『ファンタスティック・ビースト』エディ・レッドメイン、J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言にコメント「僕は同意できない」

エディ・レッドメイン
エディ・レッドメイン

『ファンタスティック・ビースト』シリーズで知られる人気俳優のエディ・レッドメインが、先日から非難が殺到している「ハリー・ポッター」シリーズ原作者であるJ.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言について声明を発表した。

J.K.ローリングは6月6日午後、「新型コロナウィルスが、いかに世界の“月経がある人”の健康状況を変えたか」といったタイトルの記事のリンクを貼り、ツイッターに投稿。そこで、「月経のある人=女性(ウィメン)」と書かないことを指摘したことが「反トランスジェンダー的だ」として非難が殺到した。その中には「あなたの本を昔愛していたなんて信じられない」などファンからの怒りのコメントもあった。

この彼女のツイッターに、『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフや、「クィア・アイ」ジョナサン・ヴァン・ネスがコメントをする中、エディ・レッドメインもVarietyにて声明を発表した。

「J.K.ローリングと、そしてトランスコミュニティーのメンバーとして両方と仕事をしてきたので、僕は自分の立場を明確にしたかったんです」「僕は彼女のコメントに同意できません。トランスウーマンは女性であり、トランスマンは男性なのです。ノンバイナリー(自分が男でも女でもない、もしくは両方を持ち合わせている性別のこと) アンデンティティは正しいのです。このコミュニティを代表して話したいとは思いませんが、親愛なるトランスジェンダーの友人や同僚たちが、アイデンティティに関する、この絶え間ない質問にうんざりしています。そして、そのせいで暴力や虐待が頻繁に起こっていることも知っています」

「彼らはただ、平和に自分たちの人生を生きたいと思っているだけなのです。そして、彼らにそうさせてあげる時がきたのです」と、J.K.ローリングの発言を真っ向から否定した。

エディ・レッドメインといえば、世界初の性別適合手術を受けた人物・リリー・エルベを題材とした映画『リリーのすべて』で、自分のアイデンティティについて悩む主人公を見事演じ、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞の主演男優賞にノミネートされていた。

ダニエル・ラドクリフと、J.K.ローリング

ダニエル・ラドクリフ、J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言に対し持論を展開「トランスジェンダーの女性は、女性だよ」

2020年6月10日
ジョナサン・ヴァン・ネス

「クィア・アイ」ジョナサン・ヴァン・ネス、J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言に激怒!「トランスウーマンは女性」

2020年6月9日
J.K.ローリング

『ハリー・ポッター』作者J.K.ローリング、またも反トランスジェンダー的発言をし炎上! 「月経がくる人たちのことをなんと呼んでたんだっけ・・・?」

2020年6月8日

「ハリー・ポッター」作者J.K.ローリング、反トランスジェンダーの意見を支持し大炎上! 「トランスの人々を抹殺しようとしている」との批判も

2019年12月20日
tvgrooveをフォロー!