海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ニュース詳細

セレーナ・ゴメス、マレーシアでは「セクシーすぎ」で問題発生!? 政治的なカオスを引き起こす事態になっていたことが判明

2017年5月11日
マレーシア公演には、露出度少なめの衣装で登場したセレーナマレーシア公演には、露出度少なめの衣装で登場したセレーナ
@revivaltour / Instagram
セレーナ・ゴメス(24)が、昨年6月に行ったマレーシア公演にて、議会でのトラブルの原因になっていたことが明らかとなった。

昨夏、「Revival」ツアー公演を現地で開催したセレーナ。その際、イスラム教が国教であるマレーシアでは、彼女自身やショー自体が持つ“セクシー”なイメージは、反イスラム的だと国内で議論を引き起こしたという。「Noisey」というメディアが伝えている。

同メディアによると、イスラム系の政党である「全マレーシア・イスラーム党」は、セレーナのセクシーなイメージやステージングは、「若者の快楽主義文化を煽る」と主張。セレーナ自身はイスラム教の慣習に配慮し、露出が少なく、ボディラインが出ない衣装でステージに登場したものの、同政党はコンサートに開催許可を与えた対立政党をも批判した。

【比較】シンガポール、アメリカ国内の公演でセレーナが着ていた衣装

Singapore

Selena Gomezさん(@selenagomez)がシェアした投稿 -



Thank you, Ohio! #RevivalTour

Official Revival Tourさん(@revivaltour)がシェアした投稿 -



「統一マレー国民組織」はこれに対し、「自分たちの主張を正当化したいがための言いがかり」と反論。一方で「人民正義党」の党首が地元メディアに対し、「セレーナ・ゴメスとは誰なのか?」「なぜそう自分が責められているのかもわからない」と答えるなど、もはや“何が何やら”の事態に。セレーナにとっては、とんだとばっちりだったのかも?
 
セレーナ・ゴメス、マレーシア公演がピンチ! 「セクシーすぎてけしからん!」と中止要請(2016年7月21日)
人気歌手セレーナ・ゴメス(23)が、7月25日に予定しているマレーシア公演に中止の危機。その理由とは? 現在、最新アルバムの名を冠した「The Revival Tour」で、世界各地を回っているセレ...
セレーナ・ゴメス、“露出し過ぎ”で思わぬ騒動に?! 物議をかもした“アンクル・ポルノ”とは…(2015年1月5日)
たった1枚の写真が、大きな騒動に。セレーナ・ゴメス(22)の“露出”が、思わぬ物議をかもしているようだ。 問題となったのは、セレーナが滞在先であるアブダビで撮影した写真の数々。同国のモスク(礼拝堂)...
リンジー・ローハン、イスラム教徒用の水着姿に批判殺到[写真あり](2017年4月6日)
リンジー・ローハン(30)が、イスラム教徒の女性のための水着を着たことで、大炎上。非難を受けている。 タイのリゾート地プーケットに滞在中のリンジーが着ていたのは、「ブルキニ」と呼ばれる、肌や髪の露出...
「美女と野獣」、マレーシアに続きクウェートも公開中止に(2017年3月22日)
1991年に公開されたディズニーの名作アニメを実写化した「美女と野獣」が、その内容のためクウェートの映画館で上映禁止となった。 「美女と野獣」は16日、国民の大半をイスラム教徒が占めるクウェートで公...
セレーナ、ガガ様、ジャスティンも! 入国拒否・公演中止に追い込まれた人気セレブたち(2016年7月13日)
先日、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と対談したレディー・ガガが、中国政府から「チベッド独立運動支援を煽るもの」だと問題視され、 中国国内で「ガガ放送禁止令」が出されたと報じられた。過激な言...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
  • 関連DVDニュースはありません。
特集記事
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。