「バットウーマン」ルビー・ローズ、俳優ダグレイ・スコットの撮影現場での“最悪な態度”を告発! しかし、ワーナー側はダグレイを擁護、ダグレイ本人も真っ向から否定

ダグレイ・スコットとルビー・ローズ
ダグレイ・スコットとルビー・ローズ

DCドラマシリーズ「バットウーマン」をシーズン1で降板した女優のルビー・ローズが、現場の環境が劣悪だったと告発したことが各メディアで取り上げられたが、その後ワーナー・ブラザース側が、ルビーの告発の中にあった俳優のダグレイ・スコットを擁護した。

ダグレイ・スコット↓↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Batwoman(@cwbatwoman)がシェアした投稿

ルビーは、インスタグラムのストーリーに、「ダグレイは、女性のスタントダブルを傷つけ、“リトル・ビッチ”というような感じでその女性に怒鳴り、悪魔のようだった」と投稿していた。「彼は好きな時に(現場から)出ていって、好きな時に来たわ。彼は女性をいじめていたので、私はショーの主役として、怒鳴らないというポリシーを求めるメールを送ったの。でも彼らはそれを却下した」と続けた。

しかし、その後ワーナー・ブラザースは、The Postに寄せた声明の中で「我々はローズ氏のスコット氏に対するコメントを非難します」としている。「ワーナー・ブラザースは、スコット氏が完璧にプロフェッショナルであることを認めています。彼のいじめや、彼側からの虐待行為について申し立てを受けたことはありません。スコット氏は同僚からとても尊敬されておりますし、賞賛されています。撮影現場ではリーダー的存在でした」と続けた。

また、複数の関係者がThe Postに語ったところによると、ダグレイと彼の家族はルビーの発言によって、とても困難な時間を過ごしていたという。彼はすでに自分を擁護しており、Wrap紙に次のような声明を発表した。「ワーナー・ブラザース・テレビジョンが述べているように、職場での振る舞いに関する複数の苦情に基づいて、彼らはシーズン2にルビーを起用しないことを決定しました」「彼女が私に対して行った名誉毀損や損害賠償請求は、まったくの作り話であり、一度も起こったことがありません」。

一方、ルビーは闘う姿勢を見せており、ショーランナーであるキャロライン・ドリスや、同番組の制作会社であるベルランティ・プロダクションズのグレッグ・ベルランティとサラ・シェクターも非難している。

ルビー・ローズ

ドラマ「バットウーマン」の現場はパワハラ&セクハラだらけ!? 主演女優ルビー・ローズが降板した本当の理由を告発! トンデモない卑猥な行為、けが人続出の危険極まりないセット・・ 劣悪すぎる撮影環境を暴露…「もういくら積まれても戻らないわ」

2021年10月22日
ジャヴィシア・レスリー

「BATWOMAN / バットウーマン」シーズン2、黒人初のバットウーマンを演じるジャヴィシア・レスリーにインタビュー!新たなキャラの魅力について語る[写真あり]

2021年1月26日
BATWOMEN バットウーマン<シーズン1>

「BATWOMAN」日本初上陸!“バットウーマン”を演じる主演 ルビー・ローズの貴重なインタビューが到着!キャラクターや本作への想いを語る

2020年8月12日
ルビー・ローズ

ルビー・ローズ、「バットウーマン」降板後の心境をついに明かす!「これまでも黙ってきたけれど…」

2020年5月29日
ルビー・ローズ

ルビー・ローズがDCドラマ「バットウーマン」をシーズン1で降板したその理由とは?「これは“別れ”だった」

2020年5月21日
tvgrooveをフォロー!