J.K.ローリング、『IT』作家スティーブン・キングとトランスジェンダー問題で対立? ローリングが彼を称賛するも直後に削除

J.K.ローリング(左)、スティーヴン・キング
J.K.ローリング(左)、スティーヴン・キング

先日、“反トランスジェンダー的発言”をして炎上した人気児童書「ハリー・ポッター」の著者である作家のJ.K.ローリング。彼女は、映画『シャイニング』『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』などで知られるホラー作家のスティーブン・キングを称賛するツイートをしていたのだが、それを直後に削除したことがわかった。

J.K.ローリングは、6月はじめに「新型コロナウィルスが、いかに世界の“月経がある人”の健康状況を変えたか」といったタイトルの記事のリンクを貼りツイッターに投稿。ローリングは“月経がある人”という呼び方が気に入らなかったようで「“月経がある人”。昔はこの人たちに名前があったんだけどな。なんて名前だったっけ、誰か教えてくれない?」と、「月経のある人=女性(ウィメン)」と書かないことを指摘し、反トランスジェンダー発言であると、世界的に大バッシングを受けた。

ローリングは6月29日、連続でツイートを投稿。彼女はロイド・ラッセル=モイル議員に「自分の性的暴行被害と家庭内暴力の経験を“利用”して、トランスジェンダーの人々を差別している」と批判されたことに対し反論したのだ。その連続ツイートのひとつでローリングはアメリカの哲学者、活動家、フェミニストのアンドレア・ドウォーキンの言葉を引用し「アンドレア・ドウォーキンはこう書いた。『男性はよく女性の言葉を暴力かのようにとらえる。ときに男性は、女性の言葉に対し暴力で対抗する』。女性が自分の経験を語ることは憎むべきことではないし、語ったことによって批判されるべきではない」と書いた。

このローリングの投稿を、スティーブン・キングがリツイート。彼自身からのコメントはなくリツイートのみであったが、これに対しローリングが反応。彼女は「スティーブン・キングをいつも崇めていたけど、今日私の愛が届いた。男性にとって、女性の問題は無視したり軽蔑する方が簡単ですが、そのような中でわざわざサポートをしてくれる男性を私は絶対に忘れません。スティーブン、ありがとう」と、感謝のツイートをしたのだ。

これを見ていたユーザーはスティーブンに対し「ターフ(TERF)」についてコメントするべきだとリプライ。ターフとは、トランス排除的ラディカルフェミニスト(Trans-exclusionary radical feminist)といった意味だ。つまり、ローリングはトランスジェンダーの女性を女性と認めない“ターフ”に属しているため、スティーブンはこれに関しどう思っているのかといった質問だ。

するとスティーブンはシンプルに「イエス。トランス女性は女性だ」と返信。ローリングとは反対の意見を明かした。

これを知ったのか、ローリングはスティーブンへの感謝のツイートを削除。作家としては尊敬しているが、この問題に関しては意見が割れてしまったようだ。

スティーブンの投稿

ローリングのトランスジェンダー女性に関する発言は大きな議論を呼んでおり、先日はローリングの執筆エージェンシー「Blair Partnership」に所属していたドリュー・デイビス、ウグラ・ステファニア・クリスジョヌドッテル・ジョンドッティル、フォックス・フィッシャー、そして匿名でもう一人の作家、計4名が辞任する声明を発表した。

J.K.ローリング

『ハリー・ポッター』著者J.K.ローリングのエージェンシーに所属する作家4人が辞任! ローリングの反トランスジェンダー発言を受け

2020年6月25日
ジョナサン・ヴァン・ネス(左)、J.K.ローリング

「クィア・アイ」ジョナサン・ヴァン・ネス、J.K.ローリングの発言は「白人至上主義から来ている」! 「生物学的な性別はふたつじゃない」と痛烈に批判

2020年6月25日
J.K.ローリング

「ハリー・ポッター」J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言を受け、ハリポタ関連タトゥーを除去するファンが続出

2020年6月15日
J.K.ローリング

「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリング、反トランスジェンダー的発言に対し釈明! 過去の虐待や性的暴力のトラウマが影響であったことを明かす

2020年6月13日
エマ・ワトソン

エマ・ワトソン、J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言を受け声明を発表! 「他人にどうこう言われることなく、彼らは人生を生きる権利がある」

2020年6月11日
tvgrooveをフォロー!