アメリカ人のメーガン妃、イギリスなまり英語を披露し物議をかもす! 「バカにしているの?」とネットが炎上

メーガン妃
メーガン妃

メーガン妃の「イギリスなまり英語」が、物議をかもしている。

先日配信された、メーガン妃がホストをつとめるポッドキャスト番組「Archetypes」の最新エピソード。この中でメーガン妃は、ゲストであるイギリス出身女優ジャミーラ・ジャミル(36)を前に、イギリス英語を披露した。

番組内でジャミーラ・ジャミルから、「ハロー?ベイビー、そちらはどう?」と声をかけられたメーガン妃。このときジャミルの「ハロー」は、イギリス発音で「エロー」という風に聞こえるものだった。するとメーガン妃も、「エロー」と答えた上で、「ハロー」と言い直し、「私のお友達ね。調子はどう?」と続けた。

このときカリフォルニア出身のメーガン妃が英語のイギリスなまりをマネたことで、ネットは大炎上。

「イギリスなまりをバカにしてるの?メーガン、おねがいだからだまっててよ」というツイートに始まり、「マジで残念な人」「2人とも同じくらい『人工的』だよね」と辛らつな声が相次いだ。

なお、メーガン妃が「イギリスなまり」と取り入れたとして非難されるのは、これが初めてではない。そのため別のツイッターユーザーからは、「メーガンは、またイギリスなまりをマネしようとしているのか?」というコメントも見られた。

過去に、メーガン妃のイギリスなまりが批判されたのは2018年のこと。エリザベス女王と公務に出た際に行ったスピーチについて、彼女の普段の話し方とは少しちがうと指摘を受けたのだ。

CNNのレポーターは当時、「ツイッターでは現在、この話題で持ちきりです」と報じ、「きびしい言い方をすれば、イギリスに住む人々にとって、まだ完全なイギリス英語とはいえないのでしょう。しかし、その途中にある。私の意見としては、彼女は、他のロイヤルたちがそうであるように、人々が理解できるよう、明らかにゆっくりと言葉を発し、はっきり発音するようにしているのでしょう」とメーガン妃を擁護するような発言を残していた。

メーガン妃(メーガン・マークル)

メーガン妃はメディアにから「不当な扱い」を受けている!? ある女優がメーガン妃を必死に擁護! 「ねじ曲げられた報道に怒りを覚えた」

2022年11月17日
ヘンリー王子と、メーガン妃

ヘンリー王子とメーガン妃、今年のクリスマスはイギリス訪問ナシ!? 「現実はそうはうまくいかない」 ヘンリー王子の暴露本出版と関係が・・?

2022年11月16日
メーガン妃&ヘンリー王子、アーチーくん、リリベットちゃん

メーガン妃、夫ヘンリー王子の「いいパパ」ぶりを絶賛! 「彼はすばらしい!」 毎朝のドタバタの中、ヘンリー王子がとる行動とは・・?

2022年11月7日
チャールズ3世新国王 Photo: James Veysey/Shutterstock

英チャールズ国王、ヘンリー王子とメーガン妃に裏切られたと感じている!? 「国王はガマンの限界をこえてしまった」と王室作家が語るその理由とは・・?

2022年11月2日
ヘンリー王子とメーガン妃

メーガン妃、2017年にヘンリー王子にされたプロポーズを“中断”していた! 彼女がさえぎった理由とは・・・?

2022年10月27日
メーガン妃 Photo : Kathy Hutchins / Shutterstock

「メーガン妃はワガママ」という世間のイメージに自らモノ申す! 「私のこだわりが強いことは確かだけど…」 それでもその性格を貫く理由とは・・?

2022年10月26日
tvgrooveをフォロー!