン、アカデミー賞授賞式で見せた映画さながらのロマンチックな光景に思わず感涙

2019.02.25

第91回アカデミー賞、作品賞は「グリーンブック」、最多受賞作品は「ボヘミアン・ラプソディ」! 「ブラックパンサー」がマーベル初のオスカー獲得

2019.02.25

ラミ・マレック&ルーシー・ボイントン、ひときわ目立ったオーラを放ち、第91回アカデミー賞授賞式に登場

2019.02.25