J.K.ローリング、『ハリー・ポッター』同窓会特番には不参加! 理由はやっぱりあの事件・・?

J.K.ローリング
J.K.ローリング

人気児童小説「ハリー・ポッター」の著者で作家のJ.K.ローリングが、映画『ハリー・ポッター』の同窓会特番には参加しないことが明らかになった。

『ハリー・ポッター』はホグワーツ魔法魔術学校を舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターやその仲間たちの活躍を描くファンタジー・シリーズ。

第一作目『ハリー・ポッターと賢者の石』公開から今年で20周年を記念し、メインキャストのダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリンはじめ豪華キャストたちや監督が再集結する特番「Harry Potter 20th Anniversary: Return to Hogwarts(原題)」が、動画ストリーミングサービス「HBO Max」にて2022年1月1日に配信されることが発表した。

予告動画では特番の出演者全員の名前が発表されたが、そこに原作者J.K.ローリングの名前はない。

U-NEXT
「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」、「AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章」、新「ゴシップガール」・・U-NEXTにて独占配信中!

関係者は、米ピープル誌を通じて、この特番にJ.K.ローリングは出演しないことを認めた。

不参加の理由は不明だが、J.K.ローリングといえば、昨年の6月、「新型コロナウィルスが、いかに世界の“生理がある人”の健康状況を変えたか」というタイトルの記事をツイッターに投稿。ローリングは“生理がある人”という呼び方が気に入らなかったようで「“生理がある人”。昔はこの人たちに名前があったんだけど。なんて名前だったかしら、誰か教えてくれない?」と、「生理のある人=女性(ウィメン)」と書かないことを指摘し、反トランスジェンダー発言であると、世界的に大バッシングを受けた。

その後謝罪したものの、炎上は長い間おさまることはなく、また『ハリー・ポッター』出演者からも非難されていたことから、特番への不参加はこの件が大きな要因になっているかもしれない。

U-NEXT
「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」、「AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章」、新「ゴシップガール」・・U-NEXTにて独占配信中!

左からルパート・グリント、エマ・ワトソン、ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントが夢の再会! 映画『ハリー・ポッター』公開20周年を記念した同窓会番組で豪華キャストが再集結へ

2021年11月17日
エマ・ワトソン(左)、エマのボディダブルを務めていたフリック・マイルズ

エマ・ワトソン、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の有名シーンは代役が演じていた! 劇中でも印象的なあのシーンにまつわる裏話が明らかに・・ なぜエマ自身が演じなかったのか… そのワケとは?

2021年11月12日
J.K.ローリング

J.K.ローリング、「ハリー・ポッター」と並行してアダルト小説を執筆していた過去を告白! 「低品質」「決していいとは言えない大人向け小説」・・ 駆け出し時代の思い出を語る

2021年10月12日
「クリスマス・ピッグ」

「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリングによる新しい冒険の物語「クリスマス・ピッグ」の書籍販売&オーディオブック版の配信がスタート! 一人の少年とぬいぐるみが起こす、大きな奇跡とは・・?

2021年10月12日
「ハリー・ポッターと呪いの子」

「死の秘宝」の19年後を描いた舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」来夏、開幕決定! アジアでの上演は初・・世界中で大ヒットを記録した舞台がついに日本上陸

2021年10月6日
tvgrooveをフォロー!