ジョニー・デップ、ジャック・スパロウと適切に別れるため、『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作の執筆を手伝いたいと考えていた

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)
ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジャック・スパロウ役で知られる人気俳優のジョニー・デップ。彼は元妻アンバー・ハードに対する名誉毀損裁判で、ディズニーから解雇されたことに関する詳細を新たに明らかにした。アンバーが2018年のワシントン・ポストに掲載した記事で、ジョニーを虐待者だとほのめかしたことから、ディズニーはジョニーを契約解除したといわれている。

ジョニーは現在、キャリアを復活させるため法廷で戦っており、現在の訴訟には5,000万ドルがかかっている。CBS Newsは裁判の様子をライブストリーミングで配信している。

ジャック・スパロウは『パイレーツ・オブ・カリビアン』の中で最も愛されている役柄となっており、その役を突然失ったショックと混乱について、ジョニーが口を開いた。ジョニーは、この作品が許される限り続けるだけでなく、作品のフィナーレを飾るために積極的に参加したいと思っていたようだ。

ジョニーは法廷で「長い付き合いと、ディズニーにとってかなり成功した関係の後に、突然、無実が証明されるまで有罪になるなんて・・・まったく理解できませんでした。実は、私は『パイレーツ・オブ・カリビアン』6作目の脚本に参加するよう打診されていたのです。私が感じたのは、これらのキャラクターは、いわばきちんとお別れをするべきだということです。フランチャイズは長くは続かないし、そのような終わり方もある。そして、このキャラクターたちには、フランチャイズを良い形で終わらせる資格があると思ったんです。やめるときが来るまで続けるつもりでした」とコメントした。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』6作目の計画は、ジョニーの解雇後に変更され、スタジオは5作目からの新しいキャラクターと、ジャック・スパロウに代わる女性の主役に焦点を当てる予定と報道されている。この役はマーゴット・ロビーが務める予定だが、ジョニーとアンバーをめぐる論争の影響で、この映画の進捗はほとんどない。『パイレーツ・オブ・カリビアン』6作目にジャック・スパロウの復活を求める嘆願書には、70万人以上の名前が追加されている。

アンバー・ハードとジョニー・デップ(2016年)

アレック・ボールドウィンの娘、ドロ沼バトル中のアンバー・ハードを非難! 「女性であることを利用して被害者ヅラしてる」 ジョニー・デップを擁護

2022年4月26日
アンバー・ハードとジョニー・デップ

アンバー・ハード、ジョニー・デップとの裁判でマインドゲームをしている? ジョニーの服装をマネていると話題に・・・なんとネクタイの個性的なデザインも同じ

2022年4月26日
パイレーツ・オブ・カリビアン

ジョニー・デップ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』への復帰はナシ! ジャック・スパロウ役再演を完全否定 アンバー・ハードとの裁判の中で明らかに

2022年4月25日
ジョニー・デップと、ヴァネッサ・パラディ

ジョニー・デップ、元恋人ヴァネッサ・パラディを「クソ女」呼ばわり!? 当時ヴァネッサと深い確執があったことが明らかに 過去のEメールが裁判で公開

2022年4月25日
ジョニー・デップと、マリリン・マンソン

ジョニー・デップ、マリリン・マンソンとドラッグでつながっていた! 「一緒に酒とコカインをやった」 アンバー・ハードとの裁判で新事実が次々と明らかに

2022年4月25日
tvgrooveをフォロー!