海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

ジェームズ・マカヴォイ来日インタビュー! 鬼才M.ナイト・シャマラン監督映画「スプリット」で9つもの人格を演じ分けたその役作りとは?

2017年5月10日
ジェームズ・マカヴォイジェームズ・マカヴォイ
「X-MEN」シリーズなどで知られる人気実力派俳優のジェームズ・マカヴォイが、最新出演映画「スプリット」のプロモーションのために来日した。

鬼才M.ナイト・シャマランが監督を務める本作は、マカヴォイ演じる、23人もの人格を持つDID(解離性同一性障害)の男が女子高生3人組を誘拐したことから始まる驚愕のスリラー作品。全米では1月に公開され、見事3週連続で1位を獲得。日本でも大ヒットが期待されている。

5月12日(金)に公開される同作を前に、主演を務めたジェームズ・マカヴォイにインタビューを実施。多数の人格を演じ分けた方法や、シャマラン監督との意外な初対面エピソードなどをたっぷりと語ってもらった。



------------------------------------------

※本記事には映画「スプリット」に関するネタバレがあります。




Q.役作りについてですが、劇中に9人の人格が登場しますよね。その人格に共通するのが、差別化されているということと、見るものに恐怖を与えるということだと思うのですが、そのような人格を実現するにはどのような努力が必要でしたか?

ジェームズ・マカヴォイ:僕がリサーチしたのは、えーっと・・・(大あくび)失礼、時差ボケでね(笑)。解離性同一性障害(かつての多重人格障害、以下DID)の専門家に会って話を聞いたり、自分で本を読んだりしたよ。でもそれよりも重要だったのが、いつもやっていることでもあるんだけど、自分が演じるキャラクターのバックグラウンドや生い立ちを考えることだね。役作りの時はいつもそうしてるけど、今回はそれを9回やらなければならなかった。9人の全く違った人格をね。君も僕も、親がセックスをして生まれたからここにいる。だけど、この映画に出てくるキャラクターたちはみんながみんなそうじゃないんだ。(元々の人格である)ケビン以外はね。ある特定の、ケビンの中に内在する属性が独特の形で顕著化してそれが新しい人格にまでなっている。実際にそれが起きるためには、それぞれの人格にどういった主要な属性があるかを僕は見ていった。例えば人格の1人であるパトリシアは「信仰心」という属性がある。ぼくは彼女を修道女として見ていたんだ。少し屈折した修道女だけどね。他の人格のヘドウィグはサンドバッグ的な役割で、肉体的にも虐待を受けているというところで「純真さ」がキャラクターとしてあると思ったんだ。そういうようなものを各人物ごとにたどっていく、ということをしたよ。

映画「スプリット」より映画「スプリット」より


Q.今作はハリウッドでもビッグネームであるM.ナイト・シャマラン監督の作品ですね。マカヴォイさんは2015年のコミコンで偶然シャマラン監督に会って今回の出演に繋がったそうですが、その時の詳しい経緯はどんなものだったのでしょうか?また、シャマラン監督作品に対するマカヴォイさんのイメージはどんなものでしたか?

ジェームズ:そう、監督と僕はコミコンで会ったんだ。彼はどうかわからないけど、僕は結構酔ってたんだよね(笑)。監督と会った時はお互い「ヘーイ!」と挨拶して、そのとき坊主だった僕の頭を見て監督が「そんな君は初めて見たよ」と言ったんだ。僕は「初めてお会いしますね」なんて会話をしたんだけど、その時の坊主頭を見て何か思ったのか、数週間後にエージェントに連絡がきて、実際に脚本を読むことになった。脚本はとにかくページをめくるごとに衝撃を受け、驚かされ、興奮したよ。自分がこの人格の集団を演じることができるのかというところですごくワクワクした。監督のイメージは、変わった人だなと思っていたよ。描く作品も非常に奇妙でオフビートなところもあるけど、観客にはすごく受け入れられている。とてもユニークな、独立映画的なブロックバスター(大規模)作品を作る人だね。とても一緒にできないような要素を一つの映画で共存させるという人。実際に会うまでどういう仕事をするのかわからなかったけど、とにかく懸命で仕事熱心な監督だったよ。


Q.シャマラン監督のインタビューで「僕は行間にアドリブを求めるんだ」と話していた記事を見かけたのですが、本作で「ここはアドリブ」というシーンはありますか?また、ご自身がお気に入りのシーンがあれば教えてください。

ジェームズ:役者として、アドリブは常にしているよ。台本にセリフは書いてあるけど、何をするか、どう動くかなどは書いてない。だから身のこなしなどは自分で考えているよ。お気に入りのシーンは、僕がはっちゃけて踊る場面があるんだけど、それは撮影当日に追加されたシーンなんだ。他にお気に入りは・・・もう1年半前だから細かいことは覚えてないな(笑)基本的な姿勢としては脚本通りそのままやったよ。場合によっては僕から何か提案することもあったけど、10回のうち9回は監督が「ダメ」っていうんだ。でも時々「それならシーンに入れてもいいよ」って言ってくれることがあったかな。


Q.この作品やハリウッドに限らず、DIDをテーマに取り扱った作品は数多くあると思いますが、今回出演するにあたって参考にした映画や俳優さんの演技などはありましたか?

ジェームズ:いや、僕はそんなにこのテーマの映画が多いとは思わないかな。アクションや戦争映画、ラブストーリーはたくさんあるけど、DIDについての映画は3つか4つくらいしか思い浮かばないよ。「サイコ」(原題:Psycho)はDIDがテーマだって聞いたね、僕は見たことないんだけど。ジム・キャリーが出演した「ふたりの男とひとりの女」(原題:Me, Myself & Irene)はだいぶ前に見たけど、あれが僕が見たDIDに関する唯一の映画だと思う。だから今回特に参考にした映画はないし、もし仮に大量にDIDに関する映画が世の中にあったとしても、僕はそれを参考にしないと思う。僕としては、DIDに対してより自然な反応、より本物の演技をしたかったんだ。

映画「スプリット」より映画「スプリット」より


Q.最近マカヴォイさんは奇抜なキャラクターを演じたり、今までのイメージと違うような役をやることも多いと感じます。今作品でも難しい役どころでしたね。最近の役選びの基準などはありますか?

ジェームズ:僕が求めているのは、前とは違うものなんだ。役者として挑戦できるもので、同時にオーディエンスにとっても同じような気持ちをもたらすものがいいなと思ってる。例えば、みんなに楽しんでもらえるというものというよりは、僕が演じる役にあまり関心が持てなかったり嫌だなと思ってる人も、だんだん惹きつけられたり見入ってしまう鑑賞体験を提供できる役にも惹かれるね。今思うと、そういうのが自分の中での基準になってるのかもしれない。自分にとっても観客にとっても、何か異なること、学べること、得ることができるものを求めているよ。


Q.マカヴォイさん的に「スプリット」の最後の展開はどう思いましたか?

ジェームズ:最初はそういう結末だっていうことに気が付いていなかったからすごく驚かされたよ。リハーサルの4日目くらいに、実は「アンブレイカブル」に関連していることに気付いてすごく興奮した。「アンブレイカブル」のファンだしね。でも奇妙な気分にもなるね。でもまぁ、これは奇妙な作品だから(笑)。


Q.ずっと舞台に立たれているマカヴォイさん。2013年の舞台「マクベス」はかなり話題になり世界中からファンが駆けつけましたが、今後舞台の予定などはありますか?

ジェームズ:去年か一昨年?に舞台をやったけど、また来年も舞台をやる予定だよ。古典作品で、大きい作品になるけど、まだ脚本を英語に翻訳する権利を得ていない状態で、詳しくは話せないんだ。でも舞台はやるよ。


Q.9年ぶりの来日ですが、どこか行きたい場所はありますか?

ジェームズ:初来日では30時間しかいられなかったから、ちょっといいレストランに行って魚市場に行っただけだったんだ。今回はもっといろんな人に会いたかった。今回東京で色々散策して、お酒を飲みに行ったりしてそこで素敵で面白い地元の人と出会ったよ。特別に「ここに行きたい」というのはないんだけど、数日前に行った原宿はよかったよ。原宿の、あの人ごみがクレイジーなエリアじゃなくて、裏の道の方はすごく洗練されていてかっこよくて「ここなら住める!」と思ったよ。今回はすごく楽しんでいるよ。



(インタビューおわり)


------------------------------------------

■作品情報

「スプリット」
5月12日(金)全国公開!



監督・製作・脚本:M.ナイト・シャマラン
製作:ジェイソン・ブラムほか
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソンほか
2017年/アメリカ/英語/117分/原題:SPLIT/字幕翻訳:風間綾平
配給:東宝東和

公式 HP://split-movie.jp/

【動画】「スプリット」予告編


■ストーリー

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3 人は眠らされ、拉致される…

目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3 人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」

絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9 歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は 23 人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。

密室で 3 人 VS 23 人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24 人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?
 
来日中のジェームズ・マカヴォイ&シャマラン監督が、衝撃作「スプリット」を徹底解説! マカヴォイお気に入りの人格は?(2017年4月27日)
全米で公開から3種連続N0.1を獲得、世界各国でスマッシュヒットを飛ばしている鬼才M.ナイト・シャマラン監督最新作「スプリット」。この度5月12日(金)からの日本公開に先立ち、本作のPRのため主演のジ...
「スプリット」シャマラン監督&ジェームズ・マカヴォイ来日! 口外禁止のトークセッションで、マカヴォイが神対応[写真あり](2017年4月26日)
全世界を騒然とさせている衝撃作「スプリット」公開を記念し、主演のジェームズ・マカヴォイとM.ナイト・シャマラン監督が来日。いち早く本編を観られる先行上映が行われ、来日したマカヴォイ、シャマラン監督の両...
M・ナイト・シャマラン監督、映画「アンブレイカブル」続編を企画中(2017年1月26日)
インド系アメリカ人のM・ナイト・シャマラン(46)監督の次回作は、2000年に公開された映画「アンブレイカブル」の続編になりそうだ。 シャマランは世界中で大ヒットし、過去10年あまりで自身初となるト...
映画「スプリット」今度の恐怖は“分裂”する! 日本版特報&ポスタービジュアルとシャマランからのコメントが到着[動画あり](2017年2月2日)
鬼才健在をアピールした「ヴィジット」からわずか1年余、M.ナイト・シャマランがさらなる衝撃を放つ。 恐怖と緊張と興奮がスパイラルを織りなす、シャマランでなければ生み出すことができない強力なスリラー「...
映画「スプリット」、マカヴォイが男性から女性に豹変!衝撃の女装姿が収められた本編映像解禁[動画あり](2017年4月24日)
鬼才健在をアピールした「ヴィジット」からわずか1年余、M.ナイト・シャマランがさらなる衝撃を放つ!恐怖と緊張と興奮がスパイラルを織りなす、シャマランでなければ生み出すことができない強力なスリラー「スプ...
M.ナイト・シャマラン監督作「スプリット」緊迫の本予告が到着! 23の人格を持つ謎の男に誘拐・監禁された女子高生たちの運命は――?[動画](2017年3月7日)
鬼才健在をアピールした「ヴィジット」からわずか1年余、M.ナイト・シャマランがさらなる衝撃を放つ! 恐怖と緊張と興奮がスパイラルを織りなす、シャマランでなければ生み出すことができない強力なスリラー「ス...
ジャスティン・ビーバーの意外?な休日の過ごし方 一人でのんびり映画鑑賞(2017年1月25日)
世界的人気歌手のジャスティン・ビーバーが、映画館で休日を過ごしていたところが目撃された。 {{image2}} TMZによると、ジャスティンは1月23日の夜7時、ロサンゼルスのウェスト・ハリウッド...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
  • ランキング/まとめニュースはありません。
English
  • Englishニュースはありません。