米歌手デミ・ロヴァート、3年前の過剰摂取で脳と視覚のダメージを受け運転ができなくなっていたことを告白[動画あり]

デミ・ロヴァート
デミ・ロヴァート

米人気歌手のデミ・ロヴァート(28)が、2018年に薬物過剰摂取で緊急搬送された事件の影響で、今後車の運転ができなくなったことを明かした。

デミ・ロヴァートは2018年7月、薬物の過剰摂取で意識を失っているところが自宅で発見され病院に緊急搬送された。一時は命の心配もされたが、彼女は一命をとりとめその後回復。現在では音楽活動も再開している。

そんな彼女のドキュメンタリー「Demi Lovato: Dancing With the Devil(原題)」がYouTubeで3月23日より配信開始。全部で4パートあるといい、2月17日には予告編も公開された。この予告編ではデミがオーバードーズを起こす1ヵ月前、パーティーで派手に遊んでいる姿も。デミ本人、また友人や関係者たちが「本当にすべてを話していいの?」「私は越えたことのない境界線を越えてしまった」などと語っている。

Demi Lovato: Dancing with the Devil予告編

同作の監督であるマイケル・D・ラトナーとデミ・ロヴァートは2月17日、TCA(テレビ批評家協会)の討論会に出席。そこでデミは、約3年前のオーバードーズが現在どのように生活に影響しているかを明かした。

デミは「私は運転しないの。視界にブラインドスポット(死角)があるから。あと本を読むのも長い間大変だった・・・視界がすごくぼやけていて」と、脳へのダメージのせいで視界に障害が残ったため運転ができなくなったことを明かした。この障害は今でも残っているそうだが、「これがあるおかげで、また堕ちてしまったらどうなるかをいつも思い出させられている」と語った。

しかし彼女は「もし過去を変えられるとしても、何も変えない」という。「すべては私が学ぶために起こったこと。痛々しい道だったし、思い返してもあんな痛みに耐えて克服しなくちゃいけなかったんだって悲しくなることもある。でもなにも後悔はしてない」と、失敗に感謝していると語った。

デミ・ロヴァート

デミ・ロヴァート、NBCの食に関するコメディ番組に出演へ その内容とは

2021年1月27日
デミ・ロヴァート

デミ・ロヴァート、議事堂乱入の騒動を受けて新曲作りをほのめかす!「スタジオで特別なことに取り掛かっている」発言に「それより寄付して」とファンの声

2021年1月8日
デミ・ロヴァート

デミ・ロヴァート、なんと刈り上げヘアで大胆イメチェン! 婚約破棄騒動から心機一転・・?[写真あり]

2020年11月19日

デミ・ロヴァート、薬物過剰摂取を乗り越え涙の完全復帰! グラミー賞授賞式で感動の歌声披露[動画あり]

2020年1月27日

デミ・ロヴァート、薬物依存から順調に回復中! アルバム制作のウワサも

2019年7月26日
tvgrooveをフォロー!