『ハリー・ポッター』著者J.K.ローリングのエージェンシーに所属する作家4人が辞任! ローリングの反トランスジェンダー発言を受け

J.K.ローリング
J.K.ローリング

人気児童書「ハリー・ポッター」の著者である作家のJ.K.ローリングの執筆エージェンシー「Blair Partnership」に所属する4人の作家が、ローリングの反トランスジェンダー発言を受け、辞任することが明らかになった。米Varietyが報じている。

J.K.ローリングといえば、6月はじめに、「新型コロナウィルスが、いかに世界の“月経がある人”の健康状況を変えたか」といったタイトルの記事のリンクを貼りツイッターに投稿。ローリングは“月経がある人”という呼び方が気に入らなかったようで「“月経がある人”。昔はこの人たちに名前があったんだけどな。なんて名前だったっけ、誰か教えてくれない?」と、「月経のある人=女性(ウィメン)」と書かないことを指摘し、反トランスジェンダー発言であると、世界的に大バッシングを受けた。

これを受け、ローリングの執筆エージェンシー「Blair Partnership」に所属していたドリュー・デイビス、ウグラ・ステファニア・クリスジョヌドッテル・ジョンドッティル、フォックス・フィッシャー、そして匿名でもう一人の作家、計4名が辞任する声明を発表した。

辞任した作家たちは声明の中で「この決定は軽いものではなく、私たちは悲しみ、そして失望し、この決断に至ったものです」と述べ、さらに「トランスジェンダーの問題に関するJ.K.ローリングのコメントの後、トランスジェンダーの権利と平等に対する彼らのスタンスを再確認するためインヴィテーションを提出しました。彼らとの話し合いの後、私たちは彼らにとって適切で有意義であると考えた行動にコミットすることはできないと感じたのです。言論の自由は、過小評価されているグループの機会均等を妨げる構造的不平等に挑戦し、変更された場合のみに支持されます」「私たちはLGBTQIAと連携し、業界の同質性に挑戦するために多様な声と経験を擁護するため、懸命に取り組んでいるすべての出版会社とスタッフと協力します」と述べている。

またこの4名の作家は、家庭内暴力を経験している、または経験した女性たちを助ける慈善団体「Shakti Women's Aid」にも寄付することを発表している。

ジョナサン・ヴァン・ネス(左)、J.K.ローリング

「クィア・アイ」ジョナサン・ヴァン・ネス、J.K.ローリングの発言は「白人至上主義から来ている」! 「生物学的な性別はふたつじゃない」と痛烈に批判

2020年6月25日
J.K.ローリング

「ハリー・ポッター」J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言を受け、ハリポタ関連タトゥーを除去するファンが続出

2020年6月15日
J.K.ローリング

「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリング、反トランスジェンダー的発言に対し釈明! 過去の虐待や性的暴力のトラウマが影響であったことを明かす

2020年6月13日
エマ・ワトソン

エマ・ワトソン、J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言を受け声明を発表! 「他人にどうこう言われることなく、彼らは人生を生きる権利がある」

2020年6月11日
エディ・レッドメイン

『ファンタスティック・ビースト』エディ・レッドメイン、J.K.ローリングの反トランスジェンダー的発言にコメント「僕は同意できない」

2020年6月11日
tvgrooveをフォロー!