NEWS

カンヌ国際映画祭に裸の女性が乱入! 「私たちをレイプするな」 ロシア兵によるウクライナ人女性への性犯罪を訴える

現在開催中のカンヌ国際映画祭にて、上半身裸の女が乱入する騒動が起こった。

この騒動は5月20日(金)夜、アメリカ映画『Three Thousand Years of Longing』のプレミア上映が行われた際のできごとだった。

上半身裸の女が、胸の部分にウクライナ国旗と同色の青と黄色のボディペイントをほどこし、レッドカーペットに乱入したのだ。胸から胴にかけては「stop raping us(私たちをレイプするな)」という言葉が記されていた。また腰から脚にかけては血を思わせる赤色がペイントされ、腰の部分には「人間のクズ」をあらわす「scum」という単語が書かれている。

女は乱入時に大声で何か叫んでいたが、すぐに警備員に取り押さえられ、コートをかぶせられたうえで追い出されている。

現場に居合わせたThe New York Timesのレポーター、カイル・ブキャナンは自身のツイッターに騒動を記録した動画を投稿。「ジョージ・ミラー監督の最新作を上映しているカンヌのレッドカーペットで、目の前にいた女性が突然服を脱ぎ(ボディペイントされていた)、カメラマンの前にひざまづいて叫び始めた。カンヌの警備員がすぐさま寄ってきて彼女にコートをかぶせ、私の動画撮影をやめさせた」と状況を説明している。

今年2月にロシアがウクライナへ軍事侵攻を始めて以降、ロシア兵がウクライナ人女性や子どもたちを集団強姦しているという報道が相次いでいる。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領もこの被害の状況を世界に向けて訴えており、各地でロシアの戦争犯罪に対し「迅速な対応を取るべきだ」との声が挙がっている。

カンヌ国際映画祭は毎年5月に行われる世界で最も有名な映画祭の1つ。今年もフランス南部コート・ダジュール沿いの都市カンヌにて5月17日(火)から28日(土)まで開催されている。

ルイ・ヴィトンのファッションショーに活動家が乱入するハプニング! なんとモデルに混ざり華麗にランウェイ・・彼らが世界に伝えたかったメッセージとは?

2021年10月18日

アメリカ議会乱入騒動の裏で、ニコラス・ケイジ主演映画『ナショナル・トレジャー』がまさかのとばっちりを受ける! その理由とは・・

2021年1月11日

ハリー・スタイルズ、ジョギング中にたまたま見かけたアマチュア・サッカーチームに乱入! カメラマンとして集合写真を撮ってあげるいい人っぷりが話題に[動画あり]

2020年9月3日

カニエ・ウェスト、11年前にテイラー・スウィフトの受賞スピーチに乱入した本当の理由を明かす! 「○○の意向だった」

2020年9月2日

ジジ・ハディッド、ランウェイ乱入者をつまみ出す! 凛々しい態度に「かっこいい」の声[動画あり]

2019年10月2日
tvgrooveをフォロー!
Share