銃社会を重要視するマイケル・ムーア監督、映画『ジョーカー』を大絶賛! 「この物語が提起する問題は非常に深く、我々に必要」

『ジョーカー』
『ジョーカー』予告編より

医療問題や金融問題、トランプ大統領批判などのドキュメンタリー映画を製作し、アメリカ社会にメスを入れ続けているマイケル・ムーア監督が、映画『ジョーカー』を大絶賛した。

マイケル・ムーアといえば、銃社会を風刺した『ボウリング・フォー・コロンバイン』でアカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した経験を持つ。銃社会に疑問を持ち訴えかけ、コロンバイン高校の乱射事件をドキュメンタリー内で取り上げていた。

これまで映画『ジョーカー』の上映を巡っては、12人の死者と70人以上のケガ人を出した乱射事件の発生場所、米コロラド州オーロラの映画館での上映をしないことが決定したり、アメリカ国内では「暴力を誘発する」と物議を醸していた。

そんな中、銃社会を告発していたマイケル・ムーアが『ジョーカー』の感想をインスタグラムに投稿。強烈な批判が来ると思いきや、とてつもない大絶賛の感想だった。

View this post on Instagram

On Wednesday night I attended the New York Film Festival and witnessed a cinematic masterpiece, the film that last month won the top prize as the Best Film of the Venice International Film Festival. It’s called “Joker” — and all we Americans have heard about this movie is that we should fear it and stay away from it. We’ve been told it’s violent and sick and morally corrupt. We’ve been told that police will be at every screening this weekend in case of “trouble.” Our country is in deep despair, our constitution is in shreds, a rogue maniac from Queens has access to the nuclear codes — but for some reason, it’s a movie we should be afraid of. I would suggest the opposite: The greater danger to society may be if you DON’T go see this movie. Because the story it tells and the issues it raises are so profound, so necessary, that if you look away from the genius of this work of art, you will miss the gift of the mirror it is offering us. Yes, there’s a disturbed clown in that mirror, but he’s not alone — we’re standing right there beside him. “Joker” is no comic book movie. The film is set somewhere in 1970s Gotham/New York City, the headquarters of all evil: the rich who rule us, the banks and corporations whom we serve, the media which feeds us a daily diet “news” they think we should absorb. But this movie is not about Trump. It’s about the America that gave us Trump — the America which feels no need to help the outcast, the destitute. The America where the filthy rich just get richer and filthier. Thank you Joaquin Phoenix, Todd Phillips, Warner Bros. and all who made this important movie for this important time. I loved this film’s multiple homages to Taxi Driver, Network, The French Connection, Dog Day Afternoon. How long has it been since we’ve seen a movie aspire to the level of Stanley Kubrick? Go see this film. Take your teens. Take your resolve.

A post shared by Michael Moore (@michaelfmoore) on

水曜日の夜に、ニューヨーク国際映画祭に参加したというムーア監督。「この映画は暴力的で、道徳的に腐敗していると言われている」米国民の意見を述べた上で「私はこの映画を見に行かないと、この社会に大きな危険が及ぶ可能性があると思う。この物語が提起する問題は非常に深く、私達に必要なもの」とコメントした。また「ホアキン・フェニックス、トッド・フィリップス、ワーナー・ブラザース、そしてこの重要な映画を作った全ての人に感謝します」と謝意を示した。

賛否両論が分かれる『ジョーカー』だが、世界全体での興収は2億3400万ドルを突破。爆発的ヒットとなっている。

ホアキン・フェニックス

ホアキン・フェニックス、新作『ジョーカー』の役作りのため約24キロ減量! 病的なほど体重に執着していた

2019年10月1日
『ジョーカー』USプレミア

今世紀最大の衝撃作の公開目前! 『ジョーカー』初お披露目の 超豪華USプレミア開催

2019年9月30日
ホアキン・フェニックス

バットマンの宿敵ジョーカーの誕生秘話を描く話題作『ジョーカー』主演に抜擢されたフォアキン・フェニックス、輝かしいキャリアの中でも「最高にすばらしい経験」と語る

2019年9月11日

バットマンの宿敵誕生を描く! ホアキン・フェニックス主演「ジョーカー」、日米同時の10月4日公開決定[特報あり]

2019年5月10日