ビービー・レクサ、音楽業界の闇を暴露 「プロデューサーにレイプされると思った」女性がひとつになれるよう呼びかけ

ビービー・レクサ

歌手のビービー・レクサ(30)が、音楽業界の闇の部分を包み隠さずに話し話題となっている。

先日誕生日を迎えたばかりのビービー・レクサは、英国版コスモポリタンの表紙&インタビューに登場。そこで彼女が音楽業界で受けてきた性的嫌がらせ、パワーハラスメントなどの体験を赤裸々に語った。

コスモポリタン表紙

ビービー・レクサは「ロサンゼルスに初めて来た時、とても有名なプロデューサーと仕事をした。彼は私を大勢のソングライターやエンジニアと同席させたんだけど、彼らはみんなドラッグでハイになっているようだった」と話し始める。

「とある作曲家が部屋に入ってきてこう言ったの。『君にはヒット曲はない、俺はたくさんある、だから俺が下の階でパーティをしてる間に君が曲を書いてレコーディングをしてアレンジもしろ。その曲は俺たちが一緒に作ったということになるんだ』」

「私のスタジオに来て、私の足をマッサージしたプロデューサーもいた。一度彼の手は私のひざより上にきて、力が強くなったからとっさに足を引いた。そしたら彼は『だめだめ、俺はやりたいことをやるよ』って言った。でも私は、体を触られたくない人に絶対に触らせないように育てられてたの。彼はすごく有名なプロデューサーだし、私にはヒットソングがなかったからマネージャーにはただ彼と仕事をしろって言われていたけど」

新曲「Not 20 Anymore」

「とある夜、私がスタジオで一人でいた時に(上記とは別の)プロデューサーが男5、6人で入ってきたの。彼の過去についての噂は聞いたことがあったから、耐えられなかった。レイプされると思った。私は静かにタクシーを呼んでどうにか逃げたけど、最悪の夜だったわ」

ビービーを業界の闇から救ったのは、意外にも歌手ケシャの母であったという。ケシャはプロデューサーのドクター・ルークに発掘されデビューしスターとなったが、実は彼女は約10年にも渡り、ルークから性的暴行・精神的な虐待を受けていたとし、彼を相手に訴訟を起こしている。

とある晩、ケシャとケシャの母とディナーパーティで遭遇をしたというビービー。「ケシャのお母さんがわたしのところへやってきて、『やめなさい』とささやいたの。彼女はドクター・ルークのことを言っていた。音楽業界は暗い場所にもなり得るけど、彼女は私に自分の娘(ケシャ)の様になってほしくなかったのかもしれない。わたしはそのアドバイスに従ったし、彼女を信じるという決断はわたしの最高の選択だった」

ビービー・レクサは現在、音楽業界で働く女性をサポートし導く団体「Women in Harmony」を立ち上げ、女性がひとつになれるよう訴えかけている。

ケイティ・ペリー、今度は女性からセクハラで訴えられる! 「無理やりキスされそうになった」

2019年8月16日

ダヴ・キャメロンがセルフィー写真でフェミニスト宣言! 「自然な体を隠さないで」[写真あり]

2019年8月15日

エマ・ワトソン、職場でのセクハラに悩む女性たちに法的アドバイスをする無料相談ダイヤルを設置

2019年8月8日

「SATC」サラ・ジェシカ・パーカー、大物俳優からセクハラを受けた過去を告白! 「彼はイカれていたわ」

2019年7月8日

ファンからセクハラを受けたマイリー・サイラス、「自業自得」と言われ激怒! 「私の自由の邪魔をするな」[写真あり]

2019年6月5日
tvgrooveをフォロー!