「ハリー・ポッター」J.K.ローリング、トランスジェンダーに関する発言が再び炎上! 「ペニスを持つレイプ犯は女性だ」というツイートにネット民が反論、「よくない形で固執している」

J.K.ローリング
J.K.ローリング

ハリー・ポッター』の原作者として知られる作家のJ.K.ローリングが、トランスジェンダーの議論に再びモノ申し、炎上する事態となっている。

J.K.ローリングは12月13日(月)、自身のツイッターを更新。「警察がレイプ犯を女性として記録することの『不条理』」と題されたタイムズ紙ロンドン版の記事のリンクを貼り付けたうえで、作家ジョージ・オーウェルのSF小説「1984」から「戦争は平和だ。自由とは奴隷だ。無知は強みだ」というフレーズを引用しつつ、「ペニスを持つレイプ犯は女性だ」と付け加えて投稿したのだ。

ローリングがリンクを貼り付けたタイムズ紙ロンドン版には、「スコットランド警察はレイプ事件の容疑者が自身の性別を『女性だ』と自称する内容を認めた」との内容の記事が掲載されていた。

このツイートの後、ローリングのアカウントは大炎上。多くのユーザーが彼女を非難し、「彼女はトランスジェンダーの問題によくない形で固執している」と指摘した。

ポッドキャスト番組のキャスターのロブ・ルソーは「文字通り豪邸に住むほどの人物なのに、こんなことに時間を費やすなんて」とコメント。さらにプロデューサーのブレッド・アーリックは「ローリングはなんでこんなくだらないことにこだわっているんだろう」とあきれる様子を見せた。

ローリングは昨年6月にも、トランスフォビア(同性愛嫌悪)と受けとられる発言をして物議をかもしている。

「コロナ後は、月経のある人々にとってより平等な世界をつくる」と題された記事を引用し、「月経のある人々、昔はそういう人たちを指す言葉があったはずだけど。誰か教えて。ウーベン?ウィンプド?ウームド?」とツイートした。

この発言には一般の人々からだけでなく、エマ・ワトソンら映画版『ハリー・ポッター』の出演者からも非難され、ローリングは劇場公開20周年を記念する特番からも外れることとなった。

J.K.ローリング

『ハリー・ポッター』原作者J.K.ローリング、過去の差別的発言が原因で自宅住所がさらされる被害に・・さらに大量の殺害予告を受けていたことも明らかに

2021年11月24日
J.K.ローリング

J.K.ローリング、『ハリー・ポッター』同窓会特番には不参加! 理由はやっぱりあの事件・・?

2021年11月18日
左からルパート・グリント、エマ・ワトソン、ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントが夢の再会! 映画『ハリー・ポッター』公開20周年を記念した同窓会番組で豪華キャストが再集結へ

2021年11月17日
エマ・ワトソン(左)、エマのボディダブルを務めていたフリック・マイルズ

エマ・ワトソン、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の有名シーンは代役が演じていた! 劇中でも印象的なあのシーンにまつわる裏話が明らかに・・ なぜエマ自身が演じなかったのか… そのワケとは?

2021年11月12日
J.K.ローリング

J.K.ローリング、「ハリー・ポッター」と並行してアダルト小説を執筆していた過去を告白! 「低品質」「決していいとは言えない大人向け小説」・・ 駆け出し時代の思い出を語る

2021年10月12日
「クリスマス・ピッグ」

「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリングによる新しい冒険の物語「クリスマス・ピッグ」の書籍販売&オーディオブック版の配信がスタート! 一人の少年とぬいぐるみが起こす、大きな奇跡とは・・?

2021年10月12日
「ハリー・ポッターと呪いの子」

「死の秘宝」の19年後を描いた舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」来夏、開幕決定! アジアでの上演は初・・世界中で大ヒットを記録した舞台がついに日本上陸

2021年10月6日
tvgrooveをフォロー!