『ジャスティス・リーグ』レイ・フィッシャー、告発に反発するジョス・ウェドン監督の対応は“ナンセンス”と発言!非難の連続ツイートを投稿

レイ・フィッシャー
レイ・フィッシャー

2017年に『ジャスティス・リーグ』など数々の大ヒット作を手がけてきた監督、ジョス・ウェドン。彼はこれまで、DCエクステンデッド・ユニバースでワンダーウーマンを演じている人気女優のガル・ガドットほか、複数の俳優から不正行為や虐待行為について告発されている。しかし、新たなインタビュー記事で、ジョスは完全否定の姿勢を見せた。そんな中、以前からジョスを告発してきた俳優の一人、レイ・フィッシャーがジョスを"ナンセンス”と非難し、連続でツイッターを投稿している。

レイといえば、2020年7月に、「『ジャスティス・リーグ』撮影現場でのジョス・ウェドンは、キャストやクルーに対して野蛮で虐待的で、プロ意識がない。これは受け入れがたいものだ」とツイート。当時ワーナー・ブラザーズの重役であったジョン・バーグと、元DCエンターテインメントの社長であるジェフ・ジョーンズを名出して、ジョスのこのような行動は二人によって生み出されたと指摘した。その後、アクアマン役のジェイソン・モモアが、レイの発言を擁護する姿勢を示したことでも話題となっていた。

先日、ジョスのインタビューがニューヨークマガジンに公開され、「もし私が誰かを怒らせるとしたら、それは僕にとって問題になるだろう」とコメントし、疑惑を否定。1997年のドラマ「バフィー 〜恋する十字架〜」とそのスピンオフ「エンジェル」の撮影現場で複数の告発があったが、それに対しても「それはウソに聞こえるし、少しも理解できない」と話した。

この記事が公開されてすぐ、レイはツイッターにて「ジョス・ウェドンは結局、終盤を演出することになったようだ」と発言。さらに「このすべてのウソに専念して、今日をおどけるよりも、僕はキング牧師の遺産を祝うつもりだ。明日も仕事は続くしね」と続けた。

さらに別の日に、レイは「ジョス・ウェドンは自分の話を整理するのに2年近くあったよな」「彼は、PR、危機管理、コーチングに何万ドルも(何十万ドルもではないにせよ)費やしただろう」など、数々の非難のツイートを投稿していた。

ガル・ガドット、ジョス・ウェドン監督

ガル・ガドットら複数の俳優から告発されたジョス・ウェドン、“いじめ”行為などの疑惑を完全否定「ウソに聞こえるし、少しも理解できない」

2022年1月19日
ガル・ガドット、ジョス・ウェドン監督

ガル・ガドット、『ジャスティス・リーグ』ジョス・ウェドン監督の現場での”ありえない”行動に再度言及「信じられなくてめまいがした・・・」

2021年10月21日
ガル・ガドット、ジョス・ウェドン監督

ガル・ガドット、『ジャスティス・リーグ』ジョス・ウェドン監督に「キャリアを脅されていた」と認める

2021年5月10日
ガル・ガドット

『ジャスティス・リーグ』ジョス・ウェドン監督、現場でガル・ガドットをいじめていた…?「キャリアを台無しにすると脅した」新たなリーク情報にファン激怒

2021年4月7日
tvgrooveをフォロー!