海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

「キングコング:髑髏島の巨神」ジャパンプレミアが開催! 初来日のトム・ヒドルストン、ちょっとした言葉からうかがえるファンへの“熱い愛”とは

2017年3月17日
トム・ヒドルストントム・ヒドルストン
(c)TVGroove.com
映画「キングコング:髑髏島の巨神」より、主演を務めたトム・ヒドルストン(36)、ブリー・ラーソン(27)、サミュエル・L・ジャクソン(68)がプロモーションのため来日。3月15日、都内にてジャパンプレミアを開催した。

映画「キングコング:髑髏島の巨神」は、言わずと知れた映画史が誇る“怪物”キングコングを描く最新作。神話の中にだけ存在するとされた謎の島へ、未知なる生物を発見するため、調査遠征隊が派遣される。だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ)》だった…

本作はすでに、ハリウッドの新たなフランチャイズ“モンスターバース”の一部であることが明かされており、2020年には、日本が生んだ“怪物”ゴジラとの共演作「Godzilla vs. Kong(原題)」の公開が予定されている。今回、プレミアの舞台に選ばれたのは、ゴジラが君臨する“新宿歌舞伎町ゴジラ・ロード”。日本の怪物が出迎えた会場にて、主人公コンラッド役トム・ヒドルストン、ヒロインのウィーバー役ブリー・ラーソン、そしてパッカード大佐を演じたサミュエル・L・ジャクソンが、ファンの前に登場した。

(c)TVGroove.com


歌舞伎町の大通りを貫くレッドカーペットに、いよいよトムが登場すると、ギッシリ詰めかけたファンは、大歓声で迎えた。トムにとっては今回が初来日ということもあり、サインや写真など、一際丁寧にファンと接していた印象だ。評判通りのサービスの良さで、なかなか移動してくれないため、早々に後続のサミュエルが到着してしまい、非常に近い距離でふたりがファンに応対するというレアな光景も。主演俳優としてメディアの応対に追われていたトムだが、なんとファン呼びかけに応じ、一旦去ったカーペット上にカムバック。再びファンサービスに応じていた。また、カメラを向けるメディアに対しても、「アリガトウ」と声をかけるなど、さすがの紳士ぶりを披露した。


サミュエル・L・ジャクソンサミュエル・L・ジャクソン
(c)TVGroove.com



ブリー・ラーソンブリー・ラーソン
(c)TVGroove.com



名残惜しそうにゲストたちがカーペットを去ると、いよいよプレミアイベントが開始。歌舞伎町のど真ん中に設置されたステージに、トム、ブリー、サミュエルに加え、日本語吹替え版で声優を務めた、GACKT(コンラッド役)と佐々木希(ウィーバー役)が登場。ところがいきなり緊急事態が発生!? 「歌舞伎町にキングコングが現れた!」というニュース映像が流れると、唸り声が響き、ステージ中央からコングが登場! “主役”との再会に、キャストも楽しそうな表情を見せ、記念撮影を行っていた。


一足早くキングコングとゴジラの共演が実現した一足早くキングコングとゴジラの共演が実現した
(c)TVGroove.com


Three Stars of @kongskullislandmovie shining for the Tokyo crowd.

Samuel L Jacksonさん(@samuelljackson)がシェアした投稿 -



「これがぼくにとって、初めての日本、初めての東京」と話すトムは、初めての日本の感想を、「みなさん、とても親切でフレンドリー。食べ物も美味しい。寿司や刺身をいただきました」と笑顔。ファンとの対面に対する感謝と喜びを語るとともに、「ゴジラの真下に立てて、エキサイティングな気分です」と、頭上から見守る怪獣にも、敬意を払っていた。

ゴジラとトム・ヒドルストンゴジラとトム・ヒドルストン
(c)TVGroove.com



映画「ルーム」での来日以来、1年ぶりに日本を訪れたブリーは、「コンバンハ!」と日本語で挨拶。「日本に来られたことに、感謝しています。東京は、世界の中でも、私が大好きな町」と、再来日への思いを語った。二度目ということで、よりディープな東京に興味があるようで、トムへのオススメとして、新宿の飲み屋街「ゴールデン街訪問」をGACKTが挙げると、「聞いたことがあるの!」と、横から予想外の食いつきを見せ、詳しい話に熱心に耳を傾けたと思えば、「行くわ!」と断言していた。

【TVGrooveが撮影した写真をインスタグラムに投稿してくれたブリー】

Yoroshiku onegaishimasu Tokyo!

Brieさん(@brielarson)がシェアした投稿 -



一方のサミュエルは、夜にも関わらず、第一声は「オハヨー!!」。「ロサンゼルスなら朝でしょ?」ととぼけて会場の爆笑をかっさらう様は、さすがベテラン? 「日本に来られて最高さ。この街はかなりドープだからな」と、のっけから“サミュエル節”を炸裂させ、「ビューティフルガール(ブリー)、ハンサムガイ(トム)、そして俺が出ているエキサイティングな映画を楽しんでくれ」と本作をPR。一方で、3月とは思えない極寒の夜に、ベアドレス姿だったブリーを気遣い、自身のジャケットを羽織らせてやるという場面では、ジェントルマンの優しさを発揮。集まったメディアや会場の様子を、私物の携帯電話で撮影するなど、マイペースに夜を楽しんでいた。

「(自分は)寒くないから平気」と答えていたサミュエル「(自分は)寒くないから平気」と答えていたサミュエル
(c)TVGroove.com


That Tokyo Red Carpet for @kongskullislandmovie last nite was Killa!

