人気プチプラブランド「フォーエバー21」が日本撤退を発表! 10月末で日本の全店舗&オンラインサイトを閉鎖へ

「フォーエバー21」

アメリカ・ロサンゼルス発の人気ファストファッションブランド「フォーエバー21(FOREVER21)」が、10月末で日本国内の全14店舗とオンラインショッピングサイトを閉鎖すると発表した。

「フォーエバー21」は1984年に創業され、プチプラブランドとして世界的に人気を博し、世界で800点以上を展開。2009年4月に東京・原宿に初上陸を果たし、その後他の都市にも店舗を拡大した。「フォーエバー21」は、2008年に上陸したスウェーデン発のファストファッションブランド「H&M」と共に日本のファストファッションのトレンドをリードしてきた。

しかし激しいファッション競争の中で「フォーエバー21」は事業を縮小し、2017年10月に旗艦店である原宿店を閉鎖。10月末で日本国内の全14店舗とオンラインショッピングサイトを閉鎖することとなった。日本法人は撤退について「これまで『フォーエバー21』をご愛顧いただき、誠にありがとうございました」とだけ発表し、撤退理由についてはコメントしなかった。

アメリカのメディアは今年8月、「フォーエバー21」が、連邦倒産法第11章の適用申請に向けて、破産申請の準備をしていると報道。日本撤退はおそらく経営難によるものだと予想される。

また「フォーエバー21」といえば最近、人気歌手アリアナ・グランデの衣装に似たデザインの商品を制作し、さらにアリアナに似たモデルを起用。ビジュアルの盗用、そしてコラボしているかのように見せたとし、アリアナ側が「フォーエバー21」を相手に告訴。1000万ドル(約11億円)の損害賠償を求めていることがニュースとなった。

「フォーエバー21」の日本撤退に、ネット上では衝撃と悲しみの声が多く上がっている。

アリアナ・グランデ、フォーエバー21を告訴! 無許可でアリアナの名前や似た商品を販売[写真あり]

2019年9月4日
tvgrooveをフォロー!