ドラマ「バットウーマン」の現場はパワハラ&セクハラだらけ!? 主演女優ルビー・ローズが降板した本当の理由を告発! トンデモない卑猥な行為、けが人続出の危険極まりないセット・・ 劣悪すぎる撮影環境を暴露…「もういくら積まれても戻らないわ」

ルビー・ローズ
ルビー・ローズ

女優のルビー・ローズが、主演を務めていたテレビシリーズ「バットウーマン」を降板した理由について、「労働環境が劣悪だった」と告発している。

ルビー・ローズが、「バットウーマン」シリーズからの離脱を発表したのは昨年のことだった。そして今回、その理由について劣悪な労働環境があったことを明かしたのだ。

ルビーは自身のインスタグラムにて、「もういい加減にして!」と訴えると、ワーナー・ブラザーズ・テレビジョン元会長ピーター・ロスに対し「これから全世界に対して、現場で何が起こっていたのかを明らかにするわ。まずはピーター・ロス、あなたよ。あなたはズボンを履いたまま、若い女性スタッフに股間部分に衣類用スチームを当てさせたわね。あなたが会長職を辞したのは、その行為がやめられなかったからかしら?それとも、その女性スタッフが不服を申し立てないように私立探偵に調べさせ、女性の言い分が自分のものと異なっていると知るやいなや解雇したからかしら?どちらにしろ、あなたにはさらなる困難が待っているからね」と、パワハラ及びセクハラを告発した。

さらにルビーは、バットウーマン撮影中に負ったとする首のケガの写真を公開。手術を受けなければならないほどの重症だったことを告白した上で、「私のバットウーマンをみて、『体が硬すぎる』って言った人たち!このケガの10日後に仕事復帰しているところを想像してみてよ。10日よ!?そうしなければ、全てのスタッフが職を失い、みんなを路頭に迷わせてしまうところだったの。ピーター・ロスは言ったわ。『配役を変更するつもりはない』って。それに、(私がケガをしたことで)スタジオに数100万ドルの損害が出てしまったの」と、付け加えた。

またルビーは他のスタッフについても、撮影現場で火傷や大けがを負っていたと告白。危険な撮影環境だったと訴えた。

そして「だから最後に、みんなにお願いしたいの。どうか私に『あの番組に戻れ』って言わないで。いくら積まれても、頭に銃を突きつけられても絶対に戻らない。私は自分から辞めたわけではない。辞めていない。彼らはケイト・ケインを、そしてバットウーマンをめちゃくちゃにしたのよ」と投稿を締めくくっている。

なおこの投稿には、同番組のショーランナーのキャロライン・ドライスと、Berlanti Productionsのサラ・シェクター、グレッグ・バーランティらがタグ付けされている。

エミリー・ラタコウスキー

セクハラ被害を告白した人気モデル、幼いころから性的な目で見られることに悩まされていた! 「教師に下着を盗まれそうになった」・・ 仕事も巨乳を露出する撮影ばかりに

2021年10月8日
エミリー・ラタコウスキーと、ロビン・シック

ハダカの胸をさわられたスーパーモデル、悪質なセクハラについてこれまで沈黙を保ってきた理由とは・・? 「私は当時無名だったし・・」

2021年10月7日
『ロード・オブ・ザ・リング』でフロドを演じたイライジャ・ウッド(右)

映画『ロード・オブ・ザ・リング』に登場するオークはあの一大セクハラスキャンダルを起こした実在の人物がモデルだった! イライジャ・ウッドが衝撃告白・・いまになって明かしたワケとは?

2021年10月6日
スカーレット・ヨハンソン

スカーレット・ヨハンソン、ゴールデン・グローブ賞の運営組織を批難「性差別的な質問やセクハラまがいの発言に直面することが多かった」

2021年5月10日
ジェームズ・フランコ

セクハラで訴えられていたジェームズ・フランコ、元生徒らと示談で起訴が取り消しに

2021年2月22日
左からウィロー・スミス、ジェイデン・スミス、シェーン・ドーソン

ジェイデン・スミス、YouTuberのシェーン・ドーソンをセクハラ行為でバッシング! 「妹ウィロー・スミスが11歳の時に性的対象として見てきた」

2020年6月30日
tvgrooveをフォロー!