海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

「ファンタビ」ダン・フォグラー&アリソン・スドルにインタビュー! 2人の相性の良さは“必然”だった

2016年11月24日
(左から)ダン・フォグラー、アリソン・スドル(左から)ダン・フォグラー、アリソン・スドル
映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のプロモーションのため、主要キャストのダン・フォグラー&アリソン・スドルが来日を果たした。「ハリー・ポッター」の新シリーズに出演した喜びを、興奮と共に語ってもらった。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、大人気作品「ハリー・ポッター」の新シリーズ。「ハリポタ」シリーズの原作者J.K.ローリングが、脚本を手掛けた本作は、魔法の世界を舞台に、個性豊かな魔法動物たちと、彼らを研究する“魔法動物学者”ニュート・スキャマンダー(演:エディ・レッドメイン)と、その仲間たちの活躍を描く。ダンは、シリーズ初の人間(米国ではノー・マジと呼ぶ)の仲間 ジェイコブ役を、アリソンは、魔法省に務める魔法使いで、人の心が読める クイニー役を演じている。

劇中で息ピッタリの演技を見せてくれた2人に、TVグルーヴはインタビューを実施。オーディションのプロセスから撮影の舞台裏について、話を伺った。

★「ファンタビ」プロデューサー デイビッド・ヘイマンのインタビューも要チェック↓↓↓
------------------------------------

Q. 日本滞在を楽しんでいらっしゃいますか?SNSを拝見しましたが、ロボットレストランに行ったそうですね。

アリソン:そうなの!

ダン:行ってきたよ!

アリソン:一緒に行ったの。今までで一番アメイジングな出来事だったわ!

ダン:(興奮した様子で/日本語で)スゴイー(笑)!!

アリソン:日本が大好き。

#tokyo #roboto via @jennychohair

alison sudolさん(@alisonsudol)が投稿した動画 -



Fun at the RobotRestaurant! #fantasticbeastsPRESS #japan

Mrdanfoglerさん(@danfogler)が投稿した写真 -



ROBOTS #JAPAN #tokyo #inlove

alison sudolさん(@alisonsudol)が投稿した写真 -



Its #foglerTIME! #JapanSTYLE #fantasticbeastsPRESS I just WANNA THANK ALL YOU FOLKS SENDING ME LOVE you all ROCK!!!

Mrdanfoglerさん(@danfogler)が投稿した写真 -




Q. お2人は今回、オーディションで役を勝ち取られたそうですね。その際のエピソードを教えてください。

ダン:僕はオーディションのために衣装をしつらえたんだけど、今被っている帽子より少し大きくて、継ぎ接ぎしてあるようなものさ。チャーリー・チャップリンのような手袋にサスペンダーまでつけて...(ポスターを指さしながら)これに写る僕とは全く違う見た目をしていたんだ。オーディションが進み、呼ばれるたびに、僕は同じコスチュームを着て出向いたんだよ(笑)。

キャラクター・ポスター(ダンは一番右)キャラクター・ポスター(ダンは一番右)


スクリーンテストの時にエディに会ったんだけど、あんなに背が高いなんて思ってもみなかった(笑)。エディ本人はすごくチャーミングで、一緒にいるとすごく落ち着いたんだ。元々彼のファンで、自分が大好きな俳優に、好きだって伝えられるなんてクールだった。「博士と彼女のセオリー」の時、「君は絶対にオスカーを獲るよ」って伝えたら、エディはすごくうれしそうにしてくれたんだよ。

アリソン:オーディションのプロセスで、エディとはあまり会う機会がなかったの。というのも、彼とスクリーンテストをしたのは、一度だけだから。でも、彼と会うってことで、すごく緊張していたのは覚えているわ。

部屋に入って、何て声をかければいいのかわからなかった。でも、エディってば手に杖を持っていたの。「僕らが杖を持っているなんて、信じられないよ!」って興奮気味に話しかけてくれたわ(笑)。まるで5歳児のように浮かれていたわ。「この人だったら共演できる」って安心感を得た瞬間だった。それから私たちは杖で遊び始めたの(笑)。



ダン:それって超面白いじゃん。

アリソン:(ティナ役の)キャサリン(・ウォーターストン)と初めて会った時、私たちは自己紹介もないまま座らされたわ。「君たちは姉妹だよ。さあ、演技して」って言われて、まずはお互い自己紹介をしたわ。それからすぐに姉妹にならないといけなくて...。劇中でキャサリンが演じるティナは、仕事が上手くいかなくて、降格されられて、とても落ち込んでいるという役どころなの。それを知っていたから、私はキャサリンに「彼らはあなたのことをわかっていない。そんなことで気を落とさないで」って優しく声をかけたわ。

その時のキャサリンの表情がとても辛そうで、私まで心打たれてしまったの。私は彼女の後ろに立って、彼女の髪を三つ編みにしたわ。とても特別な瞬間だった。私には姉妹はいないけれど、世界中に姉妹と思える友人はいて、姉妹感というのを実感したわ。

キャスティング・ディレクターのフィオナ・ウィアーも、プロデューサーのデイビッド・ヘイマンも感動して涙を流していたわ。素晴らしいひと時だった。キャサリンが配役されてうれしかった。


Q. 劇中でのジェイコブとクイニーのストーリーは、とても心温まるものでした。お二人の演技の相性の良さを感じましたが、実際はいかがでしたか?

ダン:(日本語で)ドウモ!スクリーンテストをして、僕らの相性がピッタリだとわかったんだ。僕らが初めて出会うシーンの撮影で、彼女は衣装に身を包んでいた。キッチンでシュトゥルーデルを作るシーンだったんだけど、アリソンは本当に素敵だったんだ。彼女に目を奪われてしまったよ。(隣にいるアリソンを指しながら)素敵だろ(笑)?

アリソン:(日本語で)ドウモ(笑)!

ダン:だから、ジェイコブがクイニーに心奪われる演技をするのは、全く難しいことではなかったんだ。僕は彼女のことをキャロリン・モンローだと思っているんだ。実際はそんな人はいないんだけど、まるでマリリン・モンローの従姉妹のような人だよね。

僕らはお互い、自分のキャラクターを演じることが大好きで、それがスクリーンに滲み出ていると思う。それは、原作者・脚本家のJ.K.ローリングによるところも多いと思う。彼女は、親しみが湧きながらも、非常にアイコニックなキャラクターを作ってくれるんだ。それに助けられた部分も多かったね。



アリソン:お互い、自分のキャラクターを演じることが楽しかった。だからこそ、そんな2人が共演して、ケミストリーが生まれるのは当然のことだと思うわ。とにかく2人が出会った時のときめく感じだったり、シニカルさが全くない2人の素直な感じを表現できたと思う。監督のデイビッド・イェーツは、2人が恋に落ちるちょっとした瞬間を大事にしてくれて、アクションやアドベンチャーも満載な中で、2人の「これが恋なのかな?」といった瞬間を演じる余裕を持たせてくれたの。


Q. お二人にとって、本作は初の大作映画になります。劇中ではCGなども多用されていますが、その中で演技をするにあたり、苦労した点はありますか?

ダン:以前にも、CGが使われている映画「少年マイロの火星冒険記 3D」に出演したことがあって、CGでの芝居経験はあったんだ。まるで舞台上で演技をしているような感覚さ。モノがなくても、あるフリをする。それに、僕自身は舞台出身だから、創造力を働かせながら芝居をすることが好きなんだ。遊び感覚でできるものだからね。



今回の「ファンタスティック・ビースト」に関しては、CGの技術がだいぶ発展してきている。昔は全面グリーンスクリーンで、マーキングされていて、このマークをみながら芝居をしなくてはいけなかったけど、そういうことが徐々になくなってきているんだ。逆にCGがこちらの視線に合わせてくれるようになった。だから、アドリブを入れたりして、楽しみながら演じることができたよ。

アリソン:撮影中はパぺティア(パペットを操る人たち)も活躍したの。パペットを使った撮影が多くあって、舞台「戦火の馬」を手掛けているパぺティアたちが、パペットに息を吹き込んでくれたのよ。多少、創造力を働かせながら演技をしなくてはいけないこともあったわ。でも、杖で料理をするシーンで、目の片隅に洗濯物を干してあるラックが動いているのがわかったの。不思議に思って上を見上げると、パぺティアたちがラックを動かしていたの。そういう意味で、リアルな部分もあったわ。芝居の中で感じることも、リアリティに根ざしていた分、とてもやりやすかったわ。



(インタビューおわり)

------------------------------------

劇中でコミカルな演技をしてくれたダンは、インタビュー中も茶目っ気たっぷり。筆者が持参した大きなICレコーダーで、ゴーストバスターズのマネをして遊び始める場面もあり、笑いの絶えないインタビューとなった。アリソンも、子どもの頃から日本に来ることが夢だったとあり、通訳の話す日本語に耳を傾け、「日本語の響きが大好き」と可愛らしい笑顔で語ってくれた。

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、絶賛公開中。


【動画】映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』90秒予告


■公開情報

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

2016年11月23日(水・祝) 全国ロードショー

監督 : デイビッド・イェーツ
原作/脚本 : J.K.ローリング
プロデューサー : デイビッド・ヘイマン
出演 : エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル
配給 : ワーナー・ブラザース映画

©2016 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

■リンク

・公式サイト : warnerbros.co.jp/fantasticbeasts
・公式ハッシュタグ : #ファンタビ
・公式Facebook : facebook.com/fantasticbeastsjp
 
「ハリポタ」新シリーズ「ファンタビ」のキャスト登壇! 全世界に魔法が掛かったグローバルイベントでファン熱狂(2016年10月17日)
解けない魔法のように世界中を魅了しつづける「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファ...
新たな魔法の世界を牽引するニュートが魔法をかけた! TV Bros.5地区版の表紙を「ファンタビ」がジャック(2016年11月17日)
解けない魔法のように世界中を魅了しつづける「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファ...
「ファンタスティック・ビースト」エディ・レッドメイン、空港で予期せぬトラブルに遭遇! 原因は小道具の“杖”・・・?(2016年11月15日)
「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(...
ジョニー・デップの「ファンタビ」出演に批判の声! 余波続くドメスティックバイオレンス騒動に、原作者や監督が擁護(2016年11月14日)
人気児童書「ハリー・ポッター」シリーズの原作者であるJ・K・ローリング(51)が...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。