マーティン・ギャリックス、足をケガし数週間先までショーを全てキャンセル! 来日はどうなる…?

マーティン・ギャリックス
マーティン・ギャリックス

20歳で世界1位になった天才DJのマーティン・ギャリックス(22)が、足をケガし、予定されているショーをほぼキャンセルすることがわかった。

6月5日(水)、マーティン・ギャリックスは足に大きなギブスをつけ、松葉杖を隣に置き、悲し気な表情をしている写真を投稿。

投稿には「プレス声明文:マーティン・ギャリックスは先数週間のショーをすべてキャンセルします」とはじまり、「5月25日のラスベガスのショーによる、足首のケガにより、これから先数週間全てのショーをキャンセルすることをアナウンスしなければならないことは、この上ない遺憾です。数日間の休みで状態はよくなってはいるものの、彼の足首の靱帯引き裂かれ、永久的な損傷を防ぐために手術が必要であると診断されました。マーティンはアドバイスに従い、少なくともこの先4週間のショーはキャンセルします」と書きつづられている。

View this post on Instagram

Press Statement: Martin Garrix forced to cancel all shows coming weeks It is with deepest regrets that Martin Garrix has to announce that he is forced to cancel all his shows the coming weeks due to a serious ankle injury suffered during his show in Las Vegas on May 25th. Even though feeling positive after some days of rest, further examinations have determined that all his ankle ligaments are torn and surgery is needed to prevent permanent damage to his ankle. Therefore Garrix is forced to follow the specialist’s advice and cancel all his shows for at least the upcoming four weeks. Garrix: ’’I’m devastated that I have to cancel these shows since nothing makes me happier than performing for you guys. I feel most alive when I'm on stage, seeing you guys smile. I was really looking forward to it and I never want to disappoint my fans. Unfortunately this is out of my control and I will need a surgery and enough rest to fully recover. If I don’t get surgery now I might permanently damage my ankle, which could mean I won’t be able to perform at all anymore. I want to thank everyone for their continuous support and I hope to be able to get back on stage to perform for you guys again really soon.’’

A post shared by Martin Garrix (@martingarrix) on

マーティンは、5月25日のラスベガス公演で、ステージからジャンプした際、着地に失敗し足首を負傷。足首が腫れ上がった痛々しい写真を公開した。マーティンはパフォーマンス時間を少し短縮し、その後病院に運ばれた。

インスタグラムの投稿でマーティンは「これから先のいくつかのショーをキャンセルしなければいけないのはとても悲しいです。君たちのためにパフォーマンスできること以上に幸せなことはないよ。ステージで君たちの笑顔を見る時、ぼくは最も生きていると感じることができるんだ。ショーをすごく楽しいにしていたし、もう二度と君たちをがっかりさせたくはないよ。残念なことにこればっかりはぼくにはどうしようもできなくて、ぼくには手術と完治するまでの十分な休養が必要なんだ。もしここで手術しなかったら、ぼくの足首は永久に損傷したままになってしまうんだ。そしたら永遠にパフォーマンスもできなくなってしまうからね。応援し続けてくれているみんな本当にありがとう。すぐにまたみんなのためにステージに戻ってパフォーマンスできることを願っています」と、ツラい胸の内を書きつづった。

マーティンといえば、今年の7月26~28日に開催される日本の人気野外音楽フェス「フジロック」への出演が決定しており、マーティンは今のところキャンセルにはなっていない。声明文にもあるように最低4週間の休養とあるので、「フジロック」にはギリギリ間に合うのかもしれない。マーティンの一日でも早い回復を祈りたい。

車いすで生活しているマーティン↓↓

世界No.1DJ マーティン・ギャリックス、パトリック・スタンプとマックルモアとのコラボ曲「Summer Days」リリース! 日本限定アルバムが7月10日発売決定

2019.04.29

音楽フェス「フジロックフェスティバル '19」の第一弾ラインナップが発表! マーティン・ギャリックス、シーア、ケミカル・ブラザーズ出演決定

2019.02.10