ジョニー・デップ、サン・セバスチャン映画祭での受賞が決定! しかしスペインの女性映画監督たちから猛反発… いったいなぜ?

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られる人気俳優のジョニー・デップが、スペインで毎年開催されるサン・セバスティアン国際映画祭にてドノスティア賞(功労賞)を受賞することが決定した。

ジョニー・デップ↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Johnny Depp(@johnnydepp)がシェアした投稿

ドノスティア賞は、映画界における生涯の功績を称えることを目的としている。映画祭側はジョニーを「現代映画界で最も才能があり、多才な俳優の一人」と表現し、彼は9月22日の授賞式に出席する予定だという。

そんな中、スペインの映画制作者や監督たちから反発の声が上がっているという。スペインの女性映画製作者・ オーディオビジュアル・メディア協会の会長であるクリスティーナ・アンドリューは、AP通信にコメントを発表。

ジョニーは元妻アンバー・ハードとのあいだで法的トラブルがあり、家庭内暴力でジョニーが告発されたこともあった中、映画祭が最高賞であるドノスティア賞をジョニーに授与するという決定に「とても驚いた」と語った。

アンドリューは続けて「これは、映画祭とその指導者を非常に悪く表しています。『良い俳優であれば、虐待者であっても問題ない』という恐ろしいメッセージを世間に発信しています」と、ジョニーの受賞に関して猛烈批判した。

ジョニーは、家庭内暴力で告発されているが、自分に対するこのような疑惑を全て断固として否定している。

そんなジョニーは、同じくヨーロッパの映画祭であるチェコ共和国のカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭からも表彰される予定だ。裁判をジョニーが抱えている中、批判の声がますます強くなっているようだ・・・。

『MINAMATAーミナマター』、ジョニー・デップ演じる実在の写真家ユージンの貴重な本人写真が公開[写真あり]

2021年8月5日
アンバー・ハードとジョニー・デップ(2016年)

ジョニー・デップの訴えにより、元妻アンバー・ハードの寄付に関する“ある文書”の公開が米国自由人権協会に命じられる! これで真実が明らかに…?

2021年8月2日
BTS V(左)、ジョニー・デップ

BTS V、ジョニー・デップからインスピレーションを受けていた! 全世界で大ヒット中の楽曲「Butter」の秘話が明らかに

2021年7月30日
『MINAMATA―ミナマター』© Larry Horricks

ジョニー・デップが水俣病を世に知らしめた写真家を熱演! ジョニー自ら製作&主演を務めた最新作『MINAMATA―ミナマター』待望の日本版予告が解禁

2021年7月7日
ジョニー・デップとマッツ・ミケルセン

『ファンタスティック・ビースト』グリンデルバルド役を務めるマッツ・ミケルセン、前任のジョニー・デップとは「ぜひ話がしたかった」

2021年6月28日
tvgrooveをフォロー!