海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
国内ニュース詳細

空前絶後の大ヒットスタート! 「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」、ホラー映画&9月公開映画オープニング歴代NO.1を獲得

2017年9月12日
「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」より「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」より
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
興行収入126億円突破したスティーヴン・キング原作・ホラーの金字塔と名高い「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」。この数字は今まで「パラノーマル・アクティビティ 3」の持っていたホラー映画のオープニング記録の2倍以上を記録。ホラー映画史上NO.1の記録を打ち立てた。

また「モンスター・ホテル2」が持っていた9月公開作品のオープニング記録を塗り替えただけでなく「ゼロ・グラビティ」の持っていた秋興行作品のオープニング記録をも塗り替えた。さらに、2017年公開の映画では「美女と野獣」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」に次ぐ第3位のミラクル大ヒット。

全米のみならず、すでに46の国と地域で公開され、イギリス、ブラジル、ロシア、オーストラリア、オランダなどでホラー映画の新記録を樹立すると共に軒並みチャートの1位を獲得している。世界中で話題となっているだけでなく作品の評価も上々!海外映画レビューサイトRotten Tomatoesでは批評家87%、観客89%からFRESHの評価を獲得(日本時間 9/11 日 AM8:00 時点)しているほか下記の通り、評論家からも絶賛されている!

■アンディ・ムスキエティはスマートで、したたるようなR指定の悪意を持った監督だ。「IT/イット」は単なるピエロの悪夢だと思ったら大間違い。(PLAYBOY)

■“それ”はまじでやばい。(ROLLING STONE)

■ここ数年で最高の、最も興奮するスリル満載のホラー映画。(CINEMA BLEND)

■ノスタルジックな感情に訴える部分と髪が逆立つ映像が実に秀逸に融合され、さらに大きなスクリーンでしか味わえないパンチの利いたデジタルマジック・・・本作は全く新しい映画だ。(The New York Times)

■最大の強みはペニーワイズ。本作ではスカルスガルドが事あるごとに嘲笑したり眉毛を動かしたりしてその役を見事に演じている。(Indiewire)

■かなり上質にできているダークな「スタンド・バイ・ミー」。友達が少ない7人の少年達が自転車を乗り回し、共に不安を乗り越えていくノスタルジックな成長物語。(Entertainment Weekly)

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」より「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」より
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


ホラー映画に厳しい評価を下すことが多いメディア、評論家たちからも絶賛の声が多数あがっており社会現象にまで発展している。「IT/イット」はホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説の中でも、最も恐れられている作品。発刊30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた。そしてこの度、金字塔を打ち立てたこの小説を監督のアンディ・ムスキエティが映画化。アンディ・ムスキエティは「MAMA」で監督を務め、頭角を現した俊英。メジャー作品1作品目にして、快挙を成し遂げた。そして「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」全世界での大ヒットを受け日本での本作への期待をさらに高めるべく、新たに場面写真が公開された。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」より「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」より
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


本作の日本公開は 11 月 3 日(金・祝)だが、9月15日(金)からはじまる第10回したまちコメディ映画祭の映画秘宝まつりで9月17日(日)に日本初お披露目となる。目の肥えた映画ファンが集まる場所だけに、日本でどのような反応になるか注目が集まる。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」より「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」より
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


先日予告編がインターネット上でアップされるや、全米では「ワイルド・スピード ICE BREAK」「美女と野獣」を抜き、24時間で1億9700万回という史上最多の再生回数を記録。それとともに町にピエロが出没する奇妙な現象が相次ぎ、全米を震撼させた。日常を侵食する“それ”は、最恐のトラウマになる!

【動画】「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」本予告編


予告映像は、“ジョージー号”と書かれた紙で作られた船を兄が弟に手渡すシーンからスタート。外はあいにくの雨だが、弟は嬉しそうに増水した道路の上に船を浮かべて駆け出し、船は下水溝に飲み込まれてしまう。中を覗くと怪しげな人影が!実は、この少年たちが住む町は失踪事件が多発しており、消えるのは決まって“それ”を見た子供だけ・・・。予告映像内でも怯えた表情で「見ちゃった」「ピエロに見えた」と口々に語る子供たちが収められており、最後には見るもの全てを恐怖に陥れる!!“それ”は、どこにでも現れる、そして”それ“はどんな姿にも形を変える。果たして、子供たちは“それ”に立ち向かうことができるのか!?どのような恐怖が待ち受けているのか・・・!

11月3日(金・祝)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


【ストーリー】

“それ”は、ある日突然現れる。
一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

監督・脚本:アンディ・ムスキエティ
出演:ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード、ソフィア・リリスほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:IT

公式サイト:itthemovie.jp

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
 
スティーヴン・キング原作の最恐ホラー映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」公開決定! 特別映像も公開 [動画あり](2017年8月21日)
ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説の中でも、これほど恐れられた作品はない。「IT/イット」――それは発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた。 そし...
「エイリアン:コヴェナント」最新インタビュー映像到着! 新“戦うヒロイン”キャサリン・ウォーターストーンが語りつくす[動画あり](2017年9月11日)
巨匠リドリー・スコットが解き明かす“エイリアン誕生”の想像を絶する真実! 広大な宇宙を舞台に、“完璧な生命体”との遭遇を描き、映画史上に金字塔を打ち立てた「エイリアン」。ジェームズ・キャメロン、デヴ...
ジェニファー・ローレンス主演「マザー!」、2018年1月に日本公開決定! 予測不能なサイコ・スリラー [場面写真あり](2017年9月5日)
ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され話題を集める、「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督最新作「Mother!(原題)」の邦題が、「マザー!」に決定し、この度、東和ピクチャーズ...
エマ・ワトソン主演映画「ザ・サークル」ティザービジュアル公開! 不穏な空気が漂う場面写真も[写真あり](2017年8月25日)
エマ・ワトソンの「美女と野獣」に続く主演最新作にして、トム・ハンクス他豪華共演で贈る話題作「ザ・サークル」が11月10日(金)より全国公開となる。今回、本作のティザービジュアルと場面写真が解禁となった...