「ジョニー・デップに正義を!」アンバー・ハードとの裁判の中、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズへジョニーの復帰を求める嘆願書が再びヒートアップ、オドロキの署名数を突破

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)
ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)

俳優ジョニー・デップを『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズに復帰させるための嘆願書が、再び注目を集めている。

現在、ジョニーは元妻アンバー・ハードを相手取って裁判を起こしている。2018年にアンバーは、ワシントンポスト誌に寄稿した記事で、ジョニーの名前を出してはいないが、自身を家庭内虐待の被害者だと表現していた。このことにより、ジョニーのキャリアに「破壊的な」影響を及ぼしたとして、ジョニーは名誉毀損で訴えている。今回の裁判は連日、ライブ中継されており、全世界の注目を集めている。

そんな中、「ジョニー・デップに正義を」と題された嘆願書に、現地時間5月7日時点で47万5000以上の署名が集まっている。この嘆願書の作成者は、「アンバー・ハードはジョニー・デップの人生だけでなくキャリアも台無しにした」と述べている。ジョニーは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズにて、メインキャラクターの海賊、ジャック・スパロウを演じていた。

嘆願書の中では「ジョニー・デップは、アンバー・ハードが出てくるよりも前の人生を取り戻すに値します。もし、あなたがやってもいないことで不当に非難され、やっていない証拠があり、それでも悪者扱いされたとしたら、あなたは正義を求めませんか?」とつづられている。また「ジョニー・デップはスパロウ役を続投する価値があります。彼を外したのはミスだと思いますが、私に言わせれば非常に愚かなことです・・・。どうか心を入れ替えて、ジョニー・デップ抜きであの映画を公開しないでください」と切実な思いも述べていた。

この嘆願書のページは2年前が最後の更新だった。またジョニーの復帰を求める別の嘆願書にも、土曜日の時点で77万8000人以上の署名が寄せられている。この嘆願書の詳細には名誉毀損裁判のことは書かれていない。

ジョニーのマネージャーは裁判の中で、アンバーからの虐待告発を受け、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の第6作目が中止となり、ジョニーは2250万ドルを失ったと証言していた。

ジョニー・デップとアンバー・ハード

アンバー・ハード、ジョニー・デップと訪れたバハマでの修羅場を暴露!? 「私は彼を守りたかった」 ジョニーの酒癖の悪さを証言の中で語る

2022年5月8日
ジョニー・デップとアンバー・ハード(2015年)

ジョニー・デップ弁護団、アンバー・ハードの証言を一刀両断! 「パフォーマンス以外の何者でもない」 今後はジョニー側からの反対尋問へ

2022年5月8日
アンバー・ハードとジョニー・デップ(2016年)

アンバー・ハード、ジョニー・デップに初めて殴られた時を振り返る「彼がジョークだと言ってくれることを強く願いました」・・ケンカの原因はジョニーのタトゥー?

2022年5月7日
アンバー・ハード

アンバー・ハード、ジョニー・デップとの交際後、PTSDを発症していたと専門家が証言!原因は“親密なパートナーからの暴力”・・・ジョニー側の心理学者の証言とは正反対の意見を述べる

2022年5月5日
ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)

ジョニー・デップ、幻となった『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作ではギャラ約30億円の予定だった!? 裁判の中でジョニーのマネージャーが証言 それに対するアンバー側の反論とは

2022年5月5日
tvgrooveをフォロー!