あの大ヒット映画「ホーム・アローン」がディズニーでリメイク決定! そのニュースに主演を務めたマコーレー・カルキンが反応しジョークを投稿[写真あり]

映画「ホーム・アローン」(1990年)

ディズニーがあの名作映画「ホーム・アローン(原題:Home Alone)」をリメイクすることが明らかになった。nme.comなどが伝えている。

「ホーム・アローン」は、1990年に公開されたアメリカのコメディ映画。物語はクリスマスの時期にある一家がパリに行くことになるのだが、8歳の息子ケヴィンを忘れ家に置いてきてしまう。家に置き去りにされたケヴィンは、家に侵入しようとする泥棒から我が家を守るため、ありとあらゆる手を使って奮闘するという痛快コメディだ。同作は大ヒットを飛ばし、1992年には、続編「ホーム・アローン2」が制作され、その後同シリーズは俳優を変え「ホーム・アローン4」まで制作された。またこのケヴィン役を務めた俳優のマコーレー・カルキンは、天才子役として一躍世界的に有名な子役となった。

そんな「ホーム・アローン」がなんとディズニーによってリメイクされることになった。

現地時間8月6日、CEOのボブ・アイガーは収支報告会にて、新しい世代のために「ホーム・アローン」のリメイクを制作することを発表。ほかにも「ナイト・ミュージアム(原題:Night at the Museum)」や「12人のパパ(原題:Cheaper by the Dozen)」「グレッグのダメ日記(原題:Diary of A Wimpy Kid)」もディズニーでリメイクすることを明かした。これらはディズニーのストリーミングサービス「Disney+」で配信されるという。

ディズニーといえば、今年3月にアメリカの映画製作会社の20世紀フォックスを買収したことが報じられ、今回20世紀フォックスの人気作をディズニーによって新たにリメイクする流れとなったようだ。

「ホーム・アローン」リメイクのニュースにさっそく反応したのは、なんと当時主演を務めたマコーレー・カルキン本人だ。

現在38歳になったマコーレーは、髪をヘアバンドで上げ、太ったお腹をシャツから出し、下半身は下着一枚でソファでだらけている変わり果てた写真を公開。「これが『ホーム・アローン』が現在どうなっているかのアップデートだよ」とジョークを飛ばした。

マコーレーといえば、去年12月に公開された、「グーグル・アシスタント」のコマーシャルに出演。“約30年ぶりのお留守番”ということで、「ホーム・アローン」をおもしろおかしく再演し話題となった。「ホーム・アローン」関連にはいつもノリノリで出演するマコーレー・カルキン。リメイク版でもカメオ出演を期待したい。

マコーレー・カルキンと、マイケル・ジャクソン

マコーレー・カルキン、過去に児童虐待容疑をかけられた故マイケル・ジャクソンを擁護! 「ぼくたちは普通の友人でした」

2019年1月19日
マコーレー・カルキン

「ホーム・アローン」マコーレー・カルキンがまさかの改名! ファン投票で決めたビックリの名前とは

2018年12月30日
マコーレー・カルキン

マコーレー・カルキンが、28年ぶりに一人でお留守番! 最新CMで「ホーム・アローン」を再演

2018年12月20日