海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

NETFLIX版「デスノート」の予告編が公開! 白人ばかりのキャストに、“ホワイトウォッシュ”と批判の声も[動画]

2017年3月23日
「デスノート」主人公にキャスティングされた、ナット・ウルフ「デスノート」主人公にキャスティングされた、ナット・ウルフ
WENN.com
原作・大場つぐみ、作画・小畑健による漫画「DEATH NOTE」の映像化作品「デスノート」の予告映像が、NETFLIXにて公開された。

漫画「DEATH NOTE」は、2003年に連載を開始。「ノートに名前を書かれた者は死ぬ」という斬新な設定や、主人公・夜神月を中心とした頭脳戦が受け、絶大な人気を獲得。実写映画、アニメ、ミュージカル、ドラマなど、メディア化も数多くされてきた。

NETFLIX版「デスノート」は、舞台をアメリカに移し、主人公である男子高校生ライト・ターナーを、ナット・ウルフが演じ、NETFLIXオリジナル作品として、8月25日に全世界同時配信される。

【動画】NETFLIX版「デスノート」予告編



しかしこの予告編を受けて、アメリカ国内から「日本の漫画をなぜ“アメリカンナイズ”して映像化するのか」という不満が噴出。米Perezhiltonでは、「舞台を(アメリカ国内である)シアトルに設定することはわかる。でもアジア系の俳優を使うことはそんなにも困難なのか?」「日系アメリカ人の存在がなかったことにされている。つまりアメリカ人であるとは、白人であるということだ」といった、同作に対して辛らつな意見が紹介されている。

さらに、同じく日本のマンガ作品「攻殻機動隊」が、「ゴースト・イン・ザ・シェル」としてハリウッド映画化された際も、主人公が白人化されたことを受け、「ハリウッドは本当にホワイトウォッシュ(白人化のこと)がお好き」と、映画業界の姿勢そのものが批判される事態となっている。





 
中国が舞台の映画に主演したマット・デイモン、地元俳優から役を奪ってはいないと反論(2016年12月13日)
俳優のマット・デイモン(46)が、中国を舞台にした映画「The Great Wall(原題)」に出演したことは人種を無視して主役級に白人の俳優を起用するハリウッドによる「ホワイトウォッシュ」(白人化)...
ハリウッド版「攻殻機動隊」、日本人役にスカーレット・ヨハンソンを起用したことは「正しい判断!」 プロデューサーが批判に反論(2016年7月4日)
日本のアニメ「攻殻機動隊」のハリウッド実写版を手がけるプロデューサーが、日本人の主人公に女優のスカーレット・ヨハンソンを起用した決定の正当性を主張した。 同作の製作陣は昨年、「アベンジャーズ」などで...
ビヨンセがグラミー賞を獲れなかったのは人種差別!? 妹ソランジュがアデル圧勝に疑問(2017年2月14日)
現地時間2月12日に行われた第59回グラミー賞で、英歌手アデル(28)が、最優秀アルバム賞・楽曲賞を含む計5部門を獲得。一方で、最多9部門にノミネートされていたビヨンセ(35)は、2部門の受賞にとどま...
ジジ・ハディッドが、アジア人を侮辱? ある仕草がバッシングの対象に[動画](2017年2月7日)
人気モデルのジジ・ハディッドが、アジア人を侮辱したのではないかとして、バッシングを浴びている。「人種差別的」との批判を受けてしまった、ジジの行動とは・・? ジジの妹で同じくモデルとして活躍しているベ...
ゼンデイヤ、映画「スパイダーマン」のメリー・ジェーン役は「白人であるべき」との意見を一蹴(2016年11月10日)
「スパイダーマン」の新シリーズ「Spider-Man: Homecoming(原題)」に出演することが決定しているゼンデイヤが、自身に人種差別的な声が寄せられていることについて言及。冷静な対応を見せた...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。