エディ・レッドメイン、反トランスジェンダー発言で炎上した「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリングへの世間のひどい嫌がらせについてコメント! 「ローリングへのバッシングもひどすぎる」

エディ・レッドメイン
エディ・レッドメイン

映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズの主演で知られる俳優のエディ・レッドメインが、反トランスジェンダー発言をした『ハリー・ポッター』著者J.K.ローリングについて再びコメントした。

J.K.ローリングといえば今年6月、ツイッターで「新型コロナウィルスが、いかに世界の“月経がある人”の健康状況を変えたか」といったタイトルの記事のリンクを貼り投稿。そこで「月経のある人=女性(ウィメン)」と書かないことを指摘したことが「反トランスジェンダー的だ」として非難が殺到し、大炎上することとなった。

ローリングの発言後、『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作で、ローリングが脚本執筆した映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズの主演で知られる俳優のエディ・レッドメインが、ローリングの発言に「彼女のコメントに同意できません」とし、自身の性に悩む人々に同情。「アイデンティティに関するこの絶え間ない質問にうんざりしています。そして、そのせいで暴力や虐待が頻繁に起こっていることも知っています」と、Varietyで発表した声明の中でつづった。

そんなエディが、再びローリングの発言についてコメントした。

先日エディは英デイリー・メール紙のインタビューに応じ、その中でローリングの話題になると、彼女の発言後の世間の彼女に対するひどい嫌がらせコメントにも驚かされたという。いくらローリングの発言に問題があったとしても、彼女に対する絶え間ない嫌がらせ、侮辱コメントに対しエディは「本当にひどすぎる」とコメント。またソーシャルメディアでトランスジェンダーの人々にも送られ続けている侮辱も同様にひどいものであるということも指摘した。

エディは「同様に、オンライン及び世界中のトランスの人々に対して、壊滅的な虐待の恐ろしい流れが続いている」と、もっと思いやりの心を持つ大切さを訴えかけ、また彼には世界中で人権に異議を唱え、日常的に差別に直面している多くのトランスの友人や同僚がいると明かした。

J.K.ローリング

「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリング、またも反トランスジェンダーととれる行動をし炎上

2020年7月7日
J.K.ローリング(左)、スティーヴン・キング

J.K.ローリング、『IT』作家スティーブン・キングとトランスジェンダー問題で対立? ローリングが彼を称賛するも直後に削除

2020年6月30日
J.K.ローリング

『ハリー・ポッター』著者J.K.ローリングのエージェンシーに所属する作家4人が辞任! ローリングの反トランスジェンダー発言を受け

2020年6月25日
エマ・ワトソン

エマ・ワトソン、J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言を受け声明を発表! 「他人にどうこう言われることなく、彼らは人生を生きる権利がある」

2020年6月11日
ダニエル・ラドクリフと、J.K.ローリング

ダニエル・ラドクリフ、J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言に対し持論を展開「トランスジェンダーの女性は、女性だよ」

2020年6月10日
tvgrooveをフォロー!