リア・ミシェルとブロードウェイで共演の俳優、「悪夢でしかなかった」! 謝罪文に対しても「責任転嫁せずきちんと謝るべき」

リア・ミシェル(左)、ジェラルド・カノニコ
リア・ミシェル(左)、ジェラルド・カノニコ

先日、共演者複数人から「差別をうけた」と告発された、「glee/グリー」出演で知られる女優リア・ミシェル。彼女とブロードウェイの舞台で共演した俳優のジェラルド・カノニコが、共演することは「悪夢だった」と書いた。

5月29日、リア・ミシェルは現在世界中で議論されている「Black Lives Matter(黒人の命は重要)」運動のいっかんでツイート。この運動は、先日黒人男性のジョージ・フロイドさんが無抵抗であったにもかかわらず、白人警官に首を圧迫され殺害されたことがキッカケで起こったもので、黒人に対する人種差別をやめようと呼びかけ、行動するムーブメント。リア・ミシェルもこの件に関し「ジョージ・フロイドさんがこんな目に遭うなんて不当。こんな事件は初めてではないし、終わらなければならない #黒人の命は重要」とツイートした。

しかしこのツイートに対し、「glee」シーズン6で共演した女優のサマンサ・ウェアがリプライ。そこで「爆笑。あなたは私のテレビデビューを地獄みたいにしてくれたの覚えてる?私は絶対に忘れない。あなたはチャンスがあれば私の“ウィッグにクソ”してやるって全員に言ってたでしょ。トラウマ的な自覚なき差別を見て、ハリウッドでの成功というものに疑問を覚えた・・・」と、リアから“自覚なき差別”を受けたこと、彼女に言われた衝撃の言葉などを告白。また他のキャストも「リアはエキストラを“ゴキブリ”と呼んでいた」「仲間ではないと言われ、一緒のテーブルに座らせてくれなかった」などと次々と告発ツイートをしたのだ。

さらに今回リアの態度について口を開いたのは、彼女とブロードウェイの舞台「春のめざめ(Spring Awakening)」で共演した俳優/歌手のジェラルド・カノニコ。リアはこの一連の批判に関し、インスタグラムにて謝罪文を投稿したのだが、ジェラルドは納得がいかなかったようで、この投稿に直接コメント。

彼は1度書いたものの削除されたようで、「削除されたからまた書く。君は僕や代役キャストたちにとって悪夢以外のなにものでもなかった」とコメント。さらに「君は、僕たちがそこ(ブロードウェイ)にふさわしくないという気分にさせた。何年もの間、君に優しくしようとしたけど無駄だった。『他の人がどう感じたか』に責任転嫁するんじゃなく、きちんと謝ったらどうだ。まぁこれも削除するんだろうけどね」と訴えた。

リアは謝罪文で「私の振る舞いが人を傷つけたことを謝罪します」と綴った。しかし「人をバックグラウンドや肌の色で見下したことはありません」「言ったことは覚えていない」や「自分の振る舞いに対して、人がどう思ったかを考えさせられた」といった文章に疑問を覚える人々もおり、「最悪の謝罪文」などと批判のコメントも寄せられている。全文訳は以下。

リアの謝罪

「ここ数週間で学んだ最も重要な教訓は、様々な人の観点をじっくり聞き、学んで、彼らが直面している不正に関して話すということです。先日のツイート(ジョージ・フロイドさんについてのもの)は、有色人種の友人やコミュニティに対してサポートを表すためにしたものです。しかし私が受け取ったレスポンスは、私の共演者への振る舞いに対し彼らがどのように感じ取ったかを考えさせられるものでした」

「あのような事を言ったことは覚えていませんし、人をバックグラウンドや肌の色で見下したこともありません。でもそれは関係なくて、重要なのは私が人を傷つけるような行動をしていたということです。私の(キャスティングの)ポジションが優遇されていたものだったから、相手に“不適切だ”と思われるような振る舞いをしていたのか、もしくは私の未熟さや意味もなく難しい性格になっていたのか、どちらにせよ私の振る舞いやそれによって傷ついた人へ謝罪します」

「私達はみな成長して変わることができるし、ここ数ヶ月私は自分の欠点をかなり反省しました」

「私は後数ヶ月で母親になるし、より良い自分になって自分の行動に責任を取る必要があることはわかっています。子供のお手本になって、自分の教訓や過ちを子供に教え、彼らもそれから学ぶために。私に対する批判の数々に目を通し、学び、とても申し訳なく思っています。同時にこの体験から、将来はより良い私になります」

リア・ミシェル

差別を告発された「glee」リア・ミシェルが謝罪 「人を傷つける振る舞いをしていました」 しかしこれに対しさらなる批判の声も

2020年6月4日
リア・ミシェル(左)、ヘザー・モリス

「glee」ヘザー・モリス、差別を告発されたリア・ミシェルと共演するのは「かなり不快だった」! 「彼女は告発されるべき」と衝撃のコメント

2020年6月4日
リア・ミシェル

「glee」リア・ミシェル、差別を告発され広告の契約打ち切りへ 「私達はいかなる差別も許しません」

2020年6月3日
リア・ミシェル(左)、サマンサ・ウェア

リア・ミシェル、「glee」共演者複数人から差別を告発される 「リアは私の“ウィッグにクソをしてやる”って全員に言い回ってた」衝撃の告白内容とは

2020年6月3日
tvgrooveをフォロー!