Samuel L Jacksonさん(@samuelljackson)がシェアした投稿 -



トムの吹替えを担当したGACKTは、ようやく対面した本人の印象を、「近くで見るといい男。なかなか見られない」と、そのハンサムぶりを絶賛。ステージ上では英語で直接質問をぶつけるなど、束の間の交流を楽しんでいる様子だった。また、ブリーの吹替えを担った佐々木は、「初めての吹替えはとても難しかった」としながら、本人に撮影で苦労した点を質問。「スタミナ維持に苦労したわ。走ったり登ったり、1日10時間もやっていたの。マラソンみたいだった」と、ブリーが語るその過酷さを耳にし、「すごい!」と感嘆していた。

来日キャストと日本人ゲスト来日キャストと日本人ゲスト
(c)TVGroove.com



2017年、指折りの大作について、それぞれが「早い展開の中に、ビックリする仕掛け、そして人間ドラマも非常に面白い」(GACKT)、「最後まで手に汗握る緊張感やスピード感で、楽しく見させていただきました。この映画の大ファンになりました」(佐々木)とPR。出演キャストも、「お気に入りのシーンは、コングとの二度目の遭遇。目が合って、どちらかが死に、どちらかが生き残ることに気が付くシーン」(サミュエル)、「私が愛を注ぎ込んだ作品を観てもらえることがうれしい」(ブリー)と観客に語りかけた。

主演という大役を務めたトムは、「心からのお礼を。アリガトウゴザイマス。ぼくらを日本へ招いてくれたことに。日本、東京にこの映画を紹介できたことを、心から光栄に思います。ジェットコースターみたいな映画を楽しんで。またすぐにお会いしましょう」と、ファンに語りかけた。印象的だったのが、「今日、ハローと挨拶をするため、ぼくに会いに来てくれたみなさんとお会いできて、とても幸せ」という彼の言葉。ただ単に「会えてうれしい」ではなく、「(一人ひとりと)挨拶をする」という表現から、ファンサービスに熱心な彼の人柄がうかがえた。


ステージを去る間際まで、ファンへ手を振っていたステージを去る間際まで、ファンへ手を振っていた
(c)TVGroove.com


We had such fun in Tokyo introducing #kongskullisland. My first time in Japan. Thank you to all the fans who came out to say hello!

Tom Hiddlestonさん(@twhiddleston)がシェアした投稿 -



最後には、熱心に練習したというカタカナ発音での「キングコング」で作品をアピールした来日キャストたち。息をもつかせぬ展開や、一筋縄ではいかないストーリー、エンドロール後まで見逃せない映画「キングコング:髑髏島の巨神」は、3月25日より、日本全国で公開を迎える。

カタカナ発音の「キングコング」を連発していたふたりカタカナ発音の「キングコング」を連発していたふたり
(c)TVGroove.com



■作品情報

タイトル:「キングコング:髑髏島の巨神」(原題:「KONG:SKULL ISLAND」)

あらすじ:それは簡単な任務のはずだった・・・・。侵略地拡大のため、調査遠征隊が謎の島に潜入する。しかし、そこは人が決して足を踏み入れてはならない島‐‐‐---髑髏島(ドクロ)島だった。爆弾を落とし、気軽に調査を開始した隊員たちの前に突如として姿を現す、島の守護神“コング”。巨神の圧倒的なパワーの前に唖然とする隊員たち。骸骨が散らばる島の岸壁には血塗られた巨大な手の痕跡までもが・・・。だが、悪夢はそれだけではなかった。

彼らの前には、謎の巨獣たちが次々と現れる。逃げても、隠れても、容赦なく襲いかかる巨獣たちを目の前に、人間は虫ケラに過ぎず為す術もない・・・。絶体絶命、待ったなしの猛襲が続く中、やがて明らかになる髑髏島の秘密―。果たして、コングは人類にとって悪魔なのか、神なる存在なのか―。人類は生きて、この島から脱出できるのだろうか―

出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、MIYAVI、ジョン・C・ライリー、他

監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ

日本語版吹替キャスト:GACKT、佐々木 希、真壁刀義

公式サイト://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/

(c)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
 
「キングコング:髑髏島の巨神」世界を制圧! 全米興行収入70億円で初登場NO.1を獲得&全世界興収は160億円超え(2017年3月14日)
全世界の映画ファンが待望するスクリーンの王者“キングコング”を描くアドベンチャー...
「キングコング:髑髏島の巨神」トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンなど豪華キャストがLAプレミアに集結[写真あり](2017年3月13日)
全世界の映画ファンが待望するスクリーンの王者“キングコング”を描くアドベンチャー...
サミュエル・L・ジャクソン、「キングコング」の撮影で地球の将来が不安に! 妻に太陽光パネルにしようと説得を試みるも・・・(2017年2月27日)
俳優のサミュエル・L・ジャクソンは、「キングコング:髑髏島の巨神」の撮影を通じて...
来日決定のブリー・ラーソン、「キングコング: 髑髏島の巨神」の撮影は超過酷だった! 「極寒なのに衣装はタンクトップで・・」(2017年2月22日)
映画「ルーム」での演技により昨年度アカデミー賞主演女優賞に輝いた米女優のブリー・...
トム・ヒドルストン、トーク番組にゴリラの着ぐるみ姿で登場! 一体何の目的で・・?[動画](2016年11月21日)
英俳優のトム・ヒドルストン(35)が、ゴリラの着ぐるみ姿で新作映画「キングコング...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。