人気DJアヴィーチー、自殺前の最後の日記が1月に公開される・・薬物やアルコール依存症で苦しんでいたアヴィーチーが最後に残した言葉は

アヴィーチー
アヴィーチー

2018年4月にこの世を去った人気DJアヴィーチー(享年28)。彼の自殺前の最後の日記がMåns Mosessonの新刊 「Tim - The Official Biography of Avicii”」に掲載されることが決定した。1月18日に発売される同書では、アヴィーチーの精神面や薬物乱用の問題などについても説明されるようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Avicii(@avicii)がシェアした投稿

アヴィーチー(本名:ティム・バークリング)は、スウェーデン出身の音楽プロデューサー/DJ。世界最高峰の音楽祭典「グラミー賞」では2度ノミネートされるなど人気を博していた。アヴィーチーは、キャリア絶頂期であった2016年、年内をもってDJ活動を休止することを突如として発表。決断の裏には長年抱えてきた「健康問題」があったといい、ウェブサイトを通じて公開されたファン宛ての手紙には、「決して音楽を手放すようなことはしません」と、コンサート活動は引退しても音楽制作は続ける決意を表明していた。しかし彼は28歳のとき、ガラス瓶をつかって自ら命を絶った。

「Tim - The Official Biography of Avicii”」の著者は、彼の両親、家族、友人、同僚に、アヴィーチーのキャリアや人生について話を聞いており、同書には、薬物やアルコール依存症でリハビリや病院に入院していたときの記録も含まれるという。

New York Postの報道によると、アヴィーチーは日記に「ビールを飲む前に、少なくとも1年は待つようにとすべての医者から強く勧められたが、もう二度と飲まないということを受け入れるために、すごくハードな時間を過ごした」とつづっていたようだ。

アヴィーチー

故アヴィーチーの父親、晩年の彼について語る「彼はアヴィーチーになりたかったわけではなくて…」輝かしいキャリアの裏で、アヴィーチーが抱えていた悩みとは・・?

2021年12月13日
アヴィーチー photo by Sean Eriksson

アヴィーチーの代表曲「レヴェルズ」発売から丸10年! 2016年に開催された大阪公演のライヴセットが配信開始

2021年10月28日
アヴィーチー 2016年「AVICII来日公演」写真__Photo by Sean Eriksson.jpg

アヴィーチー、“最初で最後のジャパン・ツアー”のライブ音源を初放送決定

2020年9月4日
アヴィーチー

アヴィーチーのミュージアム「Avicii Experience」が、2021年にストックホルムでオープン

2020年6月11日
Avicii, Feat. MishCatt - Fades Away (Tribute Concert Version)

アヴィーチー、12/6の早朝に生配信された追悼コンサートのアーカイブが公開中! 遺作『TIM』収録曲の新ヴァージョンの配信も開始

2019年12月8日
tvgrooveをフォロー!