ザ・ウィークエンド、ジョージ・フロイドさんの死を受け3つの支援団体に5400万円を寄付

ザ・ウィークエンド
ザ・ウィークエンド

歌手のザ・ウィークエンドが、先日警官に殺害され亡くなったジョージ・フロイドさんの事件を受け、3つの支援団体に50万ドル(約5380万円)を寄付したことが明らかになった。

米時間5月25日(月)、ミネソタ州ミネアポリスで、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさんが白人警察官のデレク・ショーヴィンに7分以上にわたり首を圧迫され、そのまま亡くなるという悲惨な事件が起きた。

人種差別は根深くこれまでにも白人警官が黒人を虐待する、殺害する事件は何度も起きており、今回もこの人種差別の象徴ともいえるこの事件に対し、全米各地で抗議デモが行われ、一部では暴徒化する事態となっている。

そんな中、歌手のザ・ウィークエンドが、3つの支援団体に多額の寄付をしたことが明らかになった。

ザ・ウィークエンドはインスタグラムで「BLACK LIVES MATTER(黒人の命は重要)」の画像と、支援団体へ寄付した証拠のスクリーンショットを公開した。

ザ・ウィークエンドは、人種平等を推進する団体「Black Lives Matter Global Network」に20万ドル(約2150万円)、アメフトのコリン・キャパニック選手の「Know Your Rights Camp」に20万ドル(約2150万円)、そして黒人の保釈金や交番前拘留なくす手助けをする団体「National Bail Out」に10万ドル(約1075万円)の計50万ドル(約5380万円)を寄付した。

この投稿にザ・ウィークエンドは「黒人の命のために実際に変化を推進し、すべてのリスクを冒しながらもがんばっている、兄弟姉妹のサポートを続けてください。お金に余裕のある人はできるだけ大きな額を、少ない場合でもできるだけの寄付をお願いします」と呼びかけた。

ドレイクも「National Bail Out」に寄付し、ブレイク・ライブリー&ライアン・レイノルズ夫妻が全米黒人地位向上協会に寄付、ハリー・スタイルズも抗議デモで拘留されてしまった人々の保釈金をサポートする団体に寄付したと明かしている。

空に掲げられた横断幕

殺害されたジョージ・フロイドさんの、最後の言葉「お願いします 息ができません」が全米各地の空を舞う

2020年6月3日
メッセージを送るジョージ・フロイドさんの遺族

亡くなったジョージ・フロイドさんの遺族が、暴徒化する人々へメッセージ 「暴力を振るっても兄は戻ってこない」[動画あり]

2020年6月2日
レディー・ガガ

レディー・ガガ、殺害された黒人男性ジョージ・フロイドさんの事件を受け長文で声明を発表! 「トランプ大統領が与えるのは偏見と無知さのみ」

2020年6月1日
ジョージ・フロイドさんを殺害したデレク・ショーヴィン

黒人男性ジョージ・フロイドさんを殺害した白人警官、刑務所では「自殺の恐れがあるため常に監視されている」と関係者

2020年6月1日
起訴された元警官デレク・ショーヴィン

黒人男性ジョージ・フロイドさんを殺害した白人警官が殺人罪で起訴&妻が離婚を申請 「奥さんはフロイドさんの死に打ちひしがれている」

2020年5月31日
tvgrooveをフォロー!