海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
特集

“ラブソング・プリンセス”シェネル 来日インタビュー[その2]「谷村新司さんの『昴 -すばる-』が全ての始まり」

2013年8月15日
シェネルシェネル
“ラブソング・プリンセス”シェネル 来日インタビュー[その1]「まさか日本で成功すると思わなかった」からの続き


Q. 前作「ビリーヴ」から英語と日本語をミックスさせたスタイルを確立させていますね。それはご自身のアイデアだったのですか?

A.
レコード会社の人と話しているときに、「昴 -すばる-」(谷村新司)の曲について話したことがあったの。この曲は私が小さいときに父がよくカラオケで歌っていたのよって話から、もし私が日本語で歌を歌ったらどうなるだろうっていう話になったの。それで「Missing」(久保田利伸)という曲をカバーすることになって、そこからJPOPのアルバムを作ってみようって話にまでなったの。クレイジーよね。全ては何気ない会話から始まったの。


Q. 最新アルバム「アイシテル」は愛が詰まったアルバムになっていますが、どういった方に聞いてほしいですか?

A.
愛の詰まったアルバムというと、自動的にカップルや夫婦、恋愛中の人のためにって思っちゃうだろうけど、あらゆる人に聞いてほしいわね。このアルバムのテーマはもちろん「愛」だけど、ポジティブな内容、さまざまな経験がいっぱい詰まっているから、共感してもらえることがたくさんあると思うの。恋愛を知らない若い子でも真実の愛がどういうものなのかを知ってもらえると思うわ。


Q. 将来、コラボレーションしてみたいアーティストはいますか?

A.
ブルーノ・マーズかしら。彼が大好きなの。(日本のアーティストでは)そうね…。MONKEY MAJIKかしらね。


Q. 最近、ニコラス・エドワーズ、マット・キャブ、クリス・ハートといった海外在住・英語圏の人たちが、日本語で歌を歌うという“逆輸入型歌手”が増えつつあります。その第一人者であるシェネルさんはその傾向についてどう考えていますか。

A.
ちょっと考えちゃうわ。ワーオ…。他の人にとってのパイオニア的存在になれたのならうれしいわ。それが私の仕事でもあると思うから。でもそんな風に考えたことなかったから、本当にすばらしいわ。私からインスピレーションを得て、自分の成功に向かって突き進んでいる人がいるっていうのは本当にうれしい。彼らがアーティストとして成功することを願っているわ。


Q. “ラブソング・プリンセス”と呼ばれることについてどう思いますか?

A.
本当に光栄に感じているわ。間違いなく、自分だったらそういった名前はつけないもの。皆が私の音楽を聴いて、そういう風に感じてくれることにすごいインスピレーションを感じるわ。もっとすばらしい音楽を聴いてもらいたいっていう気持ちが高まったし、本当に勇気づけられたわ。その名に恥じないよう、これからも成長し続け、すばらしいアーティストでありたいと思うわ。



--------------------------------------------------

【動画】「アイシテル」PV



■ リリース情報

アイシテル (初回生産限定デラックス盤)(CD+DVD)
シェネル
ユニバーサルミュージック (2013-08-07)
売り上げランキング: 49



※発売中

◆アイシテル (通常盤) 価格: 1,980円

◆アイシテル (初回生産限定デラックス盤)(CD+DVD) 価格: 2,980円(税込)


公式サイト: //www.emimusic.jp/intl/chenelle/

公式ブログ: //ameblo.jp/chenelle-blog/
 
関連ニュース
海外ニュース
国内ニュース
DVDニュース
特集記事
  • 関連特集記事はありません。
ランキング/まとめ
English
  • Englishニュースはありません。