アンバー・ハード、ジョニー・デップとの交際後、PTSDを発症していたと専門家が証言!原因は“親密なパートナーからの暴力”・・・ジョニー側の心理学者の証言とは正反対の意見を述べる

アンバー・ハード
アンバー・ハード

現在行われている、ジョニー・デップが元妻アンバー・ハードを相手取った名誉毀損裁判。この中で新たに、アンバーがPTSDになったと法医学心理学者が証言している。

法医学心理学者のドーン・ヒューズ氏は、2019年からアンバーの精神的健康に関連する記録を見直し、長時間のアンケートに答えさせ、数回のアポをとって複数回にわたって面接を行ったという。面接は直接、またはZoomを使って行われた。

この結果、ヒューズ氏は、アンバーがPTSD(心的外傷後ストレス障害)を持っていて、それはジョニーのせいであると結論づけた。PTSDとは、命の安全が脅かされるような出来事を経験した後に発症し、自分の意志とは関係なく、トラウマとなったその出来事を思い出したり、悪夢を見たり、不安や緊張が高まったりする症状だという。

ヒューズ氏は、「私はハードさんを心的外傷後ストレス障害と診断しました」「原因はデップ氏からの親密なパートナーからの暴力です」と証言した。

しかし、先週にジョニーの弁護士は、アンバーを診断した別の法医学心理学者シャノン・カーリー氏の証言を提出。アンバーのPTSD診断についてカリー氏は、彼女がPTSD症状をかなり誇張しており、その代わりに暴力を振るう傾向があると証言していた。

カーリー氏は以前の証言でも、アンバーが「境界性パーソナリティ障害(BPD)と演技性パーソナリティ障害(HPD)を組み合わせた心理的症状を示している」と証言しており、アンバーは「過度に劇的なプレゼンテーション」と「印象的なスピーチ」によってBPDとHPDであることは証明されており、「本当に中身がない」と説明していた。

一方ヒューズ氏は、アンバーがPTSDの症状を偽っていなかったと証言し、カーリー氏の診断についても反対の意見を述べている。

ドリュー・バリモア

ドリュー・バリモア、ジョニー・デップ&アンバー・ハードの泥沼離婚について”ある発言”をしてファンに謝罪「人々を不快にさせてしまったことに気づきました」・・ドリューはなんと発言した? [動画あり]

2022年5月4日
ジョニー・デップとアンバー・ハード(2015年)

アンバー・ハードの弁護人、ジョニー・デップのファンだった!? ジョニーの追っかけをする過去の映像が話題に[動画あり]

2022年5月3日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、アンバー・ハード側弁護人の思わぬ質問に笑いをこらえきれず!? “玄関先でオシッコ事件”を問われたジョニーの返答とは[動画あり]

2022年5月3日
アクアマン

アンバー・ハード、『アクアマン2』の出演時間はわずか10分程度!? ジョニー・デップとの裁判によるネット上の抗議の声が影響か

2022年5月3日
アンバー・ハードとジョニー・デップ

ジョニー・デップ、アンバー・ハードに投げ捨てられた携帯電話を取り返すため、ホームレスを買収していた!? アンバーが激怒した理由&携帯を取り戻した方法が明らかに

2022年5月3日
tvgrooveをフォロー!