海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

急逝したオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマン、転落のきっかけはたった一杯の祝杯だった

2014年2月7日
今年2月2日、米ニューヨークにある自宅で、遺体で発見された俳優フィリップ・シーモア・ホフマン(享年46)。発見当時、左腕に注射器が刺さったままの状態だったフィリップ宅には、計65袋にも及ぶヘロインが発見されており、周囲の証言にもあるように、薬物などの依存症に悩まされていたことが明らかとなった。そのキッカケは、たった1杯の“祝杯”だった。

若かりし頃にアルコール依存を克服するためリハビリ入りしたフィリップは、以後23年にわたってシラフを守り続けていた。しかし、2012年5月頃、再び飲酒し始めたフィリップは、そのうち薬物にまで手を染め、自分でも「このままだと俺は直に死ぬ」と漏らしていたほど重度な依存症に陥ってしまった。翌2013年5月には10日間のリハビリを経たものの、毎月約1万ドル(約100万円)もの大金を薬物購入にあてていたほど、ドラッグに見事ハマったフィリップは、“克服”には程遠い状態にあったという。

23年もの長い間守り続けたフィリップがシラフを破ったのは、たった1杯の“祝杯”だった。米TMZによれば、映画「ザ・マスター」の打ち上げパーティーに参加したフィリップは、同映画完成を祝して、「ほんの1杯だけ」とアルコールを口にしたのが原因だったという。たった1杯があっという間に数杯となり、気づけば堰を切ったように酒浸り生活に逆戻りしていたのだそうだ。

情報筋によれば、フィリップは2013年になるまでヘロインには手を出さなかったという。しかし、「ずっとドラッグに興味を持っていた」フィリップは、ついに薬物使用をスタート。瞬く間に依存してしまったフィリップは、依存症が第4段階(最重症度)になることを恐れて、同年5月にリハビリ入りしていたのだった。

そんな努力も空しく、46歳という若さでこの世を去ってしまったフィリップ。オスカー俳優の多大な才能が惜しまれてならない。

オスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが急逝! ドラッグが原因か?(2014年2月3日)
アカデミー賞俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが、米ニューヨークの自宅で死去。46歳の早すぎる死の原因は、ドラッグではないかと報じられている。

...
急逝したフィリップ・シーモア・ホフマン、壮絶な薬物依存の内実が明らかに! 65袋のヘロインも見つかる(2014年2月4日)
映画「カポーティ」、「ザ・マスター」、「ハンガー・ゲーム」シリーズなどで知られるオスカー俳優、フィリップ・シーモア・ホフマンが2月2日(日)に急逝。お風呂場で、...
「スーパーナチュラル」ジャレッド・パダレッキ、P・S・ホフマン訃報に「くだらない」コメントでツイッター炎上(2014年2月4日)
人気海外ドラマ「スーパーナチュラル」でサム・ウィンチェスター役を演じているジャレッド・パダレッキ(31)が、2月2日に急逝したオスカー俳優フィリップ・シーモア・...
故フィリップ・シーモア・ホフマンにドラッグを売った疑いで男女4人が逮捕(2014年2月7日)
米ニューヨークの自宅で死亡しているところを発見されたアカデミー賞俳優フィリップ・シーモア・ホフマン(享年46)。死因はまだ明らかになっていないが、米CNNが報じ...
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。