海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

「ブラック・アイド・ピーズ」が10年ぶりにサマソニ出演! カミナリにも“テロ”にも負けない、感動のステージを敢行

2017年8月23日
「ブラック・アイド・ピーズ」「ブラック・アイド・ピーズ」
©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.
8月19日・20日に、東京(千葉)と大阪で開催されたSUMMER SONIC 2017に、「ブラック・アイド・ピーズ」が出演。19日、ZOZOマリンスタジアム「MARINE STAGE」で公演を行った。

「ブラック・アイド・ピーズ」がサマソニに出演するのは、2007年以来、10年ぶりのこと。当日はあいにくの荒天で、雨が降り、また雷のため中断もあり得るとの告知が行われるなど、決して恵まれた環境ではなかったが、スタジアムにはかなりの数の観客が集結。屋根がないアリーナにはぎゅうぎゅうにファンが詰めかけ、距離があるスタンド席からも大勢が見守っていた。

暗くなり始めた空に、稲妻が光る中、いよいよステージに「ブラック・アイド・ピーズ」が登場。2011年に無期限活動停止してからブランクがあった上に、紅一点ファーギー(42)の不在が話題にもなったが、ウィル・アイ・アム(42)、アップル・デ・アップ(42)、タブー(42)ら、3人のラップのキレは健在。1曲目から定番中の定番であるヒット曲を連発し、観客を大いに盛り上げてくれた。

Ha - Ha - Haaaaa!!!!! #summersonic2017 #95tillinfinity @bep

Apl.de.apさん(@apldeap)がシェアした投稿 -




いまや全員が40代となった「ブラック・アイド・ピーズ」だが、それだけに観客の煽り方も見事。親日家の顔を持つだけあって、時折日本語を交えたMCを行って笑いを誘った。マイクトラブルに見舞われ、ショーを中断せざるを得ないような場面でも、「チョット待ッテナ」とこなれた一声でファンは爆笑。「ヤバイ」「カワイイ」といったお決まりの一言は、完璧に使いこなしていた。

グループ復活以来初めて、さらに10年ぶりのサマーソニックは、日本のファンのみならず、「ブラック・アイド・ピーズ」にとっても、感慨深いものであった様子。感想はまさに「Hell Yeah」に尽きるとのことで、3人そろってこれを連発。放送禁止用語をどんどん増やし、言葉の意味を強めていく姿は相変わらずで、その健在ぶりがうかがえた。

(上段から)ウィル・アイ・アム、アップル・デ・アップ、タブー(上段から)ウィル・アイ・アム、アップル・デ・アップ、タブー
©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.
 


この日のハイライトとなったのは、終盤に披露された「ホエア・イズ・ザ・ラヴ」。もともとは2004年にグラミー賞にもノミネートされた大ヒット曲だが、マンチェスター爆弾テロ事件のため開催された慈善興業「One Love Manchester」にて、アリアナ・グランデと披露して以来、一種のアンセムのような扱いをされている。

この曲を披露するため、ウィル・アイ・アムがステージに招いたのは、韓国出身のアーティストCL(シーエル)。マンチェスターでの事件をはじめとするヨーロッパ各地でのテロ、アメリカ本国における差別の活発化など、最近の世相を反映し、間奏部分ではウィルが観客に語りかける場面があった。

CLとCLと
©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.
 

世界にはテロが起こり、アメリカにはKKKのような差別組織がいる。それでも「国籍も肌の色も、宗教も関係ない。みんなが同じ人間」だとウィルは話した。「ブラック・アイド・ピーズ」はもともと、アフリカン・アメリカンのウィル、フィリピーノ/アフリカン・アメリカンのアップル、ヒスパニック/ネイティブ・アメリカンのタブーと、マルチ・カルチュラルな背景を持つグループだ。今回、そこへ加わったのが韓国人のCLであり、ここ日本にてこのステージを行えたことは、「とても意味のあること」だと語りかけた。

「ヘイトではなく愛を」。スポットライトや照明が消され、暗くなった会場を照らしたのは、観客一人ひとりが掲げた携帯電話のライト。小さな光が集まって、広いスタジアムを明るく照らす光景は、とても印象的なものだった。

Japan looks beautiful right about now... "TOKYO!!!" #whereisthelove [?] @BEP spreading love at #summersonic with @chaelincl

i.am/theSUNさん(@iamwill)がシェアした投稿 -








ラストを飾ったのは、大ヒットシングル「アイ・ガッタ・フィーリング」。誰もが知る鉄板のナンバーに、アリーナは歌って踊ってのお祭り状態に。「ブラック・アイド・ピーズ」にとっては2010年発売の「ザ・ビギニング」以来となる新アルバム制作が明らかにされる場面もあり、盛りだくさんのショーは1時間余りで終了。ベテランの風格と、見応え充分のステージだった。

©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.
 

「サマソニ2017」初出演にしてヘッドライナーのフー・ファイターズに3万人が熱狂! 3年ぶりとなる新アルバムを9/15に発売(2017年8月22日)
9月15日(金)にニュー・アルバム「コンクリート・アンド・ゴールド」のリリースを...
 
カルヴィン・ハリス、5SOSら出演の「SUMMER SONIC 2017~MARINE スペシャル~」 WOWOWにて10月14日放送決定! 全アーティストのステージを4時間に凝縮(2017年8月22日)
■SUMMER SONIC 2017 ~MARINE スペシャル~ ♢放送日時 10月14日(土) WOWOWプライム 国内外トップアーティストが集結した「SUMMER SONIC」東京会場より、...
ウィル・アイ・アム、ファーギーの「ブラック・アイド・ピーズ」脱退を否定! ファーギー本人もツイート(2017年6月5日)
人気音楽グループ「ブラック・アイド・ピーズ」から紅一転ファーギーが脱退すると報じられたが、メンバーのウィル・アイ・アムが脱退報道を否定した。英Dailymailなどが報じている。 5月末、近く本格的...
「ブラック・アイド・ピーズ」タブー、がん闘病を告白(2016年11月18日)
米人気ヒップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」のタブー(本名:ヘイミー・ルイス・ゴメス, 41)が、精巣がんで闘病していたことを告白した。 タブーは2014年に背中とお腹に痛みを感じるように...
ブラック・アイド・ピーズ、大ヒット曲「Where Is the Love」を再リリース! J・ティンバーレイク、ジェイデン・スミスら豪華ゲストが参加[動画](2016年9月2日)
活動休止中のブラック・アイド・ピーズが、2003年リリースの大ヒット曲「Where Is the Love」のリメイク「#WHERESTHELOVE」を発表した。 ジャスティン・ティンバーレイクがフ...
アリアナ・グランデの呼びかけに豪華アーティストらが集結! リトル・ミックス、ナイル・ホーランらが慈善コンサートで圧巻のパフォーマンス[動画あり](2017年6月5日)
現地時間6月4日、英マンチェスターでアリアナ・グランデの慈善コンサート「One Love Manchester」が開催。ナイル・ホーラン、リトル・ミックス、ファレル・ウィリアムスなど豪華アーティストた...
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
ランキング/まとめ
